WALKER’S 

歩く男の日日

19日目 民宿兵頭(西予市)~ときわ旅館(大洲市)

2017-07-12 | 17年四国の旅


 兵頭の朝食は6時半から、今回6時半からの宿が多かったような、でもぼくにとっては全く問題ありません、特に今日は大洲までなので26kmほど、冨士山に登るのでそれを入れても33km、


 7時30分に宿を出て、52分で43番明石寺に到着します、今回歩き残していた松山自動車道に沿って行く赤線の道を押さえました、でも今回の道は昔の道とはちょっと思えない、松山道を抜けてちょっと進んでから右折して奥の院方面に進んでいくのが本当の道ではなかったかと
 先に出た同宿のご夫婦は赤線のない道を進んでいきます、山門の手前の売店で追いついて訊いてみると、地元の人にこの道を行ったら近いよと教えてもらったそうです、この部分はどの道を行っても距離に大差はありませんが、
 お参りを終えると昨日龍光寺で宿を紹介した男性がやってきました、みやこに着いたのは18時を過ぎていたそうです、みやこの同宿は7人くらい、でもご主人はお遍路さんは少なくなったと、以前は連休などはいつも満室だったそうです、でもお遍路さんそのものは減ったとは思えません、おそらく複数回巡っている人は大型連休を避けるようになったのではないか、連休だけ歩ける区切りの人ばかりになったので満室になることが少なくなったのでかもしれません。くろうさぎも女性のMさんは当日予約だったし、津島では三好とよしのやは満室だったけれど新橋は空いていたと聞いたし、今日のときわ旅館も当日で大丈夫だったみたいです。


 明石寺を8寺39分に出て2.8km地点です、

 ヤマサキショップの前で一旦国道に合流してまたすぐ脇道に入るポイントですが、ここから初めての四国の道に入ります。ここから国道を横断して国道の西側を進みます。この道も英語の地図を買うまで全く知りませんでした。この部分は東側の脇道も静かで歩きやすいからこだわることもありませんが、昔の人が歩いた道は一度は味わっておいてもいいでしょう。


 国道を横断したところ、県道30号を西へ向かっています。


 60mほど進んで踏切の手前で右折、四国のみちの道しるべもあります。



 曲がるとこんな感じ、


 300m進んで大きめの交差点、ここは上宇和駅へは行かず直進です。


 交差点を渡ったところに直進の道しるべもあります。


 駅の近くは住宅街、北へ向かっています、


 交差点から50mでちょっと右にくの字に折れる、

 くの字に折れると今度はず~っと向こうまで一直線、


 さらに400mで県道260号の交差点を渡る、ここを右折して国道に出たところに宇和パークホテルがあります。


 県道渡って300m、まだまだ一直線、昔の道でこれだけ直線が続くのも珍しい、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 18日目 民宿磯屋~民宿兵... | トップ | 19日目 民宿兵頭~ときわ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。