WALKER’S 

歩く男の日日

10日目 民宿喫茶きらく~民宿まさご (1)

2017-06-30 | 17年四国の旅


 きらくの朝食はパンかご飯か選べます、久々にクノールのカップスープ、

 もちろんコーヒーも、そしておにぎりのお接待も。このお宿は本当の遍路宿です。あらゆることが行き届いてほとんど文句のつけようがない。食堂以外、お風呂も洗濯も同じ階だしトイレ洗面は部屋に付いているのもいい。女将さんの人当たりもよくて喋りやすい、宿帳を見るとこの春のシーズンで3室が満室になったのは3日くらいしかありません、これだけの満点の宿で少し解せませんが、この近くにいくつか宿があることがその理由だと思われます、神峯寺の下からだとここまで34kmあって、それだけ歩く人は少数派で、どうしても2km手前の丸米旅館か黒潮ホテル、その1.5km手前のかとりを選択する人が多くなってしまいます。もう少し手前にはかがみ宿もあって、昨日そちらの方へ行く人も見かけました。安芸の宿に泊まれば24kmほどでちょうどいいのですが、近頃は遊庵が人気で先ずそちらから埋まるということもあるでしょう。遊庵はもちろん最高なのですが、トイレ、風呂、洗面、洗濯、食堂は全部階下だし、部屋はフローリングでベッド、ベッドの方がいいという人もいますがぼくは畳の方が好みなので、食事以外は全部きらくの方がいい、ただし同宿の人がいないというのもつまらないから、来年は遊庵に泊まります。


 きらくを6時45分に出発、夜中ずっと降っていた雨はほとんどあがりかけています。昨日1区間ベストタイを出してかなり頑張ったのですが、右の足首の筋にちょっと張りが出かけているので今日は押さえることにしました。昨年同じ処を痛めてリタイアしたし、4年前リタイアしたときも左足だったけど同じ処の筋を痛めました。今日は距離も短いので多少押さえても全く問題ないし、先々のことを考えることの方が大切です、
 29番国分寺に到着したのは8時20分、宿から92分かかりました、ベストは81分なのでかなりゆったりです。ベストの時速が6.6kmなのに対し、5.88kmしか出ていません。スピードは10%落としただけですが足への負担は2割以上軽くなっているはずです。これくらいで良しと思えることが一つの進歩で、先々、より良い旅の可能性が広がっていくような気もします。
 少し遅れて境内に入ってきた歩きの男性は道中追い越さなかったので逆打ちかと思われましたが、聞けば順打ちとのこと。普通の宿には泊まっていないかも。


 8時40分、国分寺を出発、70分で30番善楽寺に到着です。ベストは63分なので7分の遅れ、ベストの時速は6.52km、今回は5.91km、見事なくらい変わらない押さえ具合、
 お参りを終える頃入ってきた男性は逆打ちのようですが声はかけられませんでした。


 10時ちょうどに善楽寺を出発、62分で31番竹林寺に到着です。ベストより6分遅れ、ベストの時速は5.9km、今回は5.38km、最後山登りがあるので大分遅くなります。

 お参りが終わって境内にある休憩所で昼食です。お寺の寺務をしていた女性が大分時間が経ってますけどためしたら十分おいしかったので持っていって下さいと声をかけてくれました、もちろん一つザックに放り込みました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9日目 民宿とうの浜~民宿... | トップ | 10日目 民宿喫茶きらく~... »

コメントを投稿