WALKER’S 

歩く男の日日

26日目 お遍路ハウス横屋~民宿青空屋 (1)

2017-07-29 | 17年四国の旅

 新居浜から伊予三島まで電車に乗るので、朝食は頼まなかったのですが、6時前にモーニングコーヒーを煎れてもらい、おにぎりと紙パックのお茶もお接待でいただきました。栄福寺でお話しして小松でも同宿だった、Yさん夫妻にこの宿を勧められなかったことを本当に後悔しました、二人はぼくが勧めたMISORAに泊まっているはずです、宿を訊かれたときにはお遍路ハウスのパンフレットも持っていなくて電話番号も登録しているかどうかはっきりしていなくて、説明するのがややこしいと思ってこの宿のことは言えませんでしたが、本当に勿体ないことをしてしまいました、


 横屋を5時48分に出発、6時24分の電車に乗って6時56分に伊予三島に到着です。三島から三角寺までは、いつもは赤線が引かれていない一番新しい近道ばかりを歩くようにしていますが、今回は遠回りの赤線の道、太陽の家の横を通る道を行きます(赤線の近い方の道は前に一度歩いたので)。
 写真は三島駅から38分、戸川公園へ向かう右折れの交差点を300mほど直進したところです。この道は初めて歩くのですが、正確には最初ではない、初めて四国に来たとき戸川公園へ折れるポイントが分からなくなってこのあたりをうろうろ彷徨いました。


 さらに1分来たところに色あせた遍路シールがありました、この道を来る人は少ないでしょうが一応赤線が付いてますから、


 さらに2分来たところで右上に上がったのですが、これは間違いで、そのまま真っ直ぐ行くと右に上がった道が下って合流してきます、いつもちょっと詰めが甘い。


 違う道を登って下って正しい道に合流します、


 これは迷いそうな分岐、道しるべはなかったのですが手書きの地図を持っているので迷わず右折、


 橋を渡る右折れの所には矢印がありました。


 橋を渡って50mで左斜め後ろ、ここは矢印がないとはずす可能性が高い、


 折れてすぐのところには矢印があったのですが、手前には見あたりません、地図をよく見ていないときびしい、


 池の淵をいきます、


 池を離れるところ、ちょっとややこしそう、三島駅から49分、7時47分。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 25日目 成就社~頂上社~... | トップ | 26日目 お遍路ハウス横屋... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。