WALKER’S 

歩く男の日日

5日目 紀南荘~那智山 (12)

2016-12-13 | 西国33観音巡礼


 川の畔からちょっとした山の中に入っていきますがそんなに登ってはいません。

 ここから林の中へ入っていく。

 この道が鎌倉の頃からの旧参道であることは間違いないようです。

 供養塔の前で直角に折れて舗装道の方へ


 こうして見ると下の道から大分高いところまで来ています。

 階段を下りて舗装道へ

 県道と並行する参道に入るところ。この道は県道から分かれて川の北側を走る、バスの走る県道は途中から川の南側を行きます。

 参道が工事中で、コの字型に迂回路ができています。

 橋のつけ替え工事でした。わずか100mほどですが本来の参道を歩けないのはちょっと残念、

 42分ぶりに県道に合流します。補陀洛山寺からちょうど1時間だから、あと2kmちょっと、時刻は15時18分、登りはこれからだから微妙な時間です。

 合流したところがもう大門坂の入口の近くです。

 ここからが本格的な登りです。この手前に駐車場があったのは車で来た人でも、ここだけは足で登って古の巡礼の雰囲気を味わいたいという人が多いためのようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オンタイムリポート | トップ | 5日目 紀南荘~那智山 (... »

コメントを投稿