WALKER’S 

歩く男の日日

2日目 岡島屋旅館~大内山駅 (8)

2016-11-07 | 西国33観音巡礼


 15分ほど休憩して三瀬谷駅を10時30分に出発、3分ほどで踏切を渡ります。このあと地図を確かめることもなく国道に出るとそのまま左折してしまいました。川を渡ってから左折なのにどうしたことか間違った思い込みに支配されていました。1km以上歩いてやっとこれは違うと気がついて引き返します。四国で初めての時などはこういう思い込みで道をはずすことはままあることですが、最近はそういうことはほとんどなくて、初めての道なのに慎重さが不意になくなって何とも言えず残念なのですが、落ち込んでいても始まらないので先を目指します。

 本当なら踏切から橋まで5分で来るところ、28分かかりました。

 右を見ると新しい国道の橋、昔はこちらが国道だったはず。

 橋から左側の眺望、

 橋を渡ると大紀町に入ります。

 本来は古道ではないけれど、渡しがなくなってからは熊野古道に違いありません。四国でも遍路が歩けばそこは遍路道といわれる。

 短絡路に西国古道ウォーキングサポートの矢印、この矢印が西国古道のものであることが分かったのは紀伊路に入ってからのことですが、

 そんなに必要のないところにも道しるべ、でもこれがずっと続くと思ったら大間違い。

 人も車も全く通らない気持ちよく歩ける道です。



 余分に歩いた分を除くと宿からここまで13km、歩行時間は2時間半、時速は5.2kmくらいです。

 渡しを使うとここに上がってくるようです。つまりここから先は本来の熊野古道だということです。

 11時31分、三瀬谷駅から40分(余分に歩いた分を除く)で三瀬坂峠の入口にやってきました。予想通り分かりやすい道しるべがあります。

 三瀬坂峠の標高は265mと分かっているけれど、登り口の標高が分からないので、どれくらいの険しさか全然見当はつきませんが、距離が1100mということであれば、20分で上まで行けそうな感じです。

 登り始めはこんな感じです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2日目 岡島屋旅館~大内山... | トップ | 2日目 岡島屋旅館~大内山... »

コメントを投稿