WALKER’S 

歩く男の日日

30日目 岡田屋旅館~民宿八十窪 (1)

2017-08-09 | 17年四国の旅


 玉子かけご飯も嫌いではないけれど、消化が悪いから玉子焼きがやっぱりベスト、この宿も最初で最後のつもりだったのですが、絶対戻ってきたい、来年は逆打ちなので無理ですが再来年以降は、国分寺から歩き始めて、81,82,83、そして屋島を飛ばして85に直行すれば距離がちょうど40km、そして翌日も屋島を経由して88番まで38kmで行けます、それだけのことをする値打ちのある素晴らしい遍路宿、ぼくの好みでは横屋が1番、この宿が2番です、3番は青空屋。
 食事の後.Tさんが撮影したいと言って、ぼくと女将さんの2ショット、Tさんと女将さんの2ショット、Tさんとぼくの2ショットを次々段取ります、手際が良くて女将さんもされるがまま、おそらくほとんどの宿で同じことが為されてきたのでしょう、断られることもあるのでぼくは自然とお願いするのは止めてしまいました、ただお願いされた場合は必ず受け入れるようにはしています。帰ってからしばらくしてその時の写真が印刷されたカモメールが届きました、すごくマメな方です。


 7時ちょうどにTさんより一足早く宿を出発、女将さんが見送ってくれるときに、ぼくが逆打ち方向に下りようとしたので、お大師さんのところから昔の山道が整備されたのでそちらの方を行くようにすすめられました、数年前に整備されたその道は登り口に大きな看板が出ているので承知はしていたのですがまだ踏み入れてはいません、下りなので入る気はなかったのですが、せっかくすすめられたので初めて歩くことにしました、思った以上に歩きやすく整備されていて、登りの場合も舗装道より楽に歩けそうな感じです、
 Tさんに教えて貰ったお遍路休憩所仁庵です、上から下りるとケーブルカー駅のちょっと手前です。

 大分前から開設されているようですが、白いきれいな看板は最近設置されたばかりなので全然気づかなかった、


 ケーブルの駅から100m下ったところで左折、六万寺に向かいます。白黒の地図にはこちらに赤線があったのでこの道に入ったのですが、帰ってからよく見直すと昔の道ではなく車道と書いてありました、残念、


 でも歩いている時点ではこちらが昔の本道だったのだと確信しています、県道はなかったはずだから皆ケーブルのところまで打ち戻っていたはずだと、


 突き当たったところが六万寺の塀のようです、


 宿から68分で六萬寺に到着、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 29日目 岡田屋旅館にて | トップ | 30日目 岡田屋旅館~民宿... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。