WALKER’S 

歩く男の日日

20日目 ときわ旅館(大洲市)~八丁坂(久万高原町)

2017-07-17 | 17年四国の旅


 ときわ旅館の朝食は6時から、10分前に声がかかりました。朝から電車に乗るので、この5分10分もありがたい、
 2年前室戸の宿で同宿になった阿佐美さんや昨年民宿岡田で同宿になった公認先達山口さんも今年も来られたとご主人から伺いました、山口さんはこの春で20回目、ぼくが出会ったお遍路さんで一番巡っておられるとこの時は思っていましたが、八十窪の大女将はもっと巡っているようです、3年前の記念スタンプが押せる納経帳(ぼくのと同じ)も見せて貰いました。

 ときわ旅館の玄関にポスターがありました、最初四国に来たときこんな所に帝京高校があることにびっくりしたけれど、今回が甲子園初出場ではなかったことにもっとびっくりしました。
 ご主人に見送ってもらい、来年は逆打ちで4月の中頃に来ますと約束、約束してしまうともう絶対来ないといけないから、何が何でも来られるように努力する、


 6時27分、伊予大洲駅到着、6時49分の電車に乗るので宿を出たのはぼくが一番早かった、昨年もここから喜多山まで乗ったけれど、今年は内子まで。昨年は畑峠遍路道を歩いて砥部町の宿までだったけれど、今回は内子からバスで突合までさらに飛んで、45番を打ち戻って八丁坂までの41kmです。ちょっと飛びすぎですが、明日番外の香積寺に行くことと、泊まりたい宿のかねあいもありました。久万高原では笛ヶ滝がなくなって八丁坂以外の宿には泊まる気がなくなったし、長珍屋もできれば避けて道後の宿まで行きたかった。

 電車は定刻に到着、内子までは予定通りだったのですが、
 バスは祝日で(今日はこどもの日)全便運休で少々うろたえました。ネットで調べると土曜は2便。日曜は全便運休とは書いていたのですが何度調べてもそこに祝日の文字はなかった、全くネット情報というのはさほどにいい加減で軽いものです、バス停には日祝全便運休とありました、なぜネットでも同じように書けない、祝の一文字を入れるのにどれだけの手間がかかるのだと、見えぬ相手に文句を言ってもしょうがないので、とりあえず歩くしかないので、久万に向かって歩き出します。
 今日は45番まで行かず、その往復の12kmを削れば内子から突合まで歩いてもトータルではあまり変わりません。ただそうすると、明日の番外を止めても宿までの距離はかなり長くなるし、明日は札所の数が7つにもなるからさらにきつくはなります、でもやってやれないことはない、ほかに選択肢はないから機嫌良く歩くしかありません。

 今日は昨日と違って初めて歩く道がないのでほとんど写真は撮りませんでした、昨年畑峠(はたのとう)遍路道を歩いて内子町久万高原町の赤線の道は全て歩いたといい気になっていたのですが、まだまだ遍路道はありました。
 昨年足を痛めたときに内子からバスに乗るので時間がずいぶん余って、今まで一度も見学していなかった八日市の古い街並みを見たとき、意外なものを発見、そこには旧街道へんろみちと書かれていました、現在の遍路道とは明後日の方向のこの道がへんろみちだとはにわかに信じられない思いでした。帰ってからしばらくして英語の地図を見てその意味が分かりました。英語の地図には水戸森峠という緑の線の古い遍路道がありました、道の駅からりの3.4km先で国道に合流する山越えの道です、枯雑草さんはすでに歩かれていて写真も多数投稿、もう一人歩いたという人のブログも発見しました、もちろん今回歩きたかったのですが香積寺と宿のことがあってなくなく2年後まで待つことにしました。
 内子駅を7時03分に出発、松乃屋旅館を過ぎてしばらくの所で右折して国道に出ます、昼食を買えるところがここしかないのでコンビニに立ち寄ります、チョコとかりんと、今日は曇りなので大丈夫でしょう、
 内子から大瀬まではベストより4分遅れの92分でした、調子としては十分だったのですが、あまり狙う気もなく時速は6.3kmほどでした。歩く距離が1km短くなって歩き始める時間も1時間早くなってかなり余裕もあります。
 大瀬のバス停で休憩、昨年ここで向かいの家のおばちゃんからビン牛乳をお接待してもらった、先達竹下さんはお接待してもらった場所のことなど忘れられないでしょ、と言います、ぼくは最初の頃は白衣も着けていなかったからお接待の回数は人よりかなり少なかったこともあって、本当に何処で何をいただいたか、覚えているし、そこを歩くたびに思い出すようにもしているようです。
 大瀬で18分の休憩、8寺52分に発ちます。

 昨年工事中だった大瀬小学校の校舎が完成していました、確か前の校舎は今風の普通の鉄筋コンクリートだったはず、

 大瀬から突合の1km先のバス停まで68分、ベストより2分遅れ、時速は大瀬までと同じで6.28km。ベストよりちょっとだけゆったり目のこのスピードが一番気持ちよい歩きなのかもしれません。
 バス停では休まず、10時03分に出発。バス停を出て1kmほどの所で異常事態、長身の男性がぼくを追い抜いていきます、こういうことは今まで一度もなかったので本当にびっくりしました。1日に歩く距離がぼくより長い人や短い日数で一巡する人は何人か知っていますし、実際に会ったこともありますが、ぼくより速いスピードで歩く人はちょっと思い出せない。8年前須崎から足摺までいっしょだった山口県は仙崎(金子みすゞのふるさと)から来た橋本さんは全くぼくと同じスピードで霊山寺から延光寺まで14日で歩く人でしたが。
 それまで楽なペースで歩いていたのが離される一方では具合が悪いというのでギアを一段入れ直して必死に追いすがります、50mほど離されてそれからは何とか少しずつ縮めていきました、こんなに力を入れて歩いたのは、ベストを狙うときでもここまではしない、というくらいです。薬師堂のトイレで彼は休まずそのまま先に行ってくれて助かりました、ぼくはここで休憩することは決めていました。バス停からここまではもちろんベスト以上のタイムで時速は6.5km、やっぱり6.3で余裕を持ちながら歩く方がいい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 19日目 民宿兵頭~ときわ... | トップ | 20日目 ときわ旅館~八丁... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。