WALKER’S 

歩く男の日日

8日目 滝尻王子~岩代荘 (3)

2017-01-04 | 西国33観音巡礼


 道の駅から10分西国古道の赤線がある橋が見えてきました。

 橋を渡って突き当たったところに熊野古道の道しるべがはっきりありました。地図を見ると道祖神の前を通る道はかなり高いところを行く山道もあって見るからに遠回り、西国の道が近道を行きたいのは賛同できます。

 藤原定家はぼくが避けた山道を苦労して登って滝尻に向かった。

 定家の歌碑

 舗装道ではあるけれど対岸の国道とは違って古道の雰囲気を味わえる。

 橋を渡って15分、直角に左に折れる。

 鮎川新橋の手前の支流にかかる小さな橋、

 西国の地図では橋を渡らずそのまま真っ直ぐ県道だけれど

 熊野古道は橋を渡って国道へ行く、せっかくなので今度は熊野古道を行くことにします。こちらは遠回りにはなっていないようだし。

 鮎川新橋は大きな橋、

 橋を渡るとはっきり道しるべ、こちら側に王子があるから確かに熊野古道だけれど、でも全ての熊野詣での人が全ての王子を巡ったとはいえないようで、滝尻からの古道は何種類かあるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 8日目 滝尻王子~岩代荘 ... | トップ | 2017年 関西吹奏楽コン... »

コメントを投稿