WALKER’S 

歩く男の日日

初日 鳴門西(鳴門市)~やまさ(吉野川市) 1

2017-05-26 | 17年四国の旅


 8寺44分、予定時間よりちょっと早く高速バス停鳴門西に降り立ちました。矢印は完全に色あせているけれど、はがされていないだけいい。ここにこのシールがあるのとないのとでは、これからお遍路を始めるものとしては気分がちょっと違ってきます。
 いっしょに降りた女性は明らかにお遍路さん、通しですかと声をかけたら、27番までなんです、バスや電車も使うということでした、初めてではなく何回か巡っているとも聞きました。1番までいっしょに行きたかったのですが、ぼくは今日の内に吉野川を渡るので2番からです。

 矢印が左を向いていますが1番に行く人はこの扉ではなくさらに東の方から出るのが正しい。2番に行く人は少ないけどぼくはいつもこの扉、

 4月も半ばになるとピークも過ぎて歩く人も少なくなっていると思いきや、普通にすぐ出会ってしまいます。お参りを終わって山門を出てきたところで、若い外国人男性二人連れがいたので、呼び止めて英語の宿情報を手渡します、昨年作って余った分2部だけ持ってきました。

 今年初めて見た新しいタイプの遍路シール、

 3番金泉寺の手前のあぜ道の近道を行くお遍路さん、あれだけはっきりした道しるべがあるとほとんどの人がこの道でいきなり境内に入ってしまうことになる。大して近道にもなっていないし、なにより山門をくぐらないというのはおかしい、道しるべは撤去してほしいし、こちらからは境内には入れないようにして欲しいとも思う。

 3番金泉寺の山門の前に来ると、若い外国人男性がお参りを終わって撮影中、残った1枚の宿情報を渡して、歩き始めて1時間もしない内に掃けてしまいました。2年前も多いと思ったけれど、明らかにそれ以上の予感、

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« あるがままんかお宿日和佐か | トップ | 初日 鳴門西~やまさ (2) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりでございます。 (鳴門西のお遍路)
2017-05-27 09:35:48
お手紙、CDありがとうございました。鳴門西のお遍路こと小林です。福岡に帰ってからも原田さんのブログを楽しく拝見させていただいてます。読んでるとやっぱり行きたくなってしまいますね。

西国は行きたい気持ちもあり、しかし出会いもなく孤独なのではと足が向かずにいましたが、一人で様々なことを考え思案してその土地に身を置き黙々と歩くにはいいのかなとも思っています。

宿情報も次回行く際の参考にさせていただきます。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。
お久しぶりです (walker's)
2017-05-28 15:08:24
 小林さん、コメントありがとうございます。
 このブログを書き始めた頃は、このブログを見てくれた人が一人でも四国に足を運んでくれることを目標に書いていたのですが、実際にそういう人に直接会うことができて、それ以降はとくに目標もなく旅の記録としてだけ書き続けているのですが、四国に行きたいと思ってもらえるとやっぱりすごくうれしいです。
 お渡しした宿情報は今年の初めに新しく書き直したものですが、一周してみると値段が変わっているところや評判が違ってきている宿もあったりして、すぐにでも書き直したいくらいです、故に、このブログのブックマークのトップのサイトを参考にしてください。そちらはすでに最新の情報に更新できています。
 ではまた、

コメントを投稿