WALKER’S 

歩く男の日日

あるがままんかお宿日和佐か

2017-05-26 | 17年四国の旅

 日和佐の宿「ちいさな宿あるがままん」は09年に開業、日本語のへんろ地図には載っていませんが2年前の9月に発行された英語のへんろ地図には載っています。3年前の2月の美波町の観光パンフレットにも載っています。2部屋で雰囲気はとてもよさそうですが値段は分かりません。
 ゲストハウスお宿日和佐は2年前に開業、完全個室の3部屋で素泊まりのみの4500円ですが朝食のパンとコーヒーは用意されています。築百年の古民家をリフォーム、オーナーは外国人なので古民家の雰囲気は十分残しています。お風呂もあります。厄除橋を渡ったところにあります。
 日和佐の宿は多いですが特に評判のいいという宿はあまり耳にしません。それだけにこの二つは大いに期待したいところです。
 土佐久礼駅の近くにできたゲストハウス恵(けい)も朗報でした。こちらも素泊まりのみの3000円ですが、このあたりに宿泊するお遍路さんはかなり多いようですから、やっと気持ちよく安心して泊まれる宿ができて心が晴れる思いです、旅する人全体に浸透していくのはまだまだ時間がかかるとは思いますが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気の早い話 | トップ | 初日 鳴門西(鳴門市)~や... »

コメントを投稿