WALKER’S 

歩く男の日日

14日目 土佐ユートピアC.C.~民宿大岐の浜 (1)

2017-07-06 | 17年四国の旅


 朝食は7時から、フロントの前を通って食堂に行くときに、ちょうど香港の女性ともう一人岩本寺の境内で見かけた女性が車で送ってもらうところでした、二人は素泊まりです。ぼくはSさんと二人でいただきます。お遍路は4人だったようです。ぼくより1ヶ月早く善通寺から順打ちで始めた知り合いのお遍路さんは、1番からは出会うお遍路さんの多くが複数回巡っているベテランの方が多かったと言いますが、4月の半ばから始めたぼくが出会う人は初めての人の割合が結構高いような気がします。ベテランの人は大型連休の宿の混み具合が分かっているから連休までに終わるように計画を組む人が多いのだと思います、初めての人はある程度温かくなった4月の初旬から中旬に歩き始める人が多いのかもしれません、特に青森のKさんなどは絶対に3月中に歩くという発想がないかもしれません。
 サービスのソフトドリンクはアイスオレをお願いしました、大正解でした、来年もアイスオレに決定、

 7時半に道の駅まで送ってもらって、先に行くようSさんに促されました。
 入野の松原の道を抜けて広い舗装道に出てしばらく行くと前を行く男性が見えました、蛎瀬橋の少し手前で追いつくとKさんでした、しばらくいっしょに歩いて1kmほど先のヘンロ小屋にはMさんが休んでいて、合流、Kさんは休まずそのまま発ちましたがぼくはMさんとしばらく休みました、ユートピアを7時に出た二人の女性と会ってぼくの宿案内を見せて写真を撮らせてあげたら喜んでいたそうです。日本人の女性は高野山で尼さんをしていたことがあるということでした、
 

 そのヘンロ小屋から四万十川の手前のコンビニまでずっとMさんと話をしながら歩きます、Mさんは山男で熊野古道の小辺路もキャンプしながら歩いたそうです、小辺路はいい箇所に宿がなくてキャンプをしないと計画が立て辛いと何となく認識していました、ぼくが今年初めて登る石鎚もすでに経験済み、前回登ったときは何となく虫の知らせか鎖場は避けて迂回路で登ったそうです。ぼくはお遍路だから鎖場ははなから回避するつもりでした。


 コンビニに着くとMさんと同宿だったフランス人が先にいて、3人してベンチに並んで仲よく軽食を摂ります。Mさんは先に発たれ、残ったフランス人と少しお話、高野山にも行くんだということで、フェリーではなくバスで行く方が簡単だからとレクチャーしました。写真は四万十川を撮影するフランス人です、

 四万十の上流方面です、

 四万十を渡って2.4km、ヘンロ小屋54番にKさんとMさんの姿、ぼくはコンビニでも十分休んだので先に行かせてもらいます、時間の余裕はありますが、この先は峠越えでどうせ分かれることになります。
 

 四万十大橋から65分、伊豆田トンネルの1kmほど手前から峠越えの道に初めて入ります、今までは中村の宿から足摺まで42kmほど歩く日なのでこの道はどうしても歩けませんでした、トンネルがさほど苦手ということもなかったし2010年の第9版の地図まで赤線もなかったから今まで歩くことを考えたことすらありませんでした。今回は初めての宿を試すので距離に余裕ができてこの初めての道も試すことができます、英語の地図には赤線がありますからね、日本語の地図でも最近のには赤線があるみたいだし、
 トンネル真っ直ぐ、峠越えは右への手書きの矢印がほほえましい、トンネルを行く人の方が多いからはっきり右だけ矢印をはりつけるのもちょっと問題あるからこうするのがベスト、でもこれに気づかなくて峠に入れなかったという人も居ました、トンネルのずっと手前だからこれだけだと見過ごされやすいことは確かでしょうね。

 右に折れたところ

 こういうのは折れたからこそ見えるのであって、最初の手書きを見過ごせばアウト、


 最初は広い舗装道、この道を進めば古いトンネルがあるけれどそれは現在通行不能でその手前から山道に入る、というのは何となく分かっています、
 しばらく行くと向こうから男性がやってきます、てっきり逆打ちかと思って声をかけたら、順打ち道が分からなくて引き返してきた、それでは一緒に登りましょうと、案内しながらゆっくり進むことにしました。なにしろ今日はめちゃくちゃ時間があるからどうということはありません、男性は初めての人で名古屋から来たAさん、本当に初めての人によく出会います。


 舗装道を離れるところにきっちり矢印がありました、ここまでも来ていなかったかも、来ていても初めてだと舗装道をはずれて山に入るという認識がなければこの矢印に気づかないのも不思議ではありません。


 かなり新しい道しるべ、日本語の地図にも赤線はあるでしょうね、今月中に東寺へ行くから一番新しいのを買ってきます。


 遍路札オンパレード、


 国道を離れて37分、舗装道から離れて17分で伊豆田峠に到着です、ゆっくり登ったつもりですがAさんはハイペースで相当きつかったようです、ときわ旅館のご主人といっしょに出石寺に登ったときも、かなり早くて着いていくのが大変だったと後から伊藤さんから聞かされました、申し訳ないっす、
 峠で一休み、宿案内を手渡します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 13日目 土佐ユートピアカ... | トップ | 14日目 土佐ユートピアC.... »

コメントを投稿