WALKER’S 

歩く男の日日

7月24日 14:15

2010-08-25 | 新高野街道
 土曜日だということもあって、臨時バスが出ていて5分早いバスに乗ることができた。おかげで極楽橋からも予定より1本早い列車に乗ることができそうだ。
コメント

7月24日 14:00

2010-08-25 | 新高野街道
 ちなみにこちらが警察署、いかにもという感じ。でも玄関の上には高野山交番という看板が掲げられていた。どちらが本当なのか未だに判らない。
コメント

7月24日 13:58

2010-08-25 | 新高野街道
 バス停は壇上伽藍の近くにもあるけれど、路線がいくつか分かれていて、全部が集まってくる警察署の前まで歩いて戻ってきた。
コメント

7月24日 13:26

2010-08-25 | 新高野街道
 家に到来物の高野山せんべいがあったので持ってきた。これが本日の昼食になる。家で食べたときは美味いとは思わなかったけれど、根本大塔の前でいただくと実に美味い。持ってきた15枚の内12枚をぺろりとたいらげる。
コメント

7月24日 13:25

2010-08-25 | 新高野街道
 根本大塔の大きさには毎度のことながら圧倒される。こんな小さな写真ではその迫力の万分の一も伝えられない。この建物も昭和9年に再建された6代目のもの。
 この写真が現在PCのデスクトップの壁紙になっている。それまでは大門の写真だった。
コメント

7月24日 13:25

2010-08-25 | 新高野街道
 元はといえばこの金堂(講堂)が金剛峰寺の本堂ではあった。現在の建物は昭和7年に建てられた7代目のもの。だいたい200年おきに火災にあって焼失していることになる。すごいのはその度ごとに再建され続けてきたこと。それこそが空海、弘法大師の力であり、高野山の力なのだろう。
コメント

7月24日 13:21

2010-08-25 | 新高野街道
 14時13分のバスに乗るので、1時間くらいの余裕がある。奥の院にはとても行けないので壇上伽藍に行くことにした。写真は国宝不動堂、鎌倉後期の建設、建築物としては高野山唯一の国宝だと思われる。
コメント

7月24日 13:10

2010-08-24 | 新高野街道
 1年ぶりに総本山でお参り、昨年は納経してもらったけれど、今回は納経帳は持ってこなかった。本堂の前で般若心経をあげる。本堂は見学コースになっていて、ぼくの目の前を見学者が通り過ぎていくのはちょっと興をそがれる。
コメント

7月24日 13:09

2010-08-24 | 新高野街道
 本日の最終目的地、金剛峰寺に到着。団体さんの横をすり抜けながら水屋を使う。
コメント

7月24日 13:08

2010-08-24 | 新高野街道
 金剛峰寺の南側は広大な駐車場、観光バスがずらりと並んでいる。そういえば、ここは四国と違って今頃が一番のシーズンなのかもしれない。
コメント

7月24日 13:07

2010-08-24 | 新高野街道
 金剛峰寺の裏門(東門)の前を通過、最初来たとき何も判らなくてここから入ってしまった。こちらには水屋がないからちょっとしたマナー違反になる。
コメント

7月24日 12:51

2010-08-24 | 新高野街道
 こちらは左側の門柱、ここから結構な下り坂が町の中心部まで続く、いい気持ちで歩いていたら女人堂のベンチにサングラスを置き忘れたことに気がついて無駄な一汗をかく羽目になった。
コメント

7月24日 12:50

2010-08-24 | 新高野街道
 女人堂の前のベンチで一息ついて金剛峰寺へ向かう。かつてはこの山全部が金剛峰寺であった。この門柱を過ぎれば金剛峰寺の中に入ったことになる。ぼくがこれから向かう金剛峰寺は豊臣秀吉が母親の菩提を弔うために建立した青厳寺が、明治維新の折りに新政府の命令によって改名されたものだという。故にこの中には秀次切腹の間が今も公開されている。
コメント

7月24日 12:44

2010-08-24 | 新高野街道
 バス道に入って2分、総本山金剛峰寺の入り口、女人堂に到着した。高野下駅から2時間半、休憩時間を除くと2時間20分。距離が分からないから正確な時速は出ないけれど、まずまずの調子ではなかったか。水屋には水道があって止めどなく山の水が溢れている。500のペットボトルで続けざまに2本分飲み干してようやく人心地ついた。やはりここまでの汗の量は半端なものではなかった。2回目の休憩で調子が上がらなかったのもそのせいだった。
コメント

7月24日 12:42

2010-08-23 | 新高野街道
 ようやくバス道に合流。登りはここまで、思ったより距離はあったけれど勾配は比較的緩やかで歩きやすかった。
コメント