WALKER’S 

歩く男の日日

初弘法の日にフェスティバルホールへ

2018-01-21 | 日記

 4年ぶりにフェスティバルホールに行ってきました。
 新しいフェスティバルホールは過去2回行きましたが、いずれもあまり印象がよくなかった。2階の一番奥と、3階の一番奥だったので、なにか舞台と遠い感じがして楽しめなかった。それでずっと避けてきたのですが、今回は昔のフェスティバルホールとあまり変わらない感じでたっぷり楽しみ味わうことができました。3階の前から4列目だったのですが、吹奏楽を聴くのにベストのポジションだと断言できるでしょう。

コメント

大寒に宿の予約開始

2018-01-20 | 日記

 ちょうど3ヶ月前になったので四万十町仁井田にあるゲストハウス40010の予約を入れました。この宿は全館貸し切りも可能なので、できるだけ早く入れないと心配でした。さらにこの宿の代わりの宿も近くにない、電車を使えば問題はないのですが余分に時間も費用もかかるのでできるだけ使いたくない。この翌日は45kmでかなりきついのですが札所がひとつもないので時間の余裕はじゅうぶんあります。外の宿の予約は2月になってからぼちぼちやっていきます。

コメント

悲愴ソナタ

2018-01-19 | 日記

 録画した映画を改めて見返すことなどほとんどないのですが、今日は時間に余裕があったので3ヶ月ほど前に録画した、新垣結衣、木村文乃主演、わろてんかの葵わかなさんも出演している「くちびるに歌を」を一気に見てしまいました。主演の二人はやはりうまいし魅力的、映画の中で2曲のピアノ曲が演奏されますが、その1曲悲愴ソナタ(ベートーヴェン作曲ピアノソナタ第8番ハ短調第2楽章)は本当に泣けました。ピアノ独奏曲などそれこそ無数にありますが、この場面では絶対にこの曲しかなかった。この曲をセレクトした人(たぶん監督だと思いますが)のセンスに頭が下がる思いでした。本当にすごいのはもちろんベートーヴェンではありますが。長らくベートーヴェンのソナタを聴いていなかったから明日からしばらくは聞くようにしましょう。

コメント

95%回復

2018-01-18 | 日記

 筋肉痛が回復に向かって3日でほぼ全快と言えるまでに急激によくなりました。今日はほぼいつものペース時速6kmで歩いて全く問題はありませんでした。どんなに早くても1週間はかかるだろうと覚悟していただけに、拍子抜けするほどの回復力です。おかげさまで来週の日曜日淀川工科高校のグリーンコンサートも諦めずに済みました。この週末から四国の宿の予約もつつがなく始めることができるというものです。

コメント

5日ぶりの外出

2018-01-16 | 日記

 1週間前から太股裏の筋肉が痛んで、外出できませんでした。痛みのマックスが10だとすると、初日は3くらい、次の日が6、そして10、確かにちょっと無理な運動をしたけれど徐々にひどくなっていくのが今までに経験がなくて、訳が分からなかった。最高の時は座って靴下を履くのにすごく苦労したくらいに足の曲げ伸ばしが自由にならず、このまま続いたら今年の四国はどうなるのだろうと案じたくらい、でも7日目の今日で痛みはずいぶん引いて4くらい。今日外を歩いてみると時速は4km出ているかどうか、でも確実に回復してきているのが分かっているので気分はすごくいいです。いつものことながら、健康は失って初めてそのありがたさに気がつく、四国を歩いているときはそのありがたさに感謝しながら歩いているつもりですが、そうでなかったときの辛さ苦しさというのはあまり考えていなかったと実感しました。

コメント

大寒波

2018-01-12 | 日記

 今朝の姫路の最低気温は-5.2℃、家の室温は2.5℃まで下がりました。調べてみると-5℃より低くなったのはこの10年の間に2回だけ、前回は2年前の1月25日で-5.6℃、その時の室温は0℃まで下がって本当にびっくりしたのを覚えています。明日も-5℃の予報、3回目になるかどうか。

コメント

英語の野宿、通夜堂、善根宿情報

2018-01-11 | 日記

 今日、近所のセブンイレブンで英語の野宿情報をコピーしてきました。原稿はずいぶん前に仕上げていたので、後はコピーして端を切り落として折り曲げて貼り付けて見やすくするだけ。1部につきA3の用紙、3分の5枚分です。それで30部になると重さは380g、納経帳1冊分の重さになってしまいます。今年は逆打ちなので150人以上の外国の人に出会う予定ですが、30部が限界です。納経帳も3冊持っていくから仕方のないところ。納経帳は3冊で1100gです。
 納経は88ヶ所、奥の院55ヶ所、番外50ヶ所を3年かかって満願にするつもりなので、今年は68ヶ所にとどめておきます。逆打ちでないと貰いにくい所は必ず行くようにして、88ヶ所の中に奥の院があってあまり時間がかからないところも押さえますが、時間がかかりそうなところや遍路道をはずれるところは来年以降に回すという感じです。

コメント

国民宿舎土佐 閉館

2018-01-10 | 日記

 へんろみち保存協力会のページに国民宿舎土佐が昨年末で閉館したと書かれてありました。雪蹊寺門前の高知屋に泊まった人の多くが次の日に泊まる宿だったのでこれから大変です。青龍寺の近くにはもう1軒三陽荘という宿がありますがちょっと値段が高い(お遍路さんプラン2食付き最安値7560円~)、評判そのものは悪くないようですが。
 高知屋から青龍寺まで29.3km、その先のなずなまでだと36kmになるので歩ける人は多くありません。ただ、高知屋ではなく次の種間寺まで歩いてスポーツパレス春野に泊まって送迎して貰えばなずなまで29.6kmなのでちょうどいい。今でもなずなは人気ですが、さらに泊まる人は増えそうな感じです。

コメント

松の内

2018-01-07 | 日記

 関西では松の内は15日までと昨日池上さんが言っていましたが、ぼくの近所では今日がどんど焼き、神輿のように仕立てたどんどが練り歩いていきました。子供たちの行事なので冬休みの内にしておこうということかもしれません。今は15日はお休みではありませんからね。
 今日は、セブンイレブンで早稲田摂陵高校ウインドバンドのチケットを買ってきました。昨年一昨年は最前列だったのですが今回は3列目でした。8番だからたぶんクラリネットの前でしょう、これはこれでベストポジションかも。

 

コメント

小豆島へ

2018-01-06 | 日記

 3年前に室戸の宿で同宿になった浜松のお遍路さんから今年も年賀状を頂きました。昨年は春と秋の2回にわけて四国を一巡、四国に入る前には1週間かけて小豆島も巡られたそうです。その小豆島が素晴らしかったと書かれていて、もうこれは行くしかないと改めて背中を押されてしまいました。2年前大台ヶ原の入口の駅で地元の元気なおばあちゃんから西国も坂東も秩父も小豆島も四国も巡ったと聞いて、びっくり仰天。いずれ全部回らねばという気持になって坂東と秩父の計画は立てたのですが小豆島はまだ考えられないままでした。もうこれで、行くしかない、20年の5月に行きます。今年の春には神戸の知り合いのお遍路さんが小豆島に行かれるはずで、そのレポートが大いに楽しみなところです。

コメント

四月、逆打ちの行程表

2018-01-04 | 日記


 昨年の9月にアップしたものと基本的に変わっていませんが、15日、16日、23日、24日に乗る予定にしていたバス電車をやめにしました。
 初めて泊まる宿は12軒、素泊まりの宿は7軒です。
 来年初めて泊まる予定の宿は、是空、平等寺宿坊、生本旅館、まんぼう、ゲストハウス恵、ゲストハウスまぁる、山代旅館、白地荘、ゲストハウスうぇるかめ、の9軒で、もうそれ以降は初めての宿はなくなってしまいます。それで四国で泊まった宿の総計は213軒、もう泊まり残したという宿は見あたらないかもしれません。

コメント

冬日の年明け

2018-01-01 | 日記

 今朝の姫路の最低気温は-0.8℃、8日ぶりの冬日で霜もびっしり降りています。姫路では12月に10回の冬日があったのですが、これは特別多いというわけでもなくて、過去8年では10回以上冬日があった年は4回で、平均では8回だから、特別寒い12月でもなかった。

コメント (2)

累計30000km

2017-12-31 | 日記

 今日8kmほど歩いて万歩計の累計がちょうど30000kmに到達しました。万歩計を持って86ヶ月なので1ヶ月平均350km、1年の平均は4200kmほどです。知り合いのお遍路さんの中には5000km歩くという人もいるので特別たくさん歩いている感じはありません。特に今年は地元での歩きはちょっとさぼって1日平均10kmには届きませんでした。

 今年はなぜか笑ってはいけないを見る気になれず、録画だけしておいて、らららクラシックを見ています。落ち着いてベートーヴェンを聴くのも本当に久しぶりのことになってしまいました。
 
 今年は四国で210792円を使って、帰ってからも来年用の新しいシューズやザック、納経帳2冊などに29347円を使いました。来年は3冊の納経帳を持って歩くことになるので写経は持たないことにしました、賽銭用の5円玉もやめにして1円玉にします。写経は176巻まとめて高野山で納めることにします。

コメント

ボイストラ

2017-12-27 | 日記

 ボイストラはスマートホンの翻訳アプリです。今年の春Eテレの「ニュースで英会話」を見ていたら、その開発者の方が出演されて実際に使いながら紹介されたのでした。鶴林寺の境内でスペイン人相手にエラーを繰り返していた人がいて、そのアプリとは本当に大違いです。鶴林寺ではまだまだ使えたもんじゃないな、と思っていたのですが、ボイストラは本当に完璧といってもいいくらいで、さらに利用者が増えることによって自ら進化を繰り返してより正確な使い易いものになるという。ぼくは6年前に半年間だけ契約したスマホがあって、2年前にポケットワイファイの契約をしたのでそのスマホが(通話以外は)使えるようになったのですが、OSがAndroid3.0なので残念ながらボイストラは使えません。
 でもこのアプリさえあれば英語が全然ダメだという遍路宿でも何とかはなります、少なくとも怒らせるようなことはなくなるでしょう。ロッジカメリアのご主人に教えたい、知って欲しい。

コメント

別格20番大瀧寺への道

2017-12-25 | 日記

 今年のお遍路では別格を含めて歩く通しの人に会うことが何回かあったのですが、大瀧寺の攻略の仕方について適当なアドバイスができませんでした。距離をほとんど把握していませんでした、ぼくは2回とも夏子ダムから登ったので塩江の方から行く距離は全く頭の中になかったし地図も持っていなかった。
 長尾寺=10.5km=多和小跡=10.7km=さぬき温泉=10.7km=大瀧寺=10.0km=夏子ダム=12.5km=大窪寺
 長尾寺と大瀧寺の間、大瀧寺から大窪寺の間には宿がひとつずつしかないから選択肢はすごく限られます、志度に泊まった場合、さぬき温泉まで28.2km、次の日は大窪寺まで33km、それがきつい人は竹屋敷まで30km、それも無理だという人はさぬき温泉まで戻るしかなくて21.4km。竹屋敷は2食付き9700円(遍路割引)~とちょっと高めの料金設定です。

 夏子ダムからの道は一番新しい地図でも全然改訂が為されていないので注意が必要です。二つの点線の短絡路はほとんど通行不能です。めぐめぐさんやdaboさんやぼくの知り合いの先達さんも無理して踏破されましたが、余程の強い意志がないと最後まで歩き通すことは難しい道になっているようです。県道の長靴の道を行くのが遠回りのようでいて結果的には近道なのです。H450から県道を離れる点線の山道は6月~10月は草木繁茂で通行不能と10年以上前から同じ記述がありますが、これもほとんど嘘で、十分に整備された緩やかな歩きやすい山道がほとんどです、ぼくはこの山道を時速4.2kmで歩き通したのですがもっと楽に歩けたという感覚です、鶴林寺や太龍寺、焼山寺、横峰寺などの最後の部分に比べても2段階くらい楽な登りになっていました。夏子ダムからH450までの県道も距離は長いですがほとんど平地と変わらないスピードで歩けます。ぼくは夏子ダムからH450まで58分、H450から大瀧寺まで62分ほどでした、そんなに足が速くないという人でも3時間あれば十分でしょう。

コメント