kusaregedous

~隠れ趣味の部屋~

参りました

2012-05-20 22:21:25 | 釣行

 

こんなこと何十年ぶりかもしれません。

「昨日の」リベンジです。


いや、それほど悔しいわけではないんですが、「釣法」が通用しないってことは、昔からけっこう我慢がならないんです。

単に「前打ちじゃあポイントまで届かない」....なんて見え見えのことならいいんですが、「ウキフカセ」が通用しないってなると...コマセが邪魔なの?オキアミは食わないの?やっぱ生き餌なの?と色々推理をめぐらすんです。

過去にも、「こういう根掛かりの多い釣り場はウキフカセしかないでしょ」って所見でいろいろ経験してきたんですが、その終盤には、ウキフカセで坊主。でも違う釣法で35cmマダイゲット。なんてことも実際あったわけです。


マグレかもしれません。
 
でも、やっぱ試してみないとなぁ....と思ってしまうのが、釣師の定めなんでしょうかね。


ってな具合で、本日急にこしらえた「秘法」でリベンジしてまいりました。


昨日の釣果はカサゴ2匹。

本日の釣果はその半分の釣時間で、カサゴ2匹に、新子のアイナメ1匹です。
さらには、ハリス切られの謎の魚も掛かりました。

ちゅうことは、本日の釣法のが分があるということではないでしょうか?

実際本日のコンディションは「向かい風強」で芳しくないものでした。

「その中で」の釣果であり、昨日と同じ時間やっていれば、さらに差が出たのではないかな?と推測できます。


ただ、まだまだ改善点はたくさんあります。

とりあえずは交換仕掛けを家で準備しておけば、もっとスピーディーな手返しになるでしょう。

そして、「感覚」の問題です。

これは「前打ち」ではなく、「ルアーの底引き」に近いので、細いハリスは厳禁に思いました。

ルアーでもないのに、ショックリーダーの必要性がわかったぐらいです。


等々、まだまだいろいろな改善点がありますが、我々の常道の「ウキフカセ」や「前打ち」が万能ではないことは確信しました。

今回の釣法はいまのところ「シークレット」なのですが、正直「ものすごく面倒臭い」です。

でも、今までスカしていた釣場で通用してた?可能性は今日再発見したつもりです。


まだまだ改善の余地大ですが、なにしろ「置竿」もOKの釣法なので、そうマジメに考えず、前打ちの「置き竿」として、これからちょくちょく研究していこうかな?と思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポイント選択が情けないのか... | トップ | ダサすぎる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。