草の葉

高山村にある、緑に包まれたギャラリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十年

2016-12-31 17:38:35 | 山の暮らし
余生を穏やかにと、ココに移り住んだ。

山の暮らしも、そろそろ10年になるのか。
歳をとったなぁ~






ワンルームの小さな我が家だから、
冬の間、薪ストーブを焚いていると、家じゅうがほぼ一定温度で暖かなのだが、
それでも、数年前から血圧が高めのこともあり、
お風呂場で・・・・ということもよく聞くので、
浴室に暖房を取り付けてもらうことにした。
ちょうど、給湯器の寿命も10年くらいだというし・・・・
これが、大正解!?
入る15分くらい前に点けておくと、ああ暑いくらい。

そして、
ガス工事のついでということで、思い切ってコンロやオーブン、換気扇も一新。
10年という時間は、いろんなもの、いろんなことを改良するのに充分すぎるようだ。
勝手に魚は焼くし、それも魚の種類、焼き方も選べ、数も把握しながら。
ご飯も好みの堅さ、種類も選べて、これも勝手に炊く。
その上、料理の手順によって火加減も勝手にやるという。
一定温度で煮炊きできるし、タイマー設定も。
オーブンは、保温や発酵までも。
そして、今までのコンロ、換気扇掃除が嘘のように簡単になるそうだ。
なんと、換気扇は、掃除する時期まで知らせてくれるそうな。

便利なものに囲まれるのが、
手間が減ることが、果たして良いのかどうかわからないが・・・・

まあ、いいか。
最近、とみに、考えることが面倒になった。。




                           ::::




この10年余り毎年、
来年は、来年こそはと願いながら、その年を終うのだが・・・・


またしても、穏やかとはいかない日々を背負った今年が、終わろうとしている。
そうしてワタシは、
この年の内にまた、来年はと、
かすかな光、いや、奇跡を待ち望むのだろうか。

いやいや、もうそろそろ間違いに気づかなくてはならないのかもしれない。
長田弘はいう。

     いつかはきっと
     いつかはきっとと思いつづける
     それがきみの冒した間違いだった
     いつかはない
     いつかはこない
     人生は間違いである
     ある晴れた夕まぐれ
     不意にその思いに襲われて
     薄闇のなかに立ちつくすまでの
     途方もない時間が一人の人生である



残された年月は幾ばかりか。
そういう歳になってしまったのだ。

それぞれの存在を問いながら、
またも時を流してゆく。。




折りしも、娘から届いたクリスマスプレゼント、
星野道夫の写真集『風の物語』の中のいくつもの言葉が、
ワタシを冷ややかに突き切り、
そして、静かに抱き寄せる。

      
     一つ粒の雨が、
     川の流れとなりやがて大海に注いでゆくように、
     私たちもまた、
     無窮の時の流れの中では、
     ひと粒の雨のような
     一生を生きているに過ぎない。

     
     たった一度のかけがえのない一生に、
     私たちが選ぶ
     それぞれの生き甲斐とは、
     何と他愛もないものなのだろう。
     そして、
     何と多様性にみちたものなのか。


     めぐりくる季節で、ただ無窮の彼方へ流れゆく時に
     私たちはふと立ち止まることができる。
     その季節の色に、私たちはたった一回の生命を生きていることを教えられるのだ。
    






                              シズカニ
                              セツナク
                              クレユク・・・・
             
        
 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 惜別 | トップ | 新兵器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。