草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

地元の桜めぐり、、12000歩!

2015年03月31日 | 植物

桜の開花からあっという間の満開。地元の恩田川の桜は有名だが、実は歩いてみた事が無い(-_-;)

毎年母を連れて行ったが運転手で母が車からゆっくり見るという体だった。一回は歩いてみたいと思っていたのでこの陽気と昨日からの勢いに乗って出かけてみた。

   

すずかけ村からセンチュリーハウスという団地横の坂を上って、「ヨモちゃんの桃」を確認!「つくし野セントラルパーク」を抜けて「つくし野小学校」の前を通り、「杉山神社」の脇を下りていく。毎年拝見するこの豪華な木は今年も健在。

              

郵便局通りはほぼ満開でやはり桜を見ながら歩く人もいる。横浜線のガードの下を通って更に進み、途中でおたまじゃくしを発見(^O^)/何年ぶりかな?

    

成瀬の体育館のそばで「恩田川」にぶつかる。先月にょろの病気を治してもらった「ウスイ動物病院」はまさしくこの恩田川の袂です。

    

    

    

思ったよりは少なかったけど皆さんゆっくり楽しんでいる。昨日の都心の目黒川に比べると夜桜はないので提灯や雪洞はなく、飲み物も食べ物も売られていない。唯一道路沿いのお店の1階で「ガレージセール」というのが目を引いた。プロの方か?お人形をセットしてレフ板を使って写真を撮っている人に、、勝手に便乗するナイスミドルたち(笑)

    

    

外人率は低いが、平均年齢は高い(笑)時々保育園のお散歩チームがいるのでここでぐっと平均が下がるかな?春休みの子供さん連れの家族もいるけど、圧倒的にナイスミドルが多くてすれ違う時に何気なく聞こえてくる会話も「フラダンスは週に何回行っているの?」とか「すみだ水族館も行ってみたいわね」とか「おばあちゃんの病院が、、」とか「孫が、、」など平和そのもの。

    

桜はとてものびのび咲いておられて、見ているとふんわりした気持ちになる。変わらない景色だが何枚も写真を撮りたくなる。ぐるっと一周して更に下流に歩き春の花を楽しむ。

                

実は雨で散った桜の花びらが階段などに張り付いているのが一番萌え~の景色と思っている私ですが(^^ゞ

南成瀬中学の方から長津田の東急の車両基地手前のこのピンクと白に完全に魅了された。

                        

「ママンラトーナ」で美味しいパンとケーキを調達!これで歩いた12000歩は充足されてしまう(笑)最後はやなぎ公園とご近所一番の別嬪さんの源平桃にご挨拶。

    

今日のお茶は昨日佐保姫に戴いた「たまプラオリジナル」というLUPISIAの物で青い花のようなものや真珠のようなものが入っていてマスカットやラ・フランスの香りがする!

シャワーに入ってにょろも綺麗にして、パンとケーキで幸せ時間から爆睡でした。

    

           

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

都内お花見はしご(*^_^*) 六本木⇒目黒川

2015年03月31日 | 日記

両国から大江戸線で「六本木」⇒日比谷線で「中目黒」に出てみようと思いました。テレビでよく出る目黒川の桜歩いてみた事がありません。

六本木では乗り換えに一旦改札を通るのでちょっと魔がさして(笑)「毛利庭園」に行ってみようかと思いました。朝はテレビ朝日派なので気になります。

テレビカメラや三脚持参のカメラマンがスタンバイしています。日没から池にしつらえた装置で何かが始まるようです。まだ1時間もあるのでここは退散しましたが、花火が見られるとか?

「日没時刻」も一瞬で調べられるし、こんな花火のアプリも無料で使える、、スマホってやはり便利(*^_^*)

          

日比谷線で中目黒に向かいます。中目黒駅の改札周辺には駅員さんの「駅構内でのお待ち合わせはご遠慮ください」の声もむなしく(笑)大変な人出です。

    

目黒川のお花見の特徴は「屋台禁止」なのだけど近所の店舗がお洒落な飲み物や食べ物を売りだすという(笑)システム。ブティックの前でワインやソーセージとか売ってる?

    

中目黒から池尻大橋に向かって歩いてそのまま「半蔵門⇒田園都市線」で帰宅予定で「目黒」方向でないので物足りないかも?というのは杞憂でした。十分長い目黒川桜堪能です。

          

徐々に日が暮れて提灯が川面に映って雰囲気が出てきます。池尻の空中庭園のあるジャンクションまで桜と一緒に歩けます。池尻大橋からのラッシュだけは記憶から消す(笑)

    

地元の郵便局通り⇒恩田川の桜並木、新婚当時住んだ大岡川の桜並木にも行ってみようと思っています。桜と天気は待ってくれない(-_-;)

今日は良く歩いた!14000歩超えました(^O^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!江戸博物館リニューアルからの都内お花見はしご(*^_^*) 両国⇒隅田川

2015年03月31日 | 広重江戸百景

東京の桜の満開宣言。すずかけ村の駅のホームからの桜は5分咲きかな?晴天にお出かけは心浮かれます。

    

3月28には両国の江戸東京博物館の常設展示部分がリニューアルされオープンしました。3/28-31までは無料で入場できますが、なんと予告通り広重様の「江戸百景」が展示されると聞いて馳せ参じました。しばらく会っていなかった佐保姫もやっと春休みで都合がついて逢える事に。テレビでも紹介されれいた「関ヶ原展」も大人気で沢山の人が並んでおります。

大江戸線両国駅を降りて日大3中高との間の通路の桜も満開を実感。一年に一度の彩りです。

  

佐保姫と合流、常設展示だけなら6階から無料で入れます。賑やかな太鼓の音、歌舞伎座前のステージでは賑やかなイベントが披露されています。大変な人出です。江戸城のミニチュアも更に詳しくリニューアルされていました。

    

浮世絵ファンには信じられないサービス「江戸百景」の無料展示は2期に分けて行われるようで、今回は春夏秋冬の順に偶数番号を展示していますが代表作「亀戸梅屋敷」や「大はしあたけの夕立」など数点は両方で見られるようです。全部の地点に足を運んだ私にとっては本当に感動モノです。スマホのスクリーンショットの操作勝手が悪くて2順目は今一乗っていないのだけど、それも神様の思し召し(笑)今年は原作を見る機会に恵まれているのでそういう年になりそうです。人気の江戸時代の鮨の屋台、1階エントランスの桜の装飾。

    

実は硝子戸の桜の模様が床に映っていた物です。1階の甘味どころで近況報告デザートタイムを満喫しました。お茶はほうじ茶・煎茶・コーヒーから選んでお代わり自由です。

    

佐保姫と分れて用事があったので月島に戻りましたが、せっかくなので隅田川に出てみました。マンションからはすぐそばです。隅田川テラスの石川島公園は桜の名所です。

           

道路を渡ってもっとメインの方に行ってみます。相生橋⇒パリ広場に向かっております。

     

鳥が花の中を飛び回っているのが良く見えます。「春のうら~ら~の隅田川」そのものです。

    

対岸のテラスも桜並木、遠くにはスカイツリー、観光船や水上バスが往きかいます。

    

佐保姫も大好きと言っていた「しだれ桜」とてもチャーミングです。

                  

中央王橋手前の一帯のマンションはかなり高級で、一説には松井選手もオーナーとか?夜桜見物しながら宴会もたけなわになるでしょう。

          

佃公園に向かう途中の桜では鳥が花をついばんでおとす作業中、、何の意味があるのかわからないけど、最後に一枚花が落ちる瞬間が撮れました!

    

住吉神社には「鰹塚」なんて面白い物もあります。この辺りだけ通っていると江戸時代にタイムスリップした気がします。高層ビルを見上げなければ、、

    

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギン引っ越しセンターです(*^_^*)

2015年03月30日 | 日記

ヨモちゃんが実家に戻り、あんころ姉さんが月島に引っ越すことになったので、ぼちぼちノア君で運んでいたのですが、いよいよ大きなものを運ぶべくレンタカーを借りて引っ越しです。

あんころ姉さんが色々引っ越し会社を当たったようですが、ピークのシーズン、、ずいぶん見積もりも高額だったとか。

面白エピソードは某会社に問い合わせたら「IKEAの家具はありますか?」と聞かれたとか、「はいソファが」と答えたら「IKEAの家具だけは保証できないのでご了解ください」と言われたとか(@_@;)他の会社はどうかわからないけど、こんな会社もあったってこと言う事実です(笑)

我が家の場合は通常人手はあるので節約コース、「ニッポンレンタカー」で2トントラックを予約しました。ガソリンを入れないで返却・保険付きでも5時間で12000円以下です。

ぼちぼち荷物を運んでいるときに姉さんがペンギンのトレーナーを着ていたので我家的に「ペンギン引っ越しセンター」ってのが乗りで創設された次第です。

さて、朝10時から開始予定で8時半にすずかけ村を出たのですが、この日はアクアラインに向かう車で湾岸線は大渋滞、、失敗したか?でも東名も都内の首都高も同じくらい混んでいる。

葛西に到着したのは10時半過ぎ、、本日は姉さんの同僚で若手現代っ子ナイスガイの(*^_^*)SILK-BOY君がお手伝いに来てくれるとか、、えー?気ぃ使うがな。

とか、言いながらヨモギライダーがいないので長身でリーチのある若者は本当に戦力になって助かりました!!

現場リーダーの餅之介兄さんはもちろん的確な指示と積み下ろし、さらにトラック運転で今回も大活躍!彼なしに引っ越しはあり得ません(-_-;)

    

ヨモちゃんは主に応援係?でもなく結構働いています。にょろも参加、(お邪魔犬)ですが我が家のイベントなので強制参加。ヨモギ源氏は還暦過ぎなので除外(笑)

まずは不要な家具をwebで申し込んでおいた江戸川区のごみ焼却場に運びます。持ち込むとだいぶ安くなるようです。幸い近いのでこれは正解です。町田にはまだない23区S!

    

葛西⇒月島は8キロも離れていないのであっという間に到着、ヨモちゃんはトラックの荷台に乗って来たかったらしいけどさすがにNGなので停車中に記念撮影(笑)ピンクのリュックとDUNLOP CAP混みで、これがペンギン引っ越しスタッフの制服、という設定らしいです(@_@;)(よく分らんが面白いので良いとします)

    

ちょうど桜が咲きはじめて、途中の深川辺りには桜まつりの幟やら、観光バスも停車中。雨でなくて良かった(*^_^*)最新のトラックはオートマの上にカーナビ+USB含む設備も。

    

葛西に戻って無事にトラック返却して「ステーキハウスVOLKS」でご飯にありつきました。若者がいっぱいだと肉メニューに参加できて楽しい!

デザートのアイス、抹茶もフランボワーズも美味しかった。

      

最後に実家に持って帰る洗濯機をノア君に積んで任務完了!本当にご苦労様でしたm(__)m

実はSILK-BOYはワンコが苦手だと言っていたのに、1歳とはいえ年上のヨモちゃんに無理やり抱っこさせられている(-_-;)この不可能姉妹にはだれも逆らえない、、って実感?

あのぉ職場では大丈夫でしょうか?

    

実はシンガポールのヨモギライダーからLINEで「4/1に帰ります」だって、、引っ越し避けたね(-_-;)最近はそんなこんなでちょっと忙しいが楽しい(*^_^*)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

青春18切符2015春 「大井川鉄道でSL」 その3 散策と温泉

2015年03月29日 | お出かけ

予定では出発まで90分もあるので駅前の観光案内所で聞いてきたアドベンチャーウォークでぐるっと散歩してみました。

              

8つの橋を歩く八橋小道ラブロマンスロードとか、ネーミングするもんですなぁ(^O^)/

                        

大井川にかかる「南アルプス接阻峡大吊橋」を渡って戻ります。こんなオブジェも楽しい。

        

桜が咲き、杉木立の中で森林浴です。花粉症の人には信じられない光景でしょう(笑)「接阻峡温泉駅」に向かいます。

            

まだ時間もあるし、確か温泉が、、とみると駅のすぐそばに「露天風呂」の看板が、、「一生懸命営業中」らしいですが、物音がしない(-_-;)

          

駅のおじさんに聞いたらやっているはずというのでドアを開けて電話を鳴らしたらやっとおばちゃんが出てきてくれて540円払ってお風呂、、当然貸切です!なので写メりました(-_-;)

やっと出発の時刻です。若い女性スタッフが張り切って取り仕切っていてかっこいいです。始発からは関係者のおじさんが2人、旅人のおじさんが1人、途中から家族連れが数組乗ってきました。お勧めプランの割にはマニアックすぎますかね(-_-;)

    

アプト式」というのは実際に体験すると思ったよりも、、普通(笑)すべては井川ダム建設からスタートしているので次回はもっと上流の井川ダムを目指そう!

    

レインボーブリッジ(どこかで聞いた名前だわ)の上を走っているのも自分じゃ見えないけど、少し通り過ぎて後ろを振り返ると良い光景です。

    

千頭駅に戻ってここからは普通の車両で戻りますが、十分レトロな客車です。このまま「新金谷駅」⇒「金谷駅」まで乗って行けます。ここからまた東海道線を乗りついて帰宅。

    

我ながら沢山乗った!大井川鉄道の費用も結構かかったけど青春切符のおかげで長津田⇔金谷が片道3670円のところ往復で2310円だから嬉しいかぎり。暇人万歳(*^_^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春18切符2015春 「大井川鉄道でSL」 その2 大井川と車掌さんが凄い!

2015年03月28日 | 旅行

千頭駅前には5月が楽しみな藤棚、その横にはホット便座のあるまぁ清潔なトイレもあるし、うなぎアイス(笑)SLラテが飲めるカフェ、トーマスお土産も充実しています。

これだけ沢山の観光客が来るのでどんどん良くなるのでしょう。

            

ガイド役の車掌さんはおばちゃん、おじちゃんですが、語り、歌い、ハーモニカを奏で素晴らしいです。ちょうどホームに入ってきた貴重なSLというC101についても自慢げに解説します。お弁当や飲み物や車内限定お土産の販売もナイスミドルのおばちゃん達ですが、いい味出してます。地元一帯で盛り上げる見本のようです。

    

進行方向に向かって右側に大井川が見えてきました。母の育った地区なので私も子供のころから何度も来ているはずですが、こうやって見た覚えは無いので感動もひとしおです。

   

「家山駅」では桜まつりがおこなわれるようで家山往復にお花見時間を取ったお花見プランならかなりお手軽です。ここを過ぎてもまだまだ見所満載。露天風呂をSLから観る=露天風呂の方から見られる(笑)

    

有名な桜とそれに群がるカメラマンを見る=見られる、タヌキ村の駅がある。(沢山のタムキの置物がお出迎え)車内限定販売のオリジナル録音汽笛アラーム付き目覚ましとか、ミニチュアSLとか実際に床を走らせて見せてくれます。

    

この辺りから大井川が左側に来ます。吊橋が見えたり、河原もどんどんごつごつになっていくのが見えます。まだまだ中流域ですが。

        

終点の千頭駅では緑と黒の機関車製作中(笑)orメンテナンス中?

      

川根というのはお茶の名産地です。とにかく沿線は茶畑だらけ、ということで抹茶ソフトクリームです。うーん、クリーム濃度がちょっと物足りないかな(^^ゞ

        

駅前から「接阻峡行き」バスに乗りますが、お勧めコースの割にはなんと貸切でした(笑)あんなに沢山いた乗客は殆ど観光バスに乗って行ってしまいました。大井川を更に上流へ。

          

長島ダムを通ります。発電目的でないダムで、なんと30年近くかかって完成したようです。お国の仕事は優雅です(笑)

「はいここで終点。上にいくとアプトの駅だからね」とこんなところで下ろされてしまった!  次に続く、、、

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春18切符2015春 「大井川鉄道のSLに乗る」 その1

2015年03月28日 | 旅行

最近では機関車トーマスを導入して大変な人気の大井川鉄道、、金谷駅は母の実家最寄駅の島田駅とは近くなので馴染みも深く、子供の頃おじや従姉と一緒にキャンプに行ったのだけど雨が降って川が増水するからということで一旦はテントを張ったのだけど、途中で帰って来たという苦い思い出があります。

それいらい大井川鉄道がテレビで紹介されたりするとアぁ近くに居たのに行けば良かったなぁ、、と思う事が多かったのですが、なかなかチャンスが無かったのですが、

今回の青春18切符で行けそう?サイトが充実しているのでモデルプランも充実しています。迷うところです。じっくり拝見して、お花見時期なのでそんなコースもあったのだけど、まだちょっと早そうだったし、一人だったのであえて鉄子バージョンで「アプト式鉄道」を体験する事にしました。

毎度おなじみすずかけ村⇒長津田駅から(横浜線)⇒東神奈川(京浜東北線)⇒横浜⇒(東海道線熱海行き)⇒熱海(東海道線島田行き)⇒興津(東海道線浜松行き)⇒金谷

     

何で「興津」で乗り換え?と思ったのですが、「金谷」は島田行きの終点よりも更にひとつ西です。「島田駅」から一つ乗り換えするのは不便なんでしょうか?今日も富士山は見えます!

    

興津駅に浜松行きが入ってくる光景です。鉄子しています(笑)近くの家の庭の源平桃が綺麗です。

      

    

金谷駅で降りて地下通路を通って大井川鉄道に乗り換えます。

      

人気のSLはwebで予約しておきます。お弁当も予約できるのでしてみました。乗り換え時間が短いのですが予約番号を伝えて、このコースは「閑蔵接阻峡周遊券」がお得というのでそれをを購入します。本当は二日間で使えば本当にお得なんですけど、周遊券5000円+SL特急券800円です。川根町一帯ではもう桜まつりが始まっているようです。

  

金谷駅(大井川鉄道)⇒新金谷までは小さな電車です。そんなに混んでもいないなぁ、と思っていたのですが新金谷のホームで降りて(@_@;)。年代物の客車の先頭にはSLが!

    

うわっ!凄い人だ!金谷から鉄道で行く人よりも新金谷までバスや車で行く人が圧倒的に多いようです。ツアーも出ていますので。

              

指定席にはお弁当が置いてありました。しかし、かなり古くてばっちり客車の座席だなぁ(-_-;)これが良いかどうか別れるところかも(笑)

     

お弁当は胃が無いので一回では無理だろうと、おにぎりの物にしました。箱には静岡方言、中身は竹の皮で包んであり、食材も椎茸、小えびの佃煮、アユの甘露煮、山芋の漬物、筍、里芋の田楽、鶏のから揚げ、ネーブル、におにぎりふたつとお茶です。これで1100円です。とても美味しいと思いました。半分は夕ご飯です。

          

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すずかけ村と町田の2015年春到来!

2015年03月25日 | 植物

やっと春が来た!我家の庭のオランダからのVIPチューリップはまだもう少しだけど、今年初めて植えてみたミニ水仙、アネモネが咲いてくれた。

    

にょろの散歩も楽しさ倍増!つばき公園の「河津桜」は青空の映えて下から見上げると大きな壁紙か着物の柄の様だ。

          

大好きなレンギョウ、雪柳、ミモザ、モクレン、水仙、沈丁花、すずかけ村の皆様有難うございますm(__)m

    

          

芽吹きもどうもうまく写真が取れないけど(-_-;)ウキウキします。

    

用事があって町田に出たのでちょっと足を延ばして「薬師池公園」に行ってみました。平日は駐車場も無料で嬉しい限り(^O^)/

      

姿を変えた蓮田が淋しいが上品なコブシの花がお出迎えしてくれます。早咲きの桜も、つばきも咲いていて、梅も最終時期ですが見られます。

    

            

毎回プロのしつらえの花壇も今回も素敵です。意外に印象深いのがボケの花でした。

      

カタクリの花もひっそりと咲いていました。

    

梅園近くの「薬師茶屋」の名物はお団子ですが、今日は写真だけ、、

    

菖蒲で溢れる田圃も冬のこの景色も味わいがある、、鳥たちが何かついばんでいるのが春らしくて楽しい(*^_^*)

        

とは言え、もうじき来る桜の季節に備えての静けさな気もします。

    

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おむつケーキ Baby Boy版!

2015年03月25日 | 手芸

北上姫様の長男君がパパになりました!ヨモギライダーと同級生だから決して遅くはないけど、我が家には縁のなさそうなイベントだなぁ(;O;)

ってことでおむつケーキ作ってみました。

ちょうど凝り性のヨモちゃんも手伝ってくれたので、楽チンしちゃいました。あんころ姉さんがオランダでゲットしてきた可愛い柄のペーパータオルとかも利用しました。

    

アニメママちゃんの時のを参考に、でも今回は男の子だから、ってモーターショーでゲットしてきたくまもんのトミカとか、ヨモギ源氏の仕事がらみでゲットしていたトミカラーメン屋さんとか

ムラタ製作所のバイクなどで飾ってみました。三角のは紅茶のティーバッグが入っているけど上に葉っぱがついていて可愛い!産後のままにはカルシウムのお菓子も食べてね!

    

とか、いいつつもチロルチョコとか森永のチョコボールに甘納豆、って私の好きな物ばかり(笑)ブラックサンダーチョコでちょっと男らしさを出してみました(-_-;)

    

本当はバンドマンのRちゃんパパだからギターとか思ったけど、、まぁいいか、、みんなで楽しく食べてくれたら嬉しいな。

めったに足を踏み入れないベビー用品コーナーで見つけた最近の歯磨きおしゃぶりとか(笑)

そして赤ちゃんの名前を聞いて(@_@;) 字は違うけどよみはヨモギ源氏と同じ(笑)

もう少ししたらぜひ顔を見に行こう!おめでとうございます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春18切符2015春 「広重・富士山・東海道」 薩埵(さった)峠展望台⇒由比 東海道広重美術館

2015年03月19日 | 青春18切符

広重様の東海道53次の「由比」の構図と一緒ということで広重ファンが集う?薩埵峠展望台まではもう少し。富士山ちゃんと見えるか?ミカン畑をワクワク進みます。

    

ぎゃ~~見えました!少し雲もかかっているけど雪の部分は完全に見えています。なんて嬉しいんでしょう!!桜もちょっとですが開花です。

    

どうですか?江戸時代に書いたこの絵と同じ構図です。大好きな富士山、東名、東海道、空と海の青に山の緑。もう言うことありません(^O^)/

     

嬉しくてついついお願いして写真撮ってもらいました。喜色満面というのはこの事です(笑)

    

見知らぬ方とも会話がはずみます。浜松から、名古屋から、富士からわざわざここに来られるようですが以外に浮世絵の事はご存じないようです。富士宮から来たご夫妻は「いつも富士山が近すぎて、、たまには遠くから見てみたい」などと贅沢な悩みを(笑)

由比側に歩いて行くと「駐車場」があってここでもミカンを売っていました。1袋100円だったので買ってみました。もちろんここらも絶景です。

    

     

富士山を見ながらミカン畑を下りて行きます。びわの木にも袋掛けをしている時期のようです。多分由比→興津よりは富士山が見える角度としては反対で良かった気がします。 

    

    

由比駅に向かう途中は東海道の名残を残しています。倉沢地区には桜えびで有名らしい「くらさわや」がありました。入館料500円の「あかりの館」はスルーしましたが無料の「名主の館小池邸」はちょっとお邪魔しました。

          

さすがにここまで歩き続けたのでくたくたです。やっと由比駅に到着しました。前回ここから美術館まで歩いたので今回はタクシーを利用しました。私には超珍しい(笑)タクシー!

850円ですが運転手さんに貴重なお話を戴きました。前回は歩いた「蒲原駅」までは本数少ないけどバスが出ているってこと、今日の富士山は昨日の雨で雪が戻って綺麗になっていたし、空気も澄んで最高!そして興津⇒由比方向は正解だってこと(^O^)/

    

ミカンしか食べていなかったので、前回は入らなかった「おもしろ宿場館」の2階の窓から東海道と海が見えるレストランで、桜えびのかき揚げ!単品で390円で幸せです。

       

「東海道広重美術館」今回の展示は、 徳川家康公顕彰四百年記念事業大御所さまの東海道 ー五十三次旅景色ー 家康さまはおまけで(-_-;)メインはやはり53次でしょう。

「保永堂版」よりはあっさりした作品ですが、絵の中の標題の字体が行書なので「行書版」らしいです。装飾的な隷書体で書かれているのは、通称『隷書東海道』と呼ばれます。

この他に「竪絵(たてえ)東海道」というものと合わせて4種類あるそうです。なんと3/31からこの『竪絵東海道』が展示予定で、まだ青春切符で行ける時期なので行くかな(笑)

    

美術館の方にバスを確認したら蒲原、富士保方面に行くのは「ふじバス」ですが、大通りまで歩かなきゃいけないので、由比駅でもよければ、「ゆいばす」というコミュニティバスが目の前の正雪紺屋前から出ると言うことで、利用しました。バスを利用して来る人は少ないんでしょうね(-_-;)

せっかくなので、記念にトンボ柄の印伝の判子入れと、桜えびサブレー、清水の栗せんを買いました。

      

14:56発のバスは貸し切りで、由比の駅まで町中をぬけて走ります。この200円もありがたい限りです。次回は上手く利用すれば往復これでもいいかな?

    

3:17分発の熱海行き⇒から熱海の乗り換えで来た電車が「小金井行き」でちょっと(@_@;)熱海始発なので座れたのはいいけれど、さすがに山道込みの14,000歩は久々で疲労困憊なんと横浜乗り越して川崎まで行ってしまいました(-_-;)東海道線のひと駅は大きい、まぁ乗り放題なので良しとする。そして昨日今日と足が完全に筋肉痛でございます(笑)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加