草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

豪華絢爛神社仏閣?7月歌舞伎座昼の部は異色

2006年07月28日 | 歌舞伎
泣く泣く夜の部を見逃す事になった7月歌舞伎座だが、昼の部のもう少しで見れなくなるところだった。

しかし、玉三郎・海老蔵の泉鏡花を見てみたいと思い強行。

今月の歌舞伎座なんだか雰囲気が違ってる。

当然一幕見は大行列。

1階の売場では玉三郎さんのDVD「鷺娘」なんかを2枚購入するおば様。(1枚はお友達に頼まれたらしい)

ブロマイド売場もいつもの3倍ほどの混みようだ。

客席も当然満席。

1話目の春猿さんは最近テレビでお見かけするが女形に生まれてきたような方だ。
玉三郎さんの得意の「夜叉ゲ池」をご本人と一緒の興業で出来るとは大変でしょうけど幸せな事?

初々しい感じですがちょっと可愛すぎ?

2話目は「海神別荘」海底深くにあるでは、公子(海老蔵)が陸から輿入れする美女(玉三郎)を待っていますという筋立て

目を見張るのは衣装です。

着物のようだがすそは鹿鳴館時代のドレスのようになっている。これも玉三郎さんのアイディアか。

海老蔵さんは海底王国の王子というい設定にはピッタリすぎてなんか、、笑える。

少女雑誌のマンガのようなんだもん。

玉三郎さんは真っ白いドレスに金銀宝飾で飾り立てて、キラキラ眩い。

あまり動きはなくてやはりせりふと衣装とで見せていくというのはちょっと物足りない気もしたが、

最後にはカーテンコールが起きた。

わたしはやはり古典が好きかな。

泉鏡花の本も読んでみようとおもうが。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールスターゲーム@神宮球場w/あんころ娘&Pyon&筋金入りのロッテファン

2006年07月22日 | スポーツ
プロ野球のオールスターゲームのチケットが取れて楽しみにしていたが何せこの天気。

数年前のB'zの伝説にもなった渚園のTypoonライブに参加していた私はそのときの反省を踏まえた?万全な装備完了。

でも神宮に行ってNo Gameも辛い。明日順延は良いがあさっては出勤だよ!

と複雑な気持ちであんころ娘と練習開始にあわせ早めに出発

しかしこのお姉さんの格好といったらサンダル履きに手ぶら?コンビに行くより軽装であります。

「母と一緒だからコインしか持ってない」とのこと。はぁ

そういえばしっかり私のバッグに応援用のユニフォームとタオルは入れてある。

とはいえなんと奇跡的に雨は降らなかったんです。

いやぁ練習のときからオールスターズ(生松坂・川崎・青木・SHINJO・金本・藤川は嬉しかった)はもちろん、私にはなじみの深い今は解説者の元選手(田尾・金村・元木・ギャオス・デーブ・達川etc.)やマスコミの面々(スポルトの三宅さん・リオチャン・武内さんNHKのだれだっけとかいう女子アナ)まで目の前にいて超楽しい。

テレビでも散々やったと思うけどSHINJOは際立っていた。

あんころ娘が贔屓のロッテの里崎選手もHRと最後にクルーンの159kmをヒットにしてしまい優秀選手賞を取ってご機嫌。

持参した『里崎』ボードを掲げ、ロッテのユニフォームを着て、マー君のポシェットという娘と清原のG時代のユニフォームのPYON氏(あんころ娘の高校の同級生で円盤投げの選手ちなみに都ではNo.1らしい)が並んでいるのは妙だが、

ヤフオクでチケットを買ってくださった筋金入りのロッテファンの方も一緒に「このままで行けば里ちゃんがMVPか」と最初から大盛り上がり。

客席には研なおこやピーター発見。

各チームのキャラクターが尻相撲やリレーなどで試合の合間には大活躍。娘は当然ロッテの「マー君萌え~」らしい。

久しぶりの野球観戦だったがオールスター見ちゃうと他が物足りなくなりそう。

今後は年に1回ここに絞って観戦しようかな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かおる姫と勘三郎襲名披露公演@相模原市民会館

2006年07月18日 | 歌舞伎
勘三郎さんが18代目を襲名して昨年は3月から5月まで歌舞伎座で公演を行ったが、今年は地方を回るということで

相模原の分を取ってあった。

月曜がお休みのかおる姫と1年ぶりの歌舞伎だ。

初めていく相模原。

本当は「汗をかかない」モットーで車で行きたかったが

餅の介に先行されたので同じ横浜線に乗って相模原下車&バスであっという間に着いた。170円なり

1260名収容のホールは完売で当日券ありませんとのこと。

勘太郎さんが博多の公演で負傷して参加していないのが残念だが、演目は以前から見てみたかった

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)十種香

八重垣姫 中村扇雀
腰元濡衣 中村勘太郎 変更→中村芝のぶ
武田勝頼 中村七之助

お話はかなりややこしいが、この際ドーデもよく三人の様式美を見せ付ける作品。
八重垣姫はこれが出来たら女形一人前といわれる役だそうだ。

ところが今日はこの姫様真っ青になった。

ふすまの立て付けが悪く、ハズレ、、そうになった。

観客も一瞬ざわついた。が何とか事なきをえた。

ついで口上では勘三郎さんが相模原の川原で大河ドラマのロケをしていました。
のところで盛り上がった。

2作目の「身替り座禅」は先月歌舞伎座で菊五郎さん・仁左衛門さんで見たが、今日の坂東弥十郎さんの奥は一段とでかくて凄みがある。

先代勘三郎さんの十八番だった作品だが、だんだん。乗り移っている

イアフォンガイドの幕間のインタビューで年末の歌舞伎座で「松浦の太鼓」をしたときに我ながら「オー親父にそっくり」と実感したとのことでしたがこうやって一つ一つ重責をついで行くんだなぁ。

勘三郎さんには同級生の☆としてずっと頑張ってほしいな。

かおる姫も身替り座禅は面白かったとのことでやはり舞台は本物よねぇと言ってくれてよかった。

その後相模原駅ビルのDotolでお茶&近況報告。

彼女はかなりの読書家で安東作品も面白がって読んでくれる。

是非この秋の強奪箱根文庫版もよろしく。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「吾輩は主婦である」が終わった

2006年07月14日 | 日記
TBS系列の昼ドラマ「吾輩は主婦である」が40回目を向かえ終了した。

ヨモーギン娘。も私も大好きな宮藤官九郎の脚本・演出だったので最初からHDDにとって1週間ずつまとめてみていた。

週末に見たのでヨモギ源氏も密かに?参加したりした。

夏目漱石が斉藤由貴演じる普通の主婦の体を借りてしまうとう荒唐無稽なものだが

クドカンワールドは活き活き。

時に昭和の文化(八神純子とか)が出てくるし、歌舞伎もあり、時にはワールドカップ、携帯メール、パソコン、ドラえもん・ノープラン・ED・インストールならぬキャミソール

ミーハーな姫のツボに完全にはまった。

向かいのクリーニング屋のやっちゃんとヒロシも最高。

竹下景子さんのぶっ飛び姑も可愛い。

クドカンファミリーの岡田君高橋君

最後に本田博太郎さんまで登場だ。

もちろん主演の斎藤由貴・ミッチーそれにジャンバルジャンのマスターの川平Jも頑張ったよ。

もうDVDになるようだが久しぶりに面白いドラマだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3回目のシネマン坊トークショー@YAMAHAホール銀座  

2006年07月09日 | 映画
投稿者:草もち姫  投稿日:2006/07/09(日) 10:16:49 [HOME] [返信]
I P:219.110.187.29
今回で15回目というシネマン坊トークショーに当選したので今回は北上姫(盛岡出身)と一緒に参加。
今日の銀座は蒸し暑い。しかし各お店SALEの真っ只中大変の人ごみです。
今回は「Cars」「パイカリ(パイレーツオブカリビアン)」「にっちん(日本沈没)」「MiⅢ」「ゲド戦記」をまず取り上げた。毎度おなじみ軽部アナの変装は「ブレーブストーリー」にちなんでの着ぐるみだった。
大好評の来日スター裏話は今回からスター裏話+αということになり放送されないのをいいことに今回も「クイズミリオネア」の裏話から、他局の情報やフジの内部告発まで爽快だ。
お二人ともアナウンサーなので活舌は最高によく、3時間があっという間に過ぎて行った。
今回の特別ゲストは松たかこさんだった。テレビで見るよりもぽっちゃりしていて美しい。映画の初日ということで映画館での初日挨拶からテレビ出演から大忙しでたった20分の拘束時間だったようです。彼女がいる間特別ガードマンが登場。なるほどね。
大吉の効力もなく今回もあんなに沢山当選したお楽しみ抽選会にはあたらなかったなぁ。
今年後半期の映画ほとんど紹介された。「Cars」というのが本当に車しか出てこないというのでちょっと興味があったが見てみたいのは特に無いかなぁ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RAGFAIR七夕唱会(うたかい)@池袋サンシャイン”満天”

2006年07月09日 | 音楽
前回の記事のように取得困難の歌舞伎座初日夜の部を捨てて、選んだRAGFAIRのコンサート。行ってみたら当選は250人、応募総数7500通だったらしい。恐るべし今年のおみくじ「大吉」のご利益。
しかし無料のイベントのせいか、まったく高圧的。
まず整理券の引き換えは午後5時から7時。さらに8時半会場なのに、7時半には並べとの指示。
たった250人の日本人の集団に、しかも7時半には大方の人が集合しているのに、会場はリハの関係で、15分遅れ、あっという間に入場が済んだのに、さらに開演は15分遅れの9時15分。そして終演は9時45分。

七夕と新曲の「降りそうな幾億の★」にあわせて、選曲も「空がきれい」「きらきら☆」「MoonRiver」「見上げてごらん夜の星を]「帰り道」「降りそうな幾億の星の夜」をプラネタリウムの演出で盛り上げたもの、に短いトークを交えたおとなしめのもので、参加者もばらばらの当選者ということや、プラネタリウム会場なので全員着席(大変結構)で、いつものようにワーワーキャーキャーさらにWAVEという風には行かなかったが、最後のアンコールには「会場の関係で今日はアンコールできなくてごめんなさい。夜遅いので気をつけて帰ってください」とコメントしに顔を出してくれた。

整理券引き換えのさいにある程度予想は出来たが本人確認といわれ、「学校が横浜で今日も明日もあるので娘は来られないので」と免許を見せて住所確認。「本当は駄目なんですけど」との言葉に「保護者ですから」ときっぱり(恐るべしマアパワー)それにしても疲れた。
ヨモーギン娘。が喜びそうな選曲だったがやはり来なくて正解だったか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついてる!のかそうじゃないのか?

2006年07月02日 | 日記
RAGFAIRの新曲CDについていた「七夕コンサート」の応募券を貼って申し込んだ。ことも忘れていた位無造作に。もちろんヨモーギン娘。の名前で。
な、なんと当選した。7月7日夜夜八時半からぁ??
「おかぁ(我が家では姫のことをこう呼ぶ)行っていいよ。」なるほど17時から整理券を配って、コンサートは夜の八時半から、終了は1私立高校なので翌日の第2土曜日は学校がある。しかーーーーーも場所は池袋!(東京縦断端から端だ)
ということで母が行く!おーっなんとこの日は歌舞伎座の夜の部をゲットしてあった。
じゃぁ歌舞伎を他の日にずらして、、とチケット予約サイトに行くと。3等席はA/Bともに完売。1・2等席もほとんどない。

ヤフオクに出ているのも跳ね上がっている。確かに、海老様と玉三郎さまの共演では。

猿若小屋という歌舞伎のチケット譲渡サイトで「他の日と交換して」と書き込んだけど、難しいかな?

さらに、土曜日高校時歳の同級生が取締役!!で工場長をしている「ナガホリ」という宝石会社のサマーセールへ。社員用だけど入場券を送ってくれる。

蔦のからまるサザン大学4年生のあんころ娘には周りが結構坊ちゃん嬢ちゃんでいつも肩身の狭い思いをさせているようだが、アクセサリーに全く興味の無い母の面目躍如のため、しかも心臓移植の今井友樹君の応援にはナガホリもロッテも協力しているということで、そのままマリンスタジアムに直行する前に同行したのです。

お買い得品と首周りが太くて気に入ったペンダントができない母のために。50cmの金のチェーンを購入。あんころ娘はお友達のプレゼントにとお買い得2品入りのなかからさらに1つ取り出して(Pinky&Dianとかいうブランド)専用箱に入れてラッピングまでしてもらった。
入場券がお楽しみ抽選券になっているので出口で抽選。3回目だけど毎回残念賞の生ラーメンなので姫は大きな袋持参でいっています。

が、今日だけはポロっと出てきた玉は緑色のエメラルド賞!なんとANAの商品券だ。航空券ではなくて、カタログの中から好きのものを選んで注文できるというもの。

知人にメールした。「なんかラッキー。でも交通事故にあわないようにします」

まだ続く。家に帰って賞品披露したところ、「海鮮しゃぶしゃぶセットがいい」「アイスクリームセットがいい」「明太子とたらこの詰め合わせがいい」「やはり牛肉!」と家庭内論争に、、最終的には何にしよう?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加