クサンティッペの憂鬱

50過ぎて毒親と同居。一気に子供の頃の気持ちに逆戻り。晴れて別居できたものの毒親の毒素を抜いて生まれ変わるためのブログ。

同居して起こったこと その4

2016-09-18 09:17:37 | 現在
クサンティッペは三年くらい前からひどい耳鳴りと難聴に悩まされています。

いくつか耳鼻科にかかりましたが、いつも同じ薬が処方されるだけで、改善はしません。

加齢による難聴にしてはまだ年齢が若すぎると言われ原因不明の進行性の難聴です。

大きな病院を紹介されるでもなく、しばらく様子をみましょうで終わってしまうので、ずっと放置状態。

ケメコさんとの同居で困ったのがこの難聴。

そもそもケメコさんは口をはっきりと開かずにボソボソ話す人。
自分の声は通らないからという割に、ハッキリと話す努力はしません。

難聴であるクサンティッペは何度も聴き直します。

あまりになんども訊き返さなければならないので、「難聴があるから聞こえない時がある」と話しておいたのですが、構わず話しかけてくる。

愛息くんや、夫も何かとクサンティッペに聞いてきますから一気に3人がクサンティッペに話しかけてくることもあります。

難聴持ちには非常にきつい。

その頃、難聴を改善するというCDを朝、家事をしながらヘッドホンで聞いていました。
ヘッドホンをしていても話しかけてくるケメコさん。

「ごめんね。難聴を直すためにヘッドホンしてるから聞こえない」と言っても話すのをやめないケメコさん。

難聴直すCDはあきらめました。

クサンティッペの後ろ姿に話しかけられるとさらに辛い。
何を言ってるのかまったくわからない。

何度も聞き返すと向こうも苛立ってきます。

売りことばに、買いことば。
最初はピエロを演じていたクサンティッペもさすがにゆとりがなくなってきました。

そんなある日ケメコさんが自慢げに言いました。

「あんたが耳が聞こえなくなったわけわかったわ。パパ(クサンティッペ夫)の話を聞きたくないから難聴になったのよ」

はあ?

クサンティッペの難聴の原因は耳鳴りです。
耳鳴りの原因は仕事のストレス、大震災のあとの無理な通勤や、PTAでの多忙など自分の体を酷使したせいです。

夫の無駄話が難聴の原因?

冗談ではなくて真面目に言っていました。

夫の話が原因であるならばケメコさん自身の話が原因とは考えないのか??

他の誰かに同じことをケメコさん原因と言われたらどんな気持ちになるのか?

この人の思考回路がわからない。
言っていいことと悪いことの区別がつかないのか。

疲れました。
本当に。

そしてまたさらに言われます。

日々は過ぎていき、ケメコさんの聞き取れない戯言を何度も聞き返すのも嫌になり、半分くらい聞こえなかったと知らないふりをしていましたが、やはり何かを言われたとき出す。

「どうせあんたは◯◯◯だから。」

障害のある方への差別用語でした。
差別用語を使うことにも嫌悪しましたが、自分の娘にたいして使うことにも驚きと悲しみ。

この人は母親じゃない。

心の底から思いました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

毒親に悩まされている皆さん、今日も1日自分のために頑張りましょう!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔話(遊んでいて怒られたこと) | トップ | 愛猫が虹の橋を渡りました »

現在」カテゴリの最新記事