リタイヤ親父の暇つぶし

ぼけ防止に日常のこと、趣味の燻製、スキーを書いています。(カバー画像は元会社の先輩のNさんのスケッチを借用)

山林の境界のデータ化進行中

2016年10月29日 | 山林管理
先祖代々から引き継いでいる山林を持っているが都会にで生活している人には自分の山の位置も境界も全く分からない人が沢山います。地籍調査で立ち会っても他人の言うままになるしかありません。そういう私も自分の山へ一人で行けと言われてもいけない山があります。このままでは次の代になると大変なことになります。そこで山林の位置と境界を地籍データとGPSを活用してデータベース化を進めることにしました。

これは地籍の座標から作成した山の境界です。スマートフォンにこの地図をインストールしておけば現場でのGPSで簡単に場所を特定できます。一方地籍が終わってない山林は山林の地図と航空写真を比較しながら境界を決めて取り敢えずデータベースにしました。この中で杭を打っているところは杭のGPS座標を測定し境界の精度を上げていきます。境界がはっきりしていない山もありますが取り敢えず大まかな位置をデータベースにしました。一応全ての山の位置がデータベースにすることが出来ました。これで次の世代の苦労は大幅に削減出来たはずです。多分9割ぐらい楽になるはずです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いばり仔豚が届きました | トップ | 山林位置データをGoogleEarth... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL