リタイヤ親父の暇つぶし

ぼけ防止に日常のこと、趣味の燻製、スキーを書いています。(カバー画像は元会社の先輩のNさんのスケッチを借用)

和歌山での用事

2017年05月26日 | 和歌山通信
5月25日(木)
朝9時すぎに和歌山の役場に行き事前にお願いしていた宅地の地籍調査のデータをもらいに行きました。データの量に関係なく1筆700円、地図は300円/枚でした。9筆と地図1枚で合計6600円かかりました。
10時~12時まで大工さんと倉庫内に宿泊施設を作るための打ち合わせをしました。





和室、ベッドルーム、リビング、バストイレに土間で20人が食事できる台所を検討しています、今日は建物のサイズを測りました。
●ブルーベリー畑


クレソンは一部枯れてしまったものも有りますが種を付け始めました。エンドウ豆に似た小さな袋が黒ずみかけています。

ブルーべりーは沢山の実ができており後1ヶ月で収穫出来そうです。今年も対大量にとれそうです。
●豚肉加工工場TONTONを訪問しました。
知り合いの息子さん夫婦が養豚場加工工場を経営しています。

午後1時30分に工場を訪問しました。餌に抗生物質や薬を使わずに死んでいく豚はそのままにして生き残った豚だけをハム、ソーセージ、ベーコンなどに加工して販売しています。以下ネットで検索できます。
 ・ふれあい牧場・和歌山ポークトントン
 ・ふるさと納税サイト
 ・トントン豚肉のページ
 ・いよいよPHFコーンに切替えます。TONTONのハム
 ・和歌山ポークTONTON
 ・とんとん有機農場

ベーコン約300g1200円を買って帰りました。ヤマギシ、いばり仔豚と食べ比べをしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地籍調査結果の座標変換を楽... | トップ | こだわりベーコン食べ比べ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL