素晴らしき夢のような日々(ブログ版)

「おやすみ」と「おはよう」で毎日が暮れていく・・
平凡だけど、素晴らしき夢のような日々・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺オスカー進呈したいドラマ話。

2009年06月03日 00時24分24秒 | Weblog
ってなわけで掃除機をかけれないホコリだらけの部屋で、


クリオレ飲みつつ、キャメルをくゆらせながら、


第1話から最終話まで、片時も眼を離さず、


時に頬を濡らしつつ、
時に大笑い&苦笑いしつつ、
時に舌打ちを鳴らしつつ、
時に鼻息荒くしながら、



ばっちりきっちり観させていただきました!



なにをって?


ドラマおたく九龍の、ど真ん中すぎて、
絶対観なくてはならないこのドラマ。щ(゜Д゜щ)カモーン!!



「本日も晴れ。異常なし」
~南の島駐在所物語~

http://www.tbs.co.jp/hon-hare2009/



DVDハードディスクプレーヤーにV(録画)しておいて、
ずっと観れなかったから、もう我慢できなくて、抵抗できなくて、


なすがままにこの身体と意識を委ねてみたよ。


そう、那瑠美島の青い空と白い雲にさ。

(゜Д゜)y─┛~~



---------------------------------------------------------


いやしかし、どっから喋ったらいいんだろ?(゜Д゜;≡;゜д゜)


って思うぐらい、かなーりきまくってます!



まあ、大雑把なストーリーを語れば、


白瀬遼演じる坂口憲二が、新宿の○暴担当の刑事でね、
ある事件をきっかけに、思い新たに那瑠美島という離島に
駐在として赴任してくるわけなんだけどね、


そこで織りなす、那瑠美島の

・島民たちとの触れあい。
・子供たちとの友情。
・島の自然と南十字星。

を通じながら~の、

・駐在の苦悩と希望。
・優しさとやるせなさ。
・島民たちの辛い過去と自分の辛い過去。


をほどよくミックスしつつ、


「冗談さ」と「真剣さ」をスパイスに味付けを施した
ほんのり甘酸っぱい『ラブストーリー』って感じ。




どんな話だよ(笑)



まあ、『離島の熱血駐在さん奮闘記』なんだけどね。

(一言で片付けやがったw)


---------------------------------------------------------


まあ、キャスト方面なんですけども、


なんといっても、主役の「坂口憲二」は間違いないねぇ。


憧れるぐらいオットコ前でいい男だし、演技も上手い・熱いし、
離島の駐在さん役としては本当にハマリ役だと思った。



お父さん「世界の荒鷲」だかんね!間違いない(笑)



また、脇を彩る俳優も味ある人ばかり。
(青木崇高、岡本 麗、近藤芳正、青山倫子、宇梶剛士、遠藤憲一、布施博、前田美波里etc)


なかでも、ミツヲと校長役だった青木崇高・近藤芳正はいいねぇ。


彼らが出てくるとピリッとするもんなあ~。(゜д゜)
観てて安心すらする「その安定感」。あんたらたまらんよ!


---------------------------------------------------------


と、まあ、またもや外堀から話しておいて、


ようやく一番語りたかったこのお方のお話。(お約束パターン)



西門うらら先生こと『松下奈緒』!!
キタ━━(゜∀゜)━━!!!!




もうね、今回のこの離島の先生役なんて、絶対『反則』です!


だって、「山羊とヘチマと老人」しかいないこの寂れた離島にだよ、



あからさまに似つかわしくない、その綺麗な風貌端麗な容姿


間違えて舞い降りてしまった『女神さま』なのではないか
と思うぐらいの圧倒的な美しさとその存在感


清廉でいて、かつ上品なその佇まいに、誰でも眼を見張るはず。


っていうか、俺の中の女優ランキングが大きく音を立てて変動し、


今、九龍の中の女優№1の座を占めつつある(笑)あぶねぇ!


またね、そんな学校での優しく綺麗な先生がさ、

学校や外での立ち振る舞いをよそに、

家に帰ると、長い後ろ髪をたばね結わいて、派手な部屋着に着替えつつ、

缶ビールをプシュッと開けて、豪快にグビグビ飲みながら、

SPAM缶をツマミにダラダラしながら、悪態つくわけよ(笑)



何それ?そのギャップはなんなん?(笑)



もうその立ち振る舞いで、「すっかり心を奪われちゃう」って寸法さね。



すげえよ、松下奈緒!俺オスカー差し上げちゃう(笑)



そんで、オットコ前な坂口憲二と恋愛な駆け引きしてみ?



夢中で9時間魅入った俺の心情がわかるかい?

わかっていただけるかい?( ´_ゝ`)フーン



---------------------------------------------------------


とまあ、ちょっと書いてて必要以上にアツくなってしまったがw、

こんなに素晴らしく血湧き肉躍るドラマが、あまりの低視聴率で、

実際は全10回やるものの、9回で打ち切りになったらしいんよ。



ちょっとTBSさん、なんなの?馬鹿なの? ←言い過ぎ。



おかげで、最後の方は、もっと語られるべき所が詰め詰めになってしまい、
いきなりすぎる展開に「あれ?」って思っちゃう感じに。。


テーマもいいし、演出もとても上手いし、感情移入できる秀作なのに、

せめて最後ぐらい、もうちょっと時間をかけて、

視聴者に余韻を味あわせて欲しかった感は否めない。。。



だからさ、だからね、『続編』ってやつ作ってみないかい? (*´∀`)σ



駐在さんと西門先生が結婚しててさ、小さい赤ちゃんもいたりして、
そこで、美波のドタバタな高校生活や星太の初恋とか盛り込んで、
島の自然と南十字星にまつわるくだりをちらばめたりして、エトセトラetc…


そんな妄想が口の脇からチョロっと出しながら、


この素晴らしいドラマを観れたことに、おっそろしく感謝しつつも、


さっきまでいた「青い空・青い海・綺麗な星空・松下奈緒」から、


また、ホコリだらけの現実な一人暮らし部屋に戻ってきちゃったわけで(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掃除に振り回される昭和初期... | トップ | 新しくなった「そっち」方面。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山倫子 ブログ関連 最新トピック (青山倫子 画像・動画 最新情報ブログ)
金田美香と中澤聡太が結婚 - 映画DVDランキング 映画大好き ...脚本:深沢...