ふれ愛のつどい(様子)

2017年02月13日 | Weblog
今日は先週の土曜日に行われた
「ふれ愛のつどい」の日の1日の様子について書きます。
くどいようですが私は参加していないので、職員さんから聞いた情報と
舞台発表の動画を観て書きます。

午前10時、トップバッターで15分間の舞台発表をしました。
舞台発表の司会は職員の小倉さん、いやいや、あの「オグ太郎」さんが
またふれ愛のつどいのためにわざわざ来てくれて司会をやってくれました。
最初に一発、ネタで仲間の緊張とお客さんの笑いを取って、順番に桃ちゃん
と奈々ちゃんがくるみのお店とくるみのパン屋さんの紹介をしました。
まず桃ちゃんがくるみのお店の作業内容と喫茶コーナーについてイラストが
描いてある紙を持って説明しました。言葉ごとにゆっくりはっきりと言っていて
言葉と言葉の間も非常にうまくてとても耳に入りやすいしゃべり方をしていました。
でも職員さんによると、堂々としてるように見えて結構な緊張しいなんだそうです。
この時も顔は紙で隠れていたけど緊張していたのかなー。
続く奈々ちゃん。
奈々ちゃんは、くるみのパン屋さんの商品とイートインスペースの紹介をしました。
普段は早口で一生懸命しゃべってるけど早いのと自分が伝えたい気持ちが
大きすぎて、なかなか何を言っているのか分からないのですが、
きっとこのふれ愛のつどいのために言う事を何度も何度も
練習をしたのかびっくりするほどはっきりと正確に言葉を言って
いて正直私は、こんなにちゃんとしゃべっている奈々ちゃんを初めて見ました。
非常に落ち着いていてとても聞きやすかったです。紹介の後は、
みんなで毎朝練習してきた恋ダンスならぬバリダンスを披露しました。
完璧に覚えて踊れる仲間もいますが、サビの簡単な部分だけ踊る
仲間もいれば笑顔を振りまいて雰囲気を楽しんでいる仲間もいて、
それなりにみんな楽しそうにやっていました。
そして舞台発表が終わりすぐにお楽しみのカラオケに行きました。
お店は、いつも使っているヴォイスキャッツで4グループに分かれて
2時間歌いました。
野呂くんが妖怪ウォッチを歌ったり奈々ちゃんが十八番の夢芝居を自前の扇子を
持ってきて満足そうに歌っていたり、また歌っていない仲間は、それぞれ事前に
注文したランチを一生懸命食べてあっという間の2時間を過ごしたそうです。
一方、文化会館の1階では、朝10時から職員の筒井さんがずっと販売をしてくれていました。
売った物は、佃煮やパン缶、手作り品、またくるみの里とくるみのお店のクッキーも販売しました。
土曜日は朝、雪が結構ちらついていたので、お客さんが来てくれるかなーっと不安だったようですが、
文化会館で販売する時しか来れないお客さんがたくさん見えて
どの商品が飛びぬけてよく売れたとかは無く全体的にすごく売れたようで
クッキーは完売、佃煮もほぼ完売、手作り品も持って行った数の半分以上が売れ
予想以上の売り上げになったそうです。
すごく寒い中買いに来て下さって本当にありがとうございました。

こうして今年のふれ愛のつどいも大きなトラブルや問題もなく無事に成功で終えることが出来ました。
参加したみなさん本当にお疲れ様でした。そして職員の筒井さん1日販売担当ありがとうございました。

悠花(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふれ愛のつどい(告知) | トップ | こんな活動もやってます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。