太陽電池と水耕栽培と。。。 Season 8

いえのかたすみで野菜づくりin茅ヶ崎

きゅうりの苗を植えて、Wハイポニカに。

2010-04-18 | きゅうり

ごきげん野菜さんのモニターに選定され、ホームハイポニカ601型を送っていただきました。うちのベランダはWハイポニカとなりました。

ごきげん野菜ホームページへ

 
 一昨年10月に購入した601型と比較するといくつか改善されている点がありました。器の直径が約2cm大きくなり、器を支える土台も大きくなっていました。安定感が増し、よかったです。昨年ミニとまとを育てていたとき、強風でハイポニカが横倒しになったことがありました。

ポンプが一回り大きいものに変わっていました。また、コンセントのコードが短くなっていました。下の写真の左側が旧型(1年半使ってきたために汚れがついています)、右側が新型です。電気料金は旧型と同じ70~100円/月とのことです。

 

この新しいハイポニカにはきゅうりを植えることにしました。うちの2歳の息子が大好きだからです。太陽電池を電源とした水耕栽培はミニとまとに任せ、きゅうりは通常どおり商用電源を使うことにしました。苗の根っこが長かったため、傷つけないように注意して設置しました。ポンプはコンセント差込口までコードの長さが足りなかったため、さしあたって旧型を使うことにしました。

Wハイポニカはうちのベランダで、より大きな存在となりました。成長に合わせてどこに設置するか考えていこうと思います。

  

太陽電池の場所を南寄りに動かしました。これから夏にかけて陽がどんどん高くなります。そうなると、ベランダに差し込む陽は南寄りになり面積が小さくなっていきます。

 

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栽培槽へ勢いよく水が流れ込... | トップ | ハイポニカ付属ポンプの威力... »
最近の画像もっと見る

きゅうり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事