太陽電池と水耕栽培と。。。 Season 8

いえのかたすみで野菜づくりin茅ヶ崎

ミニとまとに”トマトサビダニ”疑惑。。。

2010-07-13 | ミニトマト

 ミニとまとの葉が黄色くなり始めている状況について、ごきげん野菜の店長さんに問い合わせしてみました。

 ごきげん野菜ホームページへ

うちではトマト、ミニトマトには毎年トマトサビダニが発生します。ご心配されているミニトマトの方がそれの可能性があるのですが・・・。葉が枯れている付近の茎が茶色の錆色になりかけていませんか?肉眼では見えない小さなダニで、葉を枯らしていきます。これから梅雨が明けるとどんどん増えて次々と葉や枝を枯らしていくんです。

ダニについてはまず発生している葉を切り落とし、殺ダニ剤(化学農薬)を3日間隔で3回ほど散布すればよく効きます。

ですが家庭菜園、ここは化学農薬を使いたくない方が多いはずと粘着くんのような化学農薬でない農薬でこのトマトサビダニを撃退できないか?毎年試しています。そこで我が家では粘着くん、コロマイト、アーリーセーフの3種類で散布しています。 何事も早期発見、早期対応がベストです。


ミニトマトの茶色の葉がきになります。茎まで茶色になっているようであればトマトサビダニの可能性が高いので、周りの葉を切り取って、粘着くん、コロマイト、アーリーセーフなどの薬を霧吹きで洗い流すようによーく吹きかけてやってください。散布の時間帯は早朝の涼しい時間か夕方でお願いします。

これらの薬は成虫には効いても卵や幼虫には効かない場合が多いので、卵や幼虫が大きくなるころ、再度散布する。それで3日間隔で3回の散布ということになります。

元気に復帰してくれるといいのですが。

*****

 改めてミニとまとをよく見てみると、茎が茶色になっています。

 

これは、トマトサビダニにやられてしまっていると考えてよさそうです。。。慌てて黄色くなっている葉を切り落としました。根に近い部分がかなりすっきりしてしまいました。新しい脇芽はでてきているようです。

その後、きゅうりのために購入した粘着くんを霧吹きで全ての葉、茎に吹きかけました。

これ以上、被害が広がらないとよいのですが。。。
 


この記事をはてなブックマークに追加