太陽電池と水耕栽培と。。。 Season 8

いえのかたすみで野菜づくりin茅ヶ崎

微生物資材について考える。

2010-04-24 | ミニトマト

ハイポニカのモニターに選定していただいたとき、ごきげん野菜の店長さんより耳よりな情報をいただきました。それは、「光が当たっている時のみの栽培(ポンプによる水の循環)では根が傷んでしまいます、 液肥の中に微生物資材を入れて栽培することで24時間稼動と大きく変わらない生育をさせることができました。」というものでした。 

ごきげん野菜ホームページへ

微生物資材??

店長さんに更に情報を頂きました。

**********

水耕栽培では根が水に浸かった状態のため酸素不足になると根が腐りやすくな、根腐れの病気が発生しやすくなります。それを回避するためにハイポニカでは24時間循環することを基本としているのですが。

最初から夜は停止して昼は動く、特に光条件がいい日はよく動く、という条件であれば植物もそれに対応するのでは?と考え一昨年うちでも太陽電池による昼間だけ稼動の水耕にチャレンジしました。するとそれなりには生育するので、それ単体で見れば大きく育ち、収穫もしたのですが、 比較栽培したものに比べると根の状態が悪く、トマトサビダニという害虫が発生した時にガタガタっと被害が広がってしまいました
やはり根が弱いといろいろな面で抵抗力が弱ってしまうのかな?といった印象でした。
そこで昨年は改善点として液肥に微生物資材SSIを入れたのですが、これは農業の水耕栽培で実際利用されている微生物資材で、三重県の「みえの安心食材表示制度」で安全な資材として利用を認めてもらっている資材です。

なぜ水耕の液肥に微生物を入れるかというと、酸素不足、温度の上昇、などで液肥内に根を腐らせる菌が過剰発生すると根腐れが発生する。→ではその根腐れ菌が過剰に増える前に害のない別の菌で液肥をいっぱいにすれば根腐れの害が少なくなるのでは?っと言った原理です。殺菌、滅菌といった菌を押し殺す対応ではなく、共存する方法です。

昨年の栽培に関してはこれで改善されたように感じています。

**********

 更に店長さんに詳しい情報をいただき、微生物資材にチャレンジしてみようと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

太陽電池ポンプの稼動時間を一週間測りました。

2010-04-24 | 太陽電池

先日ご紹介しましたが、ミニとまとは太陽電池で発電した電気をバッテリに溜め、この電気をポンプの電源に使っています。一日中ポンプを回すとバッテリがあがってしまうので、光センサーで日中だけポンプが稼動するようにしています。

4月16日の一日間、光センサーのポンプ側電圧を測ってみたところ、6時30分から18時までポンプが稼動していることが分かりました。

その日の天気によってポンプの稼動時間がどのくらい変わるのか興味をもち、一週間にわたってポンプの稼動状況を調べてみることにしました。方法は、16日と同様に光センサーのポンプ側の電圧を測るものです。測定間隔は30分。電圧が12V程度になっているとき、ポンプが稼動していることになります。

その結果、ポンプ稼動時間は以下のようになっていました。

  • 17日(土)晴 6:30~18:00 
  • 18日(日)晴 6:00~18:00
  • 19日(月)晴 5:30~18:00
  • 20日(火)曇 5:30~17:30
  • 21日(水)晴 5:30~18:00
  • 22日(木)雨 6:00~17:00
  • 23日(金)雨 6:00~17:00

 

とりあえず、天気に関わらずポンプは動いていますが、雨や曇りの日と晴の日の稼働時間を比較すると、30分~1時間30分の差があることが分かりました。少なくとも葉が光合成をしている日中はポンプが水を回転させ、根に酸素や栄養分を供給してくれているようです。

グラフにおいて4/18、19、21の電圧が12時頃山のように上がっていますが、これは太陽電池に陽の光が十分にあたったためです。太陽電池が陽の光によって発電していることが実感でき、わくわくします。 

今日は晴れ。ミニとまともきゅうりも太陽電池も太陽の光をいっぱいに浴びています。


この記事をはてなブックマークに追加

きゅうりの葉に穴が?

2010-04-24 | きゅうり

毎朝、出勤前にWハイポニカをのぞいていくのが楽しみです。ポンプの汲み上げる水の音が川のせせらぎに聞こえます。さわやかな気分になります。

ミニとまとは、順調に育っています。昨年同じ時期にハイポニカ(付属のポンプ利用)で育てたミニとまと比較しても違いは見うけられませんでした。

 

一方のきゅうり。苗を買ってきていたときから生えていた葉の端が黄色っぽくなってきています。また、新しく生えてきた葉には穴があいています。葉の裏側をのぞいてみたのですが、青虫がいる気配はありませんでした。今週の半ばに液体肥料を追加してみたのですが、状況は変わらず。様子をみてみようと思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加