太陽電池と水耕栽培と。。。 Season 8

いえのかたすみで野菜づくりin茅ヶ崎

【SideStory】カーネーション、つぼみが開きそうです。

2017-04-22 | 日記

昨年、秋に枝を水につけて、根がはえてきて、鉢にうえてあげて。ついに花が咲きそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

今日は曇天。ミニトマトは今シーズンはじめてのつぼみが開きつつ。

2017-04-22 | ミニトマト

 

 

つぼみが開きつつあります。

根っこに近い葉はまるまって、ちょっと黒ずんでいます。毎年、苗を土から水耕栽培にうえかえたときはこんなかんじなので、気にせず。

太陽電池で発電した電源をバッテリに蓄電し、光センサーが明るさを検知しているときのみ回る循環ポンプ。ちゃんと動いてくれています。

↓こんなかんじで、水耕栽培(ハイポニカ)、バッテリが入った箱と光センサーが入った箱、太陽電池が並んでいます。

太陽電池、購入してから20年近くたちます。今年になって気づいたのですが、いち部分で色が変色してきています。紺色であるところ、明るい青になってきています。

近づいてみると、配線部分が白くなってきているのもわかります。

これでどれだけ発電量が減ってきているのかは、わからないのですが。。

でも、循環ポンプを回すだけの発電はしてくれているようです。


この記事をはてなブックマークに追加

今日は天気よく、ミニトマトも背すじがピンッとしています。

2017-04-19 | ミニトマト


ピンッと。
おとといの朝はまるまっていました。



土から水栽培にかえた直後は、いつもまるまります。

この記事をはてなブックマークに追加

太陽電池ハイポニカでミニトマト栽培、シーズン8のはじまり

2017-04-15 | ミニトマト

太陽電池で発電した電気をバッテリに蓄積、この電気をつかって光センサーがスイッチONになる日中のみポンプで水を循環させる。

そんなしくみでミニトマトを育てて、8年目のシーズンとなりました。

今年も”アイコ”を育てます。

 

昨シーズンからずっと外で待機していたハイポニカ。7年もたつと、発砲スチロールがかけたり蓋が日にやけて赤色が白っぽくなっていたりしますが、まだいけそうです。

 

苗、うえました。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン終了。ミニトマト。。。

2016-08-21 | ミニトマト

やっぱりだめでした~

栽培層の水が減りません。まだまだ暑い日が続いているのに。ミニトマトが水を吸収していないのだなと。

茎や葉をとりのぞいて根っこを見るとこんなかんじ。茶色くなっています。

おつかれさまでした。今年も楽しませてもらいました。

 【これまでの収穫数from16.6.19】

  • 200個

 

発泡スチロールが茶色くなっています。ふちはべとべと緑色。

 

水の中見ると、くねくね動いているぼうふら。。。大量にいます。こりゃ蚊が発生しますわ。

赤い器にはなめくじがいました。。。

7年間つかって、発砲スチロールもくたくたになっています。

発砲スチロールとプラスチックの器の間にこけがはえています。

栽培層の底もおつかれさまでした。・

ふたは日にやけてしろっぽくなってきています。

今シーズも楽しませてもらいました。ありがとうございます。

 


この記事をはてなブックマークに追加