クルマニヨン人・・・クルマ好きな筆者が言いたい放題

クルマに関係あること、ないこと・・・萬事をグダグダと書き作る落書き帳。不定期更新。自分勝手気ままに、独断偏見で物申す。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レクサス論

2007-02-15 17:25:11 | Weblog
まず結論から言うとレクサス要らない。
一体どういう見地からレクサスブランドを日本国内で立ち上げようと思ったかは定かではない。日本にも世界に誇れる高級車を・・・?日本の金持ち連中のお眼がねにかなう商品を・・・?まあ、色んな想いはありましょう。
北米で大成功したレクサスブランドを日本国内富裕層に向けて発信し、国内における絶対的な地位を確保したいお気持ちも分からなくはない。
確かに日本には未だに日常的に高級なものや高価なものを買い求める金持ちな消費者はたくさんいる。そういう顧客層を見逃している手はないだろう。
しかし、実はトヨタもう十数年前にコレやっちゃってる・・・だから、今更高級ブランド立ち上げても顧客は引いちゃう。ドン引きだ。
「十数年前にコレやっちゃってる・・・」というのは、つまりセルシオ売り出した時点でトヨタは日本の高級車市場に大きな一石を投じていたわけ。それまでは高級車っていうとクラウンかセドリックで、しかも3000ccがすごく大きいエンジンに思えたあの頃に、V8・4000㏄を積んで当時のクラウンなんかよりもずっと大きなボディにベージュの本革シート内装やら・・・とにかくそれまでの日本車にはない贅沢さ・・・決してギンギンギラギラの下品な豪華さではなく、いわゆる「高級」という概念を消費者に叩きつけてきた。ある種トヨタクラウンで培ってきた日本の高級車像をトヨタ自らぶち壊したわけだ。
セルシオの登場時期は、バブル景気、自動車関連税制の見直し等にシンクロする風情の中で自動車ユーザーの価値観を大きく変化させた時期だ。具体的には日本人が大きな車に対して抵抗感が薄らいだということ。これに呼応するようにメーカー各社からもモデルチェンジを機に3ナンバー化されたモデルが続々登場。例えば三菱ディアマンテなんかがいい例だろう。日本人にとって3ナンバー車は特別な存在ではなく、むしろ日常的存在になり、現在に至っている。
話をセルシオに戻す。1989年の発表以来セルシオはトヨタのラグジュアリーサルーンとしての地位を着実に固め、トヨタの凄さを顧客に大きくアピールした。トヨタはこの反響を受けてのことと思うが、セルシオで培った技術を惜しみなく他車種にもフィードバックした。結果トヨタの車は非常に快適性に優れ、且つ贅沢な車種が多くなった。カローラのクオリティがやたらと高くなったのもセルシオ発表以降である。
そして十数年・・・トヨタはレクサスブランドを展開し、旗艦機種としてLSを発表した。同時にトヨタセルシオは消滅した・・・。
分からん。理解に苦しむ。今更レクサスブランドに移行させる意味が分からん。ならば最初からトヨタセルシオじゃなくてレクサスLS400で発表すればよかったじゃないか!
俺思うに、当初トヨタはレクサスブランドの日本投入なんてこれっぽっちも考えてなかったんじゃなかろうか?セルシオ発表の時も「下手にレクサスなんて名前よりもトヨタの新型車として出した方が食いつき良くて売れるだろ?」ってなノリだったと思う。その証拠にES300も日本ではしっかりとウィンダムって名前に変えたでしょ?
今トヨタは利益がン兆円だとかなんだとか騒いでる。要は儲かって儲かって笑いが止まらない状態だ。ハッキリ言うとカネの亡者になっている。おそらく「トヨタのモデルとしてより、アメリカで高級品として認められたレクサスブランドで売った方がもっと儲かんね?」という非常に稚拙な発想で日本レクサス立ち上げたんだろうが、時既に・・・の感は否めない。トヨタの店で買えたセルシオがモデルチェンジしたらやけに敷居の高いレクサスになっちゃったわけだ。おまけにアメリカのレクサスに倣ってモデルラインナップ揃えなきゃってんで、今トヨタは強引なモデル整理を進めている。
IS=アルテッツァ=元々売れてなかったから構わんか?
SC=ソアラ=下手にオープンカーにしなきゃよかったのに・・・。
GS=アリスト=レクサスにしなくてもよかったんじゃない?なんかガソリンスタンドみたいだし・・・(笑)
LS=セルシオ=セルシオ自体そこそこ売れてたから、認知度は高いよね。
ちなみに今後もモデル移行は進むようだ。
GX?=ランクル100=だからトヨタで売ればいいじゃんか!
RX?=ハリアー=今より高きゃ買わないだろ?

なんだかトヨタのレクサス国内プロジェクトには何と言うか、一消費者として解せない話が多すぎる。早い話、トヨタの阿漕さ加減に呆れている。
本当にレクサスやりたいんなら、セルシオやソアラ、アリスト、ハリアー等々の既存モデルの移行じゃなくて、新規に専用モデル作るべき。それができないならレクサスなんて止めた方がよい。それが実力。ベンツやBMWの顧客を取り込みたい?そんなことはとっくに済んでる。初代セルシオ出した時点でベンツやBMWから乗り換えた客がいたはず、その時に乗り換えなかった客は筋金入りなんだから、ブランド名変えたくらいじゃ揺るがないと思う。
そもそも現在のように、ここまで車の質感が向上して、尚且つ多様性に富んだ風情になっている中では、レクサスブランドはあまりにも中途半端。本当はダイムラークライスラーがマイバッハを作り上げたような手法を採るべきだった。
その方が潔いし、商品的にも魅力的だし、本丸であるトヨタの商品構成を混乱させるようなこともないだろう。
でも、トヨタは潔い道は選ばなかった・・・何故か?
トヨタはもう手のつけようがない末期的なカネの亡者と化しているから。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインやったね!:ス... | トップ | 雪道の運転 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マリークヮントのお財布をお探しならここ!! (マリークヮント マリクワのお財布がほしい!!)
マリクワ(maryquant)のお財布をはじめ、ポーチやバッグ、コスメなどなど・・・マリクワ(maryquant)の商品が欲しくて探している方、また、マリクワ(maryquant)に就職を考えてる方見てください。
レクサス (みわの部屋)
レクサスレクサス (''Lexus'') はトヨタ自動車が北米、ヨーロッパ、アジア、中東、中南米、アフリカ、オセアニアで展開している高級車ブランド。その後日本でも2005年に限定的な車種での展開が開始された。ブランド設立の経緯とその後の反応レクサスは...
トヨタ ハリアー (トヨタ ハリアー:車)
トヨタ ハリアーとか、欲しいけど 盗難とかにあったら怖いし。と思い、読んでみました。