新土佐錦魚日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

私と田中さん54

2017-07-17 09:09:33 | 日記
  2002年の残念さをあえて忘れて、「もっと良い魚を作らなければ」とその思いが強かった。それが2003年につながっている。

 別の会に入ったけれど、あくまで私の会はトサキン保存会で有り、他は付け足しに過ぎない。トサキン保存会こそ本物の会なのだ。

 昨日(2008年)挙げた魚は2歳魚メスで、金曜日に挙げたトラ禿の2歳魚オスは(2007年)優勝して居る。それだけのことだが。

 話は元に戻るが、結果的には2003年は2歳魚(オス)が準優勝(第31回トサキン保存会)で、当歳魚が優勝、3位、5位と初めて当歳魚で優勝出来た年だった。

 最初に品評会の結果を発表してしまったが、それは「今年はこの当歳魚で優勝出来る」と確信していた。品評会の当歳魚の時、田中さんが「じゃあこの2尾でトップを決めよう」。この年は4名で決めていたので、3対1で私の魚が優勝魚に。田中さんが洗面器に手を入れて、「こっちは梶が2本だ、そっちは1本だ」。だが再び3対1で田中さんの魚は準優勝。

 全く皺はなく、丸手で後ろも大きく、目幅狭く、目先が有ってと申し分無かった。3位の魚もビニール袋から洗面器に入れる時、誤って地面に魚を落としてしまい、背びれが2か所切れてしまった。あれがなければ、と言う魚だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨明け | トップ | 梅雨明け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。