尾形修一の紫陽花(あじさい)通信

教員免許更新制に反対して2011年3月、都立高教員を退職。教育や政治、映画や本を中心に思うことを発信していきます。

昭和天皇が見た戦争映画②

2015年09月29日 23時55分16秒 |  〃 (歴史・地理)
 前回に引き続き、昭和天皇が見た映画を調べてみる。
1943年前半
・この年最初に見たのは「体力は国のちから」(1.20)だが、そういう宣伝映画を除くと、2月20日に皇后と「男の花道」を見ている。よほど面白かったのか、22日にもまた見ている。これはマキノ雅弘(当時は正博)監督、小国英雄脚本の娯楽時代劇で、長谷川一夫が主演している。その後もリメイクされたり舞台化された有名な映画だが、1941年12月30日公開で、一年後に見ていることになる。今までこのような娯楽映画はなかっただけに、どういう経緯があったのだろうか。
・「陸軍航空戦記」(2.27) ビルマ航空作戦を描く記録映画で、また元の路線。
・その後、しばらくは「工兵魂」「大建設鴨緑江ダム」(3.13)、「放送演奏室」(3.14)、「ジャワの学校」(3.16)、「山西の土地と民」(3.30)などの短編文化映画を見ることが多い。
・「シンガポール総攻撃」(5.8)
・「潜水艦西へ」(5.16) これはドイツが勝っていた時期の戦争映画で日本で公開された。
・「急降下爆撃隊」(5.22) 間に「北洋日記」「海軍戦記」をはさみ、再びドイツ映画。
・「勝利行進曲」(6.17) これは非常に重要な意味がある映画で、中国(重慶政府)が作った宣伝映画である。もとはアメリカでフランク・キャプラが作ったプロパガンダ映画シリーズの第6巻「ザ・バトル・オブ・チャイナ」で、それを中国側で編集して「勝利行進曲」として上映していたと言われる。中国戦線で没収されたフィルムを三笠宮(当時、陸軍軍人として中国にいて、日本軍の残虐行為を憂慮していた)が入手し、日本に持ち帰って昭和天皇に見せたという経緯があった。中国の宣伝映画を通してではあれ、昭和天皇にそのような情報が伝わっていたのである。皇后とともに鑑賞。
・その翌日には、気分直しもあったのか「ナカヨシ行進曲」という子供向け記録映画を皇后と女子4人とともに見ている。(6.18)

1943年後半
・「マライの虎」(7.9) マレー半島で「ハリマオ」と呼ばれた日本人、谷豊を描く劇映画。谷は日本人ながらマレーに育ち、暴動で妹を殺されてから、華僑をねらう盗賊団の首領となった。戦争が始まると日本軍の諜報員として活動し、マレー半島攻略に協力するも1942年3月に病死。死後に「ハリマオ」(虎)と呼ばれて伝説化するが、その最初の劇映画。古賀聖人監督。
・「世界に告ぐ」(7.31) これもドイツの劇映画。
・「決戦の大空へ」(9.3) 映画芸術ベストテン5位。渡辺邦男監督、原節子、高田稔主演の有名な戦争映画。同名の主題歌(藤山一郎)もあるが、それ以上に「若鷲の歌」(若い血潮の 予科練の 七つボタンは 桜に錨…)という有名な軍歌が挿入されていた映画である。
・「虎彦竜彦」(9.17) 坪田譲治原作を映画化した子供向け劇映画。佐藤武監督、轟夕起子が母親役をやっている。
・「熱風」(9.25) 映画芸術ベストテン5位。山本薩夫監督が八幡製鉄所の生産増強をテーマにした国策映画。山本監督は戦後になると、独立プロで社会派の名作を多数撮った左翼作家だが、この当時は東宝の監督で、すでに10作以上撮っていた。「熱風」完成直後に召集され、中国戦線で従軍した。
・11月4日に、ドイツ映画「跳躍」、「馬」を皇后と見たとあるが、詳細不明。
・11月20日に、ドイツ映画「帰郷」1941年製作のドイツの宣伝映画。同名映画が無声映画にある。ヨーエ・マイ監督、ベストテン3位。でも、それを見たわけではない。
・「海軍」 映画芸術ベストテン3位。田坂具隆監督。岩田豊雄(獅子文六)原作による、真珠湾攻撃時の潜水艇「九軍神」の一人を描く、「大東亜戦争二周記念映画」。鹿児島や江田島でロケが行われた。

1944年年
・「決戦」(2.23) 久板英二郎原作・脚本、吉村公三郎・萩山輝男監督の劇映画。
・「不沈艦轟沈」(3.15) 小国英雄脚本、マキノ雅弘1(正博)監督の劇映画。魚雷部品工場の生産向上を描く。
・「偉大なる王者」(4.22) フリードリヒ大王を描く、ドイツの国策映画。
・「五重塔」(8.6) 幸田露伴の有名な小説の初映画化。五所平之助監督、花柳正太郎主演。
・「日常の戦ひ」(9.1) 石川達三原作、島津保次郎監督の劇映画。
・「肉弾挺身隊」(9.16) 田中重雄監督。ガダルカナル島の戦いを描く劇映画。
・「戦ふ少国民 都会扁・農村扁」(9.20) 記録映画。この題名で何作かシリーズで作られたようである。横浜市の学校で撮影されたものがNHKの番組で紹介されたことがある。
・「陸軍」(12.23) 映画「海軍」に対して、陸軍は火野葦平原作の「陸軍」を戦争開始3周年の映画とした。松竹の国策映画だが、木下恵介監督は必ずしも国策に沿って作っていない。特に田中絹代の母親が召集される息子を追い続ける有名なラストシーンは、「反戦映画」と解する人もいるほどである。木下恵介は1943年の「花咲く港」で監督に昇格し、これが4作目。以後はにらまれて戦争中は映画を撮れなくなったと言われる。昭和天皇は皇后と見ているが、ラストシーンをどう見ただろうか。
1945年
・1945年はわずか2本しか記録されていない。3月7日に「陸軍特別攻撃隊」を見ているが、これは題名通りの記録映画。日本映画社の製作で、現在も見られる。ネット上にもある。
・「最後の帰郷」(7.28) 菊池寛原作、田中重雄、吉村廉監督による陸軍特攻隊を描く映画。

 以上、昭和天皇が見た映画を劇映画を中心に見て来た。本当は他に実に多くの「文化映画」を見ている。それらの多くはフィルムセンターにも収蔵されておらず、今は判らない映画が多い。だが、劇映画ではないので、題名を見れば判るというものだろう。これは、いわばNHKの教養番組を見るようなものだと思うので、あまり大きな意味を考える必要もないだろう。当時はテレビもインターネットもないのだから、映画で見る映像の魅力は今以上に大きい。昭和天皇は「文学方面」は関心が薄いタイプだから、劇映画よりも科学ドキュメントのような映像に魅力を感じたのではないだろうか。

 また、ニュース映画が多い。これは天皇に限らず、戦時中の人々は劇映画以上にニュース映画を見たと言われる。今ではニュース映画と言っても判らないだろうが、30年ぐらい前までは、まだ日本映画を掛ける映画館では劇映画の前に10分程度のニュースをやってるところもあったと思う。戦争中は、特に家族や知人が出征中の人にとっては、家族が出てこないとしても見ずにはいられなかっただろう。天皇も、ニュースを見るという意味で情報収集を心掛けていたということなんだろう。

 もう一つ挙げると、「家族団らんの場」という意味があったと思う。昭和天皇はそれ以前の後宮制度を排して一夫一婦を実現したが、「子どもと離れて暮らす」という天皇家の伝統は受け入れざるを得なかった。(親子が一緒に住むのは、現在の天皇一家からである。)一番最初が男子であればまだしも、よく知られているように女の子が4人続いた。(一人は夭折。)3人の女子と日常で離れていることは、特に皇后にとって寂しいことだっただろう。だから、マンガ映画会なども企画して、親子で見ている。劇場に出かけることはできないだろうが、こうして映画で親子の接触を保っていたのだろう。

 1945年になると映画鑑賞がグッと減る。それは戦局悪化に伴い「映画どころではない」ということでもあろうが、映画製作そのものも減っている。また子どもたちも疎開するなどして、映画会を開く気持ちも薄らいだのかもしれない。もう一つ、2回見ているのも皇后とだけであり、当時の皇弟たちとの関係悪化もあるのかもしれない。特に高松宮とは1944年8月1日の「沈没船引揚の記録」以来、一緒に映画を見ていない。高松宮との微妙な関係は有名なエピソードだが、仮に昭和天皇が退位になった場合を想定すると、幼い皇太子を補佐する摂政には、病気の秩父宮ではなく高松宮が就任するしかないと言われていた。弟と会いたくないという動機も映画が少なった理由かもしれない。

 反対に「見ていない映画」を考えてみる。ニュース映画と戦争映画だけでは息が詰まるから、一般庶民向けの喜劇、時代劇も当時いっぱい作られていたわけだが、それらは「男の花道」しか見ていない。だから「民情理解」が目的ではないし、映画芸術そのものへの関心もなかっただろう。例えば、1943年の日本映画界を席巻した新人監督、黒澤明の「姿三四郎」を見ていない。続編も見ていないし、国策映画の「一番美しく」も見なかった。山本薩夫「熱風」は見ているので、このあたりは偶然なんだろう。昭和天皇は黒澤映画を後に見る機会はあったのだろうか。それを言えば、小津安二郎「父ありき」も見ていないが、これは何となく理解できる。まだ若く科学者でもある天皇の関心を呼びそうもない。戦争映画でも阿部豊監督作品は一本もない。「南海の花束」「あの旗を撃て」などである。こういう例を挙げていくとキリがないが、劇映画ではなく文化映画の方が圧倒的に多いわけで、そもそも戦争映画も「戦争理解」という目的で見ていたのだと思う。

 ドイツ映画も見ているし、アメリカ映画まで見ているが、特に中国のプロパガンダ映画を見ていたことが実証された意味は大きいのではないか。だが、そのことが戦局に何か影響を与えるというものでもないだろう。昭和天皇の戦況理解がこれらの国策映画の影響を受けていたかどうかは、何とも言いようがない。「映画は映画」だと思っていたのではないか。情緒的発想をする人ではないように思う。そもそも、戦争映画というものは、「勝っている時にだけ作られる」という性質がある。負けを直視する映画は、完全に敗戦を迎えた後でなければ作られない。記録映画も同じで、玉砕シーンは撮りようがないし、特攻映画も飛び立つシーンで終わる。(戦後の記録映画では、米側が撮った映像を使って「特攻」シーンも出てくるが。)一番重大な、サイパン陥落後は映画観賞が大きく減るので、影響も受けようがない。そもそも昭和天皇がいつ映画を初めて見て、戦後も見ているのかどうかなども関心があるが、「実録」で把握できるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和天皇が見た戦争映画①

2015年09月29日 00時21分26秒 |  〃 (歴史・地理)
 一つ前の記事で紹介した原武史「『昭和天皇実録』を読む」(岩波新書)の最後に面白い資料が掲載されている。「太平洋戦争期における天皇の映画鑑賞一覧」というものである。特に、対米英との戦争が開始されて以来、かなりの数の映画を見ていることがそこには示されている。この表からどのようなことが判るのか、映画史に関心があるものとして考えてみたい。

 当時の映画を評価する「モノサシ」は、今のようにたくさんの映画賞、映画祭がある時代ではないので、基本的には「キネマ旬報ベストテン」を使う。「キネマ旬報」は1919年に映画ファンの学生による外国映画批評誌として創刊された。1924年(大正13年)以来、寄稿する批評家の投票によるベストテンを選定してきた。(当初は外国映画だけで、日本映画は1926年から。ベストテンではない年もある。)これは世界的にも非常に価値のあることではないかと思う。(何しろ、最初の年の「芸術的にもっとも優れた映画」部門で、1位がチャップリンの「巴里の女性」、2位がルビッチの「結婚哲学」なのだから。)

 1940年に日中戦争下の雑誌統制で、「キネマ旬報」は「映画旬報」になる。太平洋戦争が始まると、米英の映画が公開できなくなり、1941、42年は日本映画のみの選出となっている。今はこの期間も「キネ旬ベストテン」に含めて考える人が多いだろう。しかし、1943年~1945年はもはやベストテン選出は中止されている。1943年(昭和18年)は「映画評論」だけがベストテンを選出し、これを参考にすることが多い。映画名だけ紹介しておくと、①無法松の一生②姿三四郎③海軍④花咲く港⑤望楼の決死隊⑤決戦の大空へ⑤熱風⑧愛機南へ飛ぶ⑨シンガポール総攻撃⑩風雪の春 である。
 
 ところで、原氏の表では、誰と見ているかが詳細に紹介されている。皇族が一緒に見ているのだが、天皇と皇后だけのことも多く、また天皇一家の子どもたちが加わることもある。高松宮(三弟)や三笠宮(四弟)が同席していることも多い。(結核療養中の次弟、秩父宮は同席していない。)子どもたちと違い、弟は軍隊体験があり戦場もある程度知っている。そこでは議論とまではいかなくても、感想を言い合うこともあっただろうか。すでに公刊されている高松宮日記と照合する作業が必要だろう。

 また、ミッドウェー海戦(1942年6月)の敗北ですでに戦況が悪化しているにもかかわらず、1942年11月に「ハワイ・マレー沖海戦」を見ていることなどを指して、原氏は「客観的な戦局の判断を見誤らせたということはなかったのでしょうか」と述べている。(130頁)しかし、それは映画観賞の問題なのだろうか。日本軍が負けている、残虐行為を行ったなどという映画は日本では作れないのだから、映画で戦局を理解すること自体が無理である。映画(劇映画であれ、記録映画であれ)は製作を決定してから完成までは長い時間がかかるものである。1941年12月のハワイ・マレー沖海戦が一年後に映画として見られるというのは、奇跡的に早い出来事である。もちろん、これは海軍省の厳命で、開戦一年目の「大詔奉戴日」(宣戦布告した12月8日にちなみ、毎月8日を記念日とした。)までの完成を目指したものである。公開は1942年12月3日であるのに、天皇は11月28日、つまり公開前に見ている。天皇一人である。映画会社(東宝)も天皇もこの機会を待ち望んでいたのではないか。

 「太平洋戦争」下という限定があるので、一覧表は1941年12月から始まっている。それ以前はどうだったのか気になるが、とりあえず一覧をもとに判る範囲で簡単に解説しておきたい。
1941年
・「仏印の印象」(12.14)や「香港と新嘉坡(シンガポール)」(12.20)などはニュース映画だろう。「女警」(12.20)は「新中国建設」に奮闘する北京の女性警官を描く記録映画。占領下中国の記録映画。
・「或る日の干潟」は干潟の生物を撮影した下村兼史監督の有名なドキュメント映画で、生物学者としての関心から見たのだろう。日本の記録映画史に残る作品である。皇后、皇太子と見ているから、皇太子の誕生祝でもあったろう。(12.23)

1942年前半
・「機関銃」「村長の手記」を1月10日に見ているが、記録映画。短編記録映画は、以下省略
・「将軍と参謀と兵」(田口哲監督) ベストテン3位。山西省の作戦を描く国策映画。(3.8)
・「建国十年」 溥儀から贈られたという映画を皇后、弟たちと見ている。(4.7)
米国海兵慰問用の漫画映画を皇后、女子とともに見る。(4.24)
・「北京ノ花」「ミッキーの捕鯨船」 4.29の誕生日に見た映画。前の記述にある映画とこの映画は、時間的にみて2月のシンガポール陥落により入手したアメリカ映画の可能性がある。正規の輸入は途絶え、フィリピン戦は続いているので、シンガポールか、または上海、香港等から「戦利品」として運ばれたのではないだろうか。
・「オイラの捕鯨船」 日本の漫画映画。(5.10)
・「オルドス越えて」(5.26)や「オロチョン」「建設満洲」(6.2)などは「満州国」の記録映画。
・「青い鳥」 これは明らかに1940年製作の米映画、シャーリー・テンプルがミチルに扮したウォルター・ラング監督のカラー映画である。どこから来たかは不明だが。1940年製作だから、日本公開を目指していたのかもしれないが、どこかからの「戦利品」かもしれない。(6.16)

1942年後半
・「空の神兵」 日本映画新社による陸軍全面協力の記録映画。落下傘部隊の話で、主題歌でも知られる。(8.7)
・「マレー戦記・進撃の記録」(8.22)、「ビルマ戦記」(8.30)などは、題を見れば判る記録映画。
・「桃太郎の海鷲」 瀬尾光世監督による有名な国策アニメ。真珠湾攻撃がモデル。日本のアニメ史ではよく論及される映画である。皇后と皇太子初め子どもたちと見た。(10.18)
・「英国崩るるの日」(田中重雄監督) ベストテン10位。香港攻略を描いた映画。田中重雄は戦前から1960年代にかけて活躍した職人監督。戦後の大映で若尾文子主演の「永すぎた春」や「東京おにぎり娘」などを作った。唯一のベストテン入りがこの国策映画。(11.21)
・「ハワイ・マレー沖海戦」 山本嘉次郎監督、円谷英二特撮による、あまりにも有名な戦争映画。42年のベストテン1位。特撮場面が有名だが、予科練で一人前の兵士へと鍛えられていく若者の物語をドキュメントタッチで描く。これを見て兵隊を志願した若者もいたなどとして、戦後「戦犯映画」と見なされた戦時中を代表する国策戦争映画。天皇の感想をぜひ知りたいものである。(11.28)
・「東洋の凱歌」 フィリピン攻略戦の記録映画。(12.1)

 以下、延々と続くのだが、時間と字数により、この辺で一度切っておきたい。最後に簡単な分析をしようと思ったのだが、それも次回回し。あまりにもたくさん見ているので、見通しが甘かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和天皇を考える2冊の本

2015年09月27日 23時13分27秒 |  〃 (歴史・地理)
 「昭和天皇実録」が完成して公開も始まったことから、「実録」を利用した近現代史の本がいろいろ出始めている。特に今回紹介する2冊の本は、中味が重大だと思うので紹介しておく。知らない人には驚くような話がいっぱい出ているので、今まで関心がなかった人でも是非手に取って欲しい。

 豊下楢彦「昭和天皇の戦後日本」(岩波書店)は、戦後史像をガラッと書き換えるような衝撃を秘めている。ただし、今までの豊下氏の研究、「安保条約の成立」や「昭和天皇・マッカーサー会見」で考察されていたテーマの延長戦にある本。今までに指摘してきたことが、あらためて「実録」で裏付けられたり、傍証を得たりしたということである。

 簡単に書いておくと、「憲法9条」ではなく、「日米安保」の方こそ「押し付け」だったという現実である。そして、そのような「絵図」を描いたのは、当時の吉田首相やマッカーサー司令官を飛び越して、ワシントンと直接「宮廷外交」を繰り広げた昭和天皇だったのである。「日米安保」をベースに「軽武装、経済中心」を打ち出したのが、戦後の「保守本流」の「吉田路線」だなどと昔はよく言われたものだが、そんなものはなかったのである。吉田は「臣茂」と自称するほどの「勤皇」の志が篤かったから、天皇が敷いた「米軍により共産革命を防止する」という路線を丸ごと飲み込んだのである。

 そうは言っても、明治憲法下ならともかくも、現行憲法では天皇は「象徴」であって、政治的行為は行えないはずではないか。その通りであって、憲法改正後も占領下で天皇が大きな政治的役割を果たしたことは長く知られなかったし、信じない人も多かった。だけど、「実録」の完成で「事実上認められた」ということだと思う。そのことは、現在の政治にも大きな意味を持っている。戦後政治において、右は「憲法改正」や「東京裁判否定」を主張し、左は「憲法擁護」や「日米安保反対」を言うことが続いてきた。だけど、昭和天皇においては、天皇制を守った「憲法改正」(憲法9条)と「東京裁判」、そして「日米安保」はすべて一続きのものであって、肯定されていたのである。だからこそ、A級戦犯を合祀したことが明らかになって以来、昭和天皇は靖国神社を参拝することを止めてしまった。

 この背理というべき事態を「右」も「左」もどう読むのだろうと思うが、まあ多分読まないということなんだろうな。昭和天皇をめぐっては、家族関係などを細かく追及した原武史「昭和天皇」(岩波新書)がユニークな天皇像を打ち出したが、その原氏によって「『昭和天皇実録』を読む」(岩波新書)が出た。改めて「実録」を利用して、知られざる昭和天皇像を描き出した。今年の夏に映画「日本のいちばん長い日」が作られ、以前の作品ではほとんど触れられていない昭和天皇が、本木雅弘主演で正面から描かれたことが話題となった。だけど、今までの研究状況からすると、どうもまだ大事な点が出てこない感じがした。それは戦時下において、多分一番天皇の心を占めていたはずの「三種の神器」という問題や、実母である大正天皇の皇后(貞明皇太后)が全然出てこないということへの違和感である。

 昭和天皇というと、僕の世代からすれば、良かれ悪しかれ「おじいちゃん」の印象しかない。だけど、1901年に生まれて「20世紀と同い年」(戦前の「数え年」の場合)だった昭和天皇は、戦争時は青年君主だったのである。そして若き日の昭和天皇は「ビリヤードとゴルフ」が大好きな洋風君主だったのである。日中戦争以後に「謹慎」して、そういう遊びと縁遠くなったため、それ以後しか知らない世代は忘れてしまったわけである。ところで、それは母親から見て、非常に心配なことだった。大正天皇は病弱で、そのために宮中祭祀もおろそかにならざるを得ない。そんな中で、関東大震災が発生して「帝都」が壊滅する。これは「お祈りをおろそかにしたからだ」と貞明皇后は考えた。だから、昭和天皇には祭祀を大切にすることを求めたのである。

 まあ、簡単に言えば、母親が宗教にのめり込んだ家庭である。戦争中は「神の助け」があると信じているから、講和など聞き入れるわけがない。「一生懸命祈れば、神が助けてくれる」という人は、戦局が悪化しても「一生懸命祈ってないから戦局が好転しないのだから、もっと宗教に熱心にならないといけない」という発想しかしない。表立っては反発できない実の母親がそんな状態で身近にいたならば…。周りがいくら勧めても全然疎開してくれないし、という「困った婆ちゃん」問題が戦時中の宮廷の大問題だったわけである。これでは合理的な判断ができるわけがない。

 この本で書かれている中では、意外なほどカトリック関係者との関わりが若い頃には深かった。占領下を扱う章では「退位か、改宗か」と題されているくらいである。原氏の本では、各地の神社に祈りをささげる時の「御告文」がたくさん引用されている。読みにくいものだけど、こういうものに「天皇制」というものが現れている。原氏は丸山真男の論考を参考にしながら、「臣民が天皇に仕える」という「見える領域」の上に「天皇が神に仕える」という「見えない領域」があるのが天皇制だと論じている。ここで神というのは、むろん「アマテラス」(天照大神)である。

 どちらの本も、豊下氏や原氏のこれまでの本を読んでいる人には、目新しい論点ではない。「実録」で改めて確認されたと言った感じである。だけど、今まで知らない人が読めば、どちらの本もビックリしてしまうような事実が満載だろう。この程度は読んでおいて、戦後史を考えたいものだと思うので、紹介。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あいつと私」という映画-芦川いづみの映画を見る⑤

2015年09月27日 00時28分56秒 |  〃  (旧作日本映画)
あいつと私」(1961)に関しては、前にも書いているので今回は触れる気はなかった。そもそも安保法案審議と重なって、2回見ているから見なくてもいいかなとも思ったのだが、せっかくの機会だから時間を見つけて見直した。だんだん詳しく書きたくなってきたので、予定外の5回目を書くことにする。

 「あいつと私」の原作は石坂洋次郎(1900~1986)だが、石坂の主要作品は何度も映画化されてきた。「若い人」「青い山脈」「陽のあたる坂道」など重要作品が多い。若い世代の恋愛や性を真正面から取り上げ、それまでの日本では隠されがちだったテーマを明るく陽性に描き、非常に人気があった。各社の文庫にも大量に入っていたものだが、いつの間にか一冊もなくなっている。戦後の作品は「戦後民主主義」の啓蒙的な傾向が強く、時代が作家を追い越してしまったということだろう。あんなにいっぱい文庫に入っていたのに、僕は一つも読んだことがない。その時点では自分の読むべき分野ではないと分類していたのである。買っておけば良かったと思う。

 「あいつと私」は、有名な美容家を母に持つ裕福な若者、黒川三郎(石原裕次郎)の生活を描いている。忙しい母(轟夕起子)は子どもにはお金を与えて育ててきた。思春期になると「性欲処理係」の女性まで母が与えた。この母は家に愛人を連れ込むなど、普通の感覚では「異常な家庭」である。(時々、夫(宮口精二)がヒステリーを起こして家出を試みるのが笑える。ごひいきの宮口精二が情けない役柄を楽しんで演じているのがうれしい。)そんな家庭だけど、息子の裕次郎は「なぜか母が嫌いになれない」。この点が映画のポイントで、奇妙な設定だけど、観客がここを納得できないと映画に入り込めない。そして、確かにエネルギッシュな轟夕起子の姿は、素晴らしいコメディエンヌぶりを発揮して、戦前からの女優としての確かな力量を満喫できる。
 
 この美容家の生き方は俗人に理解しがたいレベルにあるが、それなのに魅力的なのはなぜだろうか。今は細かく書かないが、学園ドラマの定番のようにして、黒川を取り巻く学友グループが出来、さまざまなエピソードを経て、同級生の浅田けい子(芦川いづみ)と親しくなっていく。浅田家は田園調布にある上層の中産階級である。夫が働き、妻が主婦をしている。(ちなみに下の妹は吉永小百合、その下はまだ小さな酒井和歌子が出ている。)よりによってクラスメートが1960年6月15日(東大の女子大生樺美智子が国会デモで死んだ日)に結婚式を行い(東京会館)、その流れで裕次郎と小沢昭一と芦川いづみがデモに行く。(その女子大生にほのかな思いを持っていた小沢昭一は、酔っ払いながら「おれだって、今回の政府のやり方には怒っているんだ。アンポ、反対!」と叫ぶ。)芦川は家に電話して、母に「今日はデモに行く」と宣告し、ダメですと絶叫する母親を振り切る。もっともデモ隊には入らないけど。その後でもう一回電話して、「お母さんが私にいつもくっ付いていて重いの。もっと私から離れて」と叫ぶ。母は「あなたは難産で…」などと昔話を始めるが、娘は「初めてのお産で産道が小さかっただけよ」と恩着せがましい母の言葉に反発する。一家はその日テレビでデモの様子を見続ける。吉永小百合の妹は姉を応援している。(「60年安保」の翌年に作られたこの映画では、安保反対デモが観客にとって共感の対象であるということが、自明の前提になっているように感じる。)

 この黒川家と浅田家の母親のあり方は正反対と言ってよい。もちろん、けい子の母は娘を心配してデモを止めているのである。それはケガや政治的であることを心配するというよりも、デモでは「何かまがまがしいこと」が起こり、娘に「傷がつく」ことを怖れるという風に感じられる。それが娘には「重い」。貧困や差別などとは無縁な中産階級の家庭でも、何か精神的な渇きを覚えるような時代になったのである。時代が新しくなっている。それまでの石坂作品にあるように、「家族みなで話し合う」などといった方法では、もうこの焦燥感は解消できない。家庭に囲い込まれた「主婦」という生き方を象徴する母像と反対に、黒川家の母は「自立した女性」である。かなり「過激な」性的な家風ではあるものの、息子が母を嫌いにならず、けい子が魅力を感じていき、観客も納得してしまうのは、この「自立した女性」の魅力ゆえだろう。「あいつと私」は、性や家族をテーマとする以上に、「女の自立」をテーマにしている

 もっとも、けい子の母の心配はあながち過保護とも言いきれない。デモの後に、結婚式を欠席してデモに行っていた同級生(吉行和子)の部屋を訪ねると、同級生と同居している友人の悲劇を目撃するのである。彼女は途中ではぐれた後、男の「同志」二人に「連れ込み宿」でレイプされてしったのである。安保反対運動に加わっていた「政治的」学生であっても、男にはそういう「獣的」な側面があると描かれているわけである。(左翼的学生運動の中でも、男女差別や家父長制意識、暴力的な性関係などが横行していたことは多くの証言がある。「革命のために」女性革命家は男性リーダーに「奉仕」するものだと言った意識さえなかったとは言えない。)

 そのことはもう一つのシーンでも描かれている。同級生の結婚やデモなどで親しくなった仲間で夏の大ドライブ旅行を敢行する。黒川=裕次郎は車を持っているから、そんなことができる。裕次郎、芦川いづみの他、小沢昭一、伊藤孝雄、中原早苗、高田敏子という豪華メンバーである。東北ドライブの途中、山の中で道路工事の若い工事人夫多数にからまれる事件が起きる。山奥で女子大生を見て興奮し、学生という「身分」に対する反発が噴き出したのである。最後に軽井沢の黒川家の別荘に着くと、母と愛人が差し入れにきて、そこに裕次郎をよく知っていると豪語する渡辺美佐子もいる。この女性が何故か気になり(気になるのは、この時点でけい子が三郎に好意を持ち始めているということだが)、けい子は三郎を問い詰める。その結果、渡辺美佐子は「母が与えた性的な玩具」だったという衝撃的な黒川家の秘密を明かされる。別荘を飛び出したけい子は、追ってきた三郎に抱きとめられ、台風の雨の中でキスする。これはこの映画の一つのクライマックスだが、裕次郎と芦川いづみという主演者のイメージもあいまって、非常に清潔なラブシーンになっていると思う。

 まあ大学生という設定ではあっても、裕次郎(1934~1987)も芦川いづみ(1935~)も25歳を超えているんだから、ちょっとのことでおたおたせずに、実際の学生よりも大人びているのも当然である。(もっとも1929年生まれの小沢昭一はいくら何でも大学生というのはきつい。)こうしたエピソードを経ても、二人の関係は切れずに続くのは、黒川の母がけい子を気に入っていることが大きいと思う。けい子は派手ではないが、落ち着いたファッションで、感情におぼれず自分で考えるタイプである。(芦川いづみが演じるのにピッタリだが、そのイメージで服装を決めているんだから、当然でもある。)だから、黒川の母の誕生パーティに、けい子も招待されるのである。そこで、三郎の出生に秘密やデモの時にレイプされた学生(金森)のその後などを知る。大学をやめた金森は三郎が母に紹介し、今は美容師を目指して頑張っている。そのことをけい子は全く知らされずにいて、たまたま帳簿を持ってきた金森が来て初めて知る。何で知らせてくれなかったと問い詰め、「あなたのすることは全部先に知っておきたいの」と言ってしまって、これが「愛の言葉」だと相互に理解し合う。

 「あいつと私」という映画は、最初に見た時から好きで、好感を持った。60年代初めの映画では、中村登監督「古都」(岩下志麻主演)や吉田喜重監督「秋津温泉」(岡田茉莉子主演)なども好きで何度も見ているが、女優が清楚で清潔に描かれているのが好きな理由かもしれない。この「あいつと私」は、特別な家庭に育った裕次郎演じる青年を中心に、「女性の生き方」を考察したような映画に思える。まさに、けい子から見た「あいつ」(黒川三郎)の物語である。60年代初頭の風俗や風景も興味深い。監督の中平康も巧みに物語を進めている。娯楽映画としての確かな手腕を感じることのできる映画である。石坂洋次郎原作映画はこの語も続々と作られている。「あいつと私」も1976年に、三浦友和、壇ふみでリメイクされている。「青い山脈」なども60年以後に3回も映画化された。しかし、もはや青春スターの定番という位置づけの作品でしかなく、ほとんど話題にもならなかった映画が多い。だんだん時代と合わなくなってしまったのだろう。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「純潔」時代の青春映画-芦川いづみの映画を見る④

2015年09月26日 00時43分02秒 |  〃  (旧作日本映画)
 以前、勤務先の高校で生徒会誌をズラッと並べて振り返ってみたことがあるんだけど、現在では考えられない時代相」がさまざまに見えてきて面白かった。中でも、1960年代初期の年間行事予定が掲載されていて、その中に「純潔教育」と書いてあったのには、心底ビックリした。「防災」だの「防犯」だの、行事予定に必ず載せて届け出なくてはいけない項目があるが、その時代には「純潔教育」が正規の教育として学校全体で行われていたのである。

 60年代初頭が一番「純潔」が叫ばれた時代だというのは、例えば藤井淑禎「御三家歌謡映画の黄金時代 橋・舟木・西郷の「青春」と「あの頃」の日本」(2001、平凡社新書)などで指摘されているが、学校現場でも現実に行われたのである。ここで「純潔」というのは、主に「正式な結婚前には性的な関係をガマンする」ということである。もちろん、特に女性の「処女性」が尊ばれるわけだが、「男女同権」の戦後では男子の放蕩無頼もダメだという認識が強くなる。三島由紀夫原作、若尾文子、川口浩主演の映画「永すぎた春」を最近初めて見たのだが、原作を読んでないので、このタイトルを今まで誤解していた。知り合ってからもなかなか結婚しないカップルの話なんだろうと。でも、川口浩は現役の東大法学部生で、東大前の古本屋の娘若尾文子と婚約したが、卒業までの一年にいろいろあるという話だった。その間に性的関係は不可だということになると、この一年が「永すぎる」わけである。

 こういう意識は今はすっかり変わってしまったので、理解しにくい。「あいつと私」(1961、中平康監督)は、慶應をモデルに大学生の青春を描くが、1学期終了前に学校の裏山でパーティ(というか学芸会のようなもの)が行われる。そこに「童貞と処女のままで9月に会いましょう」とスローガンが書いてある。そんな時代だったのである。もっとも「美人女子大生がキスしてくれる」(有料、キスは頬にする)とか「女子大生の逆立ち」(パンティが見える。終了後に男子学生からお金を取る)などの企画もある。ガチガチのマジメ企画ではなく、その程度のお遊びは許されている。そこで得たお金は病気で休学中の級友の見舞いに当てると報告される。まだ多くの学生が結核で入院していた時代である。

 「あいつと私」は書きたいことが多いので、別にまとめることにして、今回見た映画では「真白き富士の嶺」(1963、森永健次郎監督)が興味深かった。「真白き富士の嶺」(ましろきふじのね)と言えば、1910年に起きた逗子開成中学生によるボート事故の悲劇を歌った歌である。この映画は直接この事件を描いたものではないが、随所に曲が流れて感傷的なムードを盛り上げる。原作は太宰治「葉桜と魔笛」という小品。太宰は生誕百年時にほとんど読んだんだけど、こんな作品があったのか。調べると、新潮文庫「新樹の言葉」に収録されている。(ネット上でも読める。)太宰の映画化は、生誕百年時の「ヴィヨンの妻」「人間失格」「パンドラの匣」なんかしか思い浮かばないが、こんな映画があったんだ。原作は日本海海戦ころの島根県の話だが、60年代の湘南に移して物語を作っている。

 妹の吉永小百合は難病で逗子の病院に入院していたが、退院するにあたって、宮口精二の父、芦川いづみの姉とともに東京から逗子へ越してくる。吉永小百合は本当は不治の病だが、小康状態の時に家に帰したのである。吉永小百合には秘密の手紙が来ている。「М・T」と名のる男の手紙で、誰も心当たりがない。姉は何とかこの謎の人物を突き止めたいと思う。自分は婚約者とも清らかな交際なのに、妹にはなんだかもっと深い交際もあったかのようで、嫉妬のような感情も起こるのである。しかし、ある日妹に詰め寄ると「もういいの」という。「М・T」からは絶交の手紙が来たのだと言う。それを読んで、姉が仕組んだことは…。原作はそこだけがメインで、心に響くシーンである。

 芦川いづみは服飾学校の先生で、恋人の服飾デザイナー、小高雄二は車を持っていて、東京と逗子を何回か往復する。そういう描写も興味深いが、基本は「誰にも愛されずに死んでいく難病の少女」というテーマである。庭で水まきしている時に知り合う高校生、浜田光夫が、唯一現実の「異性の友人」に近い存在になる。高校生が「純潔」であることが当然であるような時代で、特に難病の少女には誰にも知りあう機会もない。そのことを哀れに思う感情が全篇に満ちていて、まさに同年代の吉永小百合の魅力もあって、観客が感傷にたっぷりと浸れる映画。

 「難病」映画、特に「難病少女映画」というものは昔からずいぶんたくさんあるが、「難病少女」は「恋愛も知らずに死んでいかないといけない」ということが、観客の同情のポイントである。「難病」ということで、さまざまな現実社会の問題は考える必要がなくなってしまうから、ただひたすら泣ける。でも、生きている人間は現実の問題、青春を左右する経済力や進路、性などの問題に直面せざるを得ない。「知と愛の出発」(1958、斎藤武市監督)という映画は、まだ若々しい芦川いづみのセーラー服姿がまぶしいファンにはうれしい青春映画だが、「性に関するコード」が今では全くずれてしまっている。

 長野県の諏訪湖のほとりに住む高校生・芦川いづみは、仲良しの病院長の娘(白木マリ)に同性愛を迫られ逃げ出す。白木は自分のボートで帰ってしまい、たまたま湖にいた同級生、川地民夫に助けられ親しくなる。川地民夫は後に奇矯な役柄が多くなるが、この映画では「成績優秀の美少年」的な役をやっている。田舎ではトップで東大を目指していて、地元の有力者の父親は勉強以外に時間を割くことを許さない。その厳格ぶりは今見るとコメディである。(特に、息子と親しくなった芦川の父が中学教員と知り、「日教組か」と決めつけるセリフがおかしい。)

 芦川の父、宇野重吉は娘を進学させる資力を亡妻の病気治療でなくし経済的に苦しい。大学を目指していた芦川は反発して、自分で何とかすると夏のホテルで働き始める。同級生の中原早苗もアルバイトしているが、ある夜の帰りに、不良大学生グループに車で連れ去られレイプされてしまう。この事件は何と中原早苗の実名入りで地元新聞に報道されてしまう。(こんな人権無視があるのかと思うが、それなりの現実があったということだろう。)「傷物」になった中原は追いつめられて自殺してしまう。スティグマ(烙印)を押された女は当時の社会ではもう生きていけなかったのである。

 それよりすごいのは、友人であるはずの芦川いづみの言動である。たまたま同時に盲腸で入院した芦川は、中原早苗から輸血されたと信じ、「汚れた血が入った自分もまた汚れてしまった」と絶望するのである。(実際は川地が血を提供した。)「レイプされたことで、女性の血が汚れてしまう」という発想は今では誰にも理解不可能だろう。だけど、20世紀前半には、そういう「性科学者」の怪しげな「学説」が結構はびこっていた。川村邦光の本などで知ってはいたが、改めてビックリする。絶望した芦川は白木マリの病院の医師、小高雄二に犯されそうになり、かえってメスで小高を傷つけてしまう。これがまた「女子高生、四角関係のもつれ」などといった扇情的な報道をされてしまう。

 最後は芦川と川地が徹夜で登山して、大自然の力に感動して新生に向かう。これは娯楽映画のパターンだけど、この映画の性意識や「世間」の無理解ぶりには絶句である。世の中が「純潔」を守る清純派ばかりだと、物語に葛藤が作れない。だから、片方に「清純派」がいれば、その片方に「お色気たっぷり」の「発展家」が必要である。芦川いづみも、60年代になると、ある程度そういう役柄も出てくるが、持ち味的にはしっかり者の「清純」派である。「真白き富士の嶺」では、自立した職業人になっている。そういう「自立」という感じが芦川いづみの持ち味で、単に清楚なだけの「カワイ子ちゃん」ではない。

 前近代的な共同体規制が強い時代には、「結婚は家どうし」のもので、家長である父親が決めた相手と結婚するものだった。そういう社会では、「処女性」は結婚という取引の商品価値に関わるものだから、絶対に守らなければならない。経済の高度成長が進むと、男女の交際空間は圧倒的に広がるが、だからこそ「自らの強い意志で純潔を守る」ことが大切にされる。もっとも「欲望に負ける」場合もあるから、そういう女性を同情しつつも実際は興味本位で描く映画もたくさん作られた。その場合、処女を失った女性の側が不幸に落ちていくのが、「お約束」の展開である。

 「まだフェミニズムがなかった頃」は、左翼陣営でも「純潔」が価値として浸透していた。ハリウッド映画は、3S(スリル、スピード、セックス)で青年たちを堕落させる「アメリカ帝国主義」の陰謀なのである。だから、左翼運動の青年たちは(タテマエ上は)「清い交際」しか認められない。50年代から60年代にかけて、清楚で可憐なスターたちが画面上でいくたびも清らかな交際をしていた。しかし、それはその時代には、前時代の性意識がすでに崩れつつある状況を反映していたのだろう。60年代末の世界的な「若者の反乱」「肉体の解放」を経て、70年代の青春映画のスター、秋吉久美子や桃井かおりなどになると、あっけなくヌードになって性関係を結んでしまう。それがリアルな設定になったのである。スターがヌードになっても、もう何の問題もなくなった。今では誰も「純潔」なんて言葉を使わないだろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日活アクションの中で-芦川いづみの映画を見る③

2015年09月24日 00時13分56秒 |  〃  (旧作日本映画)
 芦川いづみの映画を見てまとめるのが2回で終わっているので、再開。まず「日活アクション」映画で出演した映画を振り返る。「日活アクション」というのは、石原裕次郎や小林旭が主演して続々と作られた日活のプログラム・ピクチャーである。アクションと言っても、本質的には「青春映画」と言ってよく、正義のヒーローに対する可憐なヒロインが必須である。初期の裕次郎映画では、大体その役は北原三枝が演じた。芦川いづみも出ている場合もけっこうあるが、役柄的に北原が姉的、芦川が妹的な存在になっている。一方、小林旭の出演作では、ほぼ浅丘ルリ子がヒロインだった。

 芦川いづみは裕次郎との共演がかなりあるけど、石坂洋次郎原作の「青春文芸映画」などの場合が多い。これは芦川いづみの持ち味を生かしているんだろう。だから、アクション映画の共演は少ないし、出ていてもヒーローの運命的な愛人役ではなく、ヒーローを陰で支える妹なんかの場合が多い。(裕次郎主演の「紅の翼」など。青春文芸映画では裕次郎に対して、自立した女性として交際する。)

 一方、裕次郎、旭以外のスター、赤木圭一郎宍戸錠などとの映画では、アクション映画での共演がかなりある。1960年の「霧笛が俺を呼んでいる」はその代表。だけど、この映画では芦川は赤木の先輩である葉山良二の恋人という設定になっている。葉山は死んだことになっているが、それを疑う赤木が真相を追求し、芦川との心の結びつきが生まれてくる。だから、対等な恋人ではない。赤木圭一郎(1939~1961)はわずか21歳で事故死したわけだが、芦川の方が4歳年上である。そのキャリアの差が対等の恋愛関係を難しくさせるわけである。

 赤木が事故死し、裕次郎がスキー事故で骨折した1961年は、日活にとって難局の年になった。そこで二谷英明やまだ若い和田浩治などを主演級に抜てきしたのだが、そういう中で作られたのが、鈴木清順の「散弾銃(ショットガン)の男」(1961)という珍品。清順ブレイクの年は1963年で、まだここでは人物の出入りがゴタゴタしている。山奥に恋人の死の謎をさぐる二谷英明に対し、山の私設保安官の妹という変な役が芦川いづみ。兄の保安官がケガして、後任におさまる二谷の目的は何か。この映画では、日本アルプス級の山の奥に、秘密のけし畑を作る悪徳組織があって、山の町を牛耳っている。そこの酒場が日活的な無国籍空間になっている。横浜や神戸の港にあると言われれば、多少は納得できるのだが、山奥に悪の王国があるというのはムチャである。そこに散弾銃を抱えた男が登場するというのも…。日活アクションにリアリティを求めても意味ないけど、これはすごい。ラストは海辺の決闘になる。芦川はいつの間にか二谷を慕う役柄を好演している。

 今回一番ビックリしたのが、「気まぐれ渡世」(1962、西河克己監督)。宍戸錠が射撃の達人で、謎の事件にかかわりがあると警察に追われる。ある酒場でうっかり子どもを預かると、預けた男が殺される。子どもを預かってウロウロする宍戸錠がおかしい。アパートで違う部屋の牛乳を盗もうとして、その部屋に来ていたシスターに出会う。つまり修道女である。これが芦川いづみで、シスター姿で終始するという不思議な映画である。結局、話は死んだはずの宍戸の戦友、内田良平が生きていて、悪の組織を作っているというところになっていくが、その主筋と関係なく、宍戸錠も逆らえない芦川いづみのシスター役が素晴らしい。だから、好意は生じるものの、恋愛感情とも言えないのだが、コメディだからそれでいいのである。ただ見つめるしかない芦川いづみ。
 
 今回上映の作品では、「大学の暴れん坊」(1959、古川克己監督)が、赤木圭一郎主演のアクション映画と言える。赤木は大学の柔道部員で、先輩の葉山良二の弁護士と悪に立ち向かう。悪徳地上げ屋が登場するが、東京五輪の5年前の開発ブームで、ホテル建設をもくろむ勢力が町の商店街をつぶそうとしているという設定。芦川いづみは葉山良二の弁護士をおびき出すために捕まってしまう。そういうシーンがあるが、まあ芦川いづみ映画としては普通だろう。まだ赤木圭一郎が若造で、学生の暴れん坊という設定で映画になった時代の映画である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ヤミ市」と映画

2015年09月23日 00時50分17秒 |  〃 (歴史・地理)
 実はここ数日間具合が悪かった。デモで疲れた腰は一日休んで何とか持ち直した感じだけど、先週後半は雨模様の中、遅くまでデモに行ったり、頭が沸騰して眠りが浅くなったり…、やっぱり風邪気味である。連休が続いているが、家でおとなしくしていた。土曜からカラッと晴れているが、確かに「成立」が連休明けにずれ込んだりしていたら、ここ数日は格好の抗議運動日和だったことだろう。

 今日はサミュエル・フラー「東京暗黒街・竹の家」という、いかにもB級娯楽作のお手本のような映画の前売りを買ってあったので、どうしても行かなくては。これはシャーリー・ヤマグチ(山口淑子)が本格的に登場するハリウッド映画で、戦後初めて本格的に日本ロケした珍作として知られる。ラストの浅草松屋の屋上遊園地の場面が有名で、もしかしたらどこかで見たかもしれないが、ここまでキレイな画面で見たのは初めてだと思う。まあ、変な筋立てではあるけれど、国辱映画というほどでもない。

 映画の前はどうしようかなあと思ったら、池袋でやってる「戦後池袋 ヤミ市から自由文化都市へ」という戦後70年企画の展示が今日までだと気付いた。今日はこのことを書きたい。安保法制の続また後で。映画や教科書問題、本などの話を先に書いてしまいたい。東京芸術劇場のギャラリーでやってた展示や立教学院展示館、自由学園明日館での催しは22日で終わりだが、豊島区立郷土資料館での展示は11月29日まで。池袋のヤミ市マーケットのジオラマが展示されていて面白いし、貴重。

 東京のターミナル駅付近は、おおむね戦後にヤミ市が広がる地帯ができた。そこでは、戦時中に抑圧されてきた民衆のエネルギーと欲望が解放され、暴力もはびこりながらも、戦後の「自由」を象徴するイメージともなった。統制経済に違反する場所ではあるけれど、法を守っていては死ぬ時代である。(「ヤミ」を買わずに死んだとされる判事が大問題となった。)もちろん、同時代的に知っているわけもないけれど、さまざまな本や映画などで作られてきた知識とイメージである。今回、写真やジオラマを見ると、「仁義なき戦い」などの映画で見たのとほぼ同様だと思う。

 池袋は埼玉県に通じる西武池袋線東武東上線が大正時代初めから開通していた。映画化された「この国の空」でも、西武で買い出しに出かける設定になっている。農村地域に通じる池袋にヤミ市が広がるのも当然だった。東口にも西口にも出来たけれど、東口は割と早く(講和すぐの頃)に整理されていくのに対し、西口は長く再開発されず、1960年代初めまでマーケットが存在した。今の東京芸術劇場のあたりも、なかなか開発されずにいた。その後池袋と言えば、デパートというイメージができるが、当時の写真を通して、マーケットが整理されデパートが建設される様子がうかがえる。(西武と東武は今もあるが、三越はヤマダ電機になっている。)また、僕も初めて知ったのだが、東京学芸大学附属豊島小学校というのが、1961年まで池袋にあった。今は小金井に移っている。いや、知らなかった。

 また、マンガ(豊島区にトキワ壮があった)、カストリ雑誌などの展示も充実。「真相」とか「リベラル」など、名のみ有名な雑誌を初めて見た。映画館の人生坐も紹介されている。後に文芸坐を開き、今の新文芸坐になる名画座である。サンカ小説で知られる三角寛が開いた映画館で、松竹で上映中止になった大島渚の「日本の夜と霧」を上映した話は知っていたけど、5週間ものロードショーを行ったと出ていたのにはビックリ。また、今年が没後50年となる江戸川乱歩の展示も別に行われている。光文社にある「ミステリー文学資料館」でも乱歩展が開かれているので、寄ってみた。乱歩(平井太郎)は立教大学の隣に住んでいて、子息の平井隆太郎氏は立教大学教授だった。

 さて、新文芸坐では戦後70年特集をずっと行っているが、第3期の「戦後を考える映画特集」を先週までやっていた。そこで加藤泰監督の「男の顔は履歴書」と「懲役十八年」を見た。加藤泰は主に東映で時代劇や任侠映画を作った監督で、「明治侠客伝 三代目襲名」(1965)、「沓掛時次郎 遊侠一匹」(1966)、「骨までしゃぶる」(1966)と傑作を連発した後に、松竹で「男の顔は履歴書」(1966)「阿片台地 地獄部隊突撃せよ」(1966)を撮った。その後、東映で「懲役十八年」(1967)を撮るが、この3本はいずれも安藤昇主演で、戦争や戦後にこだわった映画である。その後、もう一回松竹で「みな殺しの霊歌」(1968)を撮る。その後は東映で藤純子主演の緋牡丹博徒シリーズを撮って有名になるが、安藤昇三部作などは深い思いが沈潜する暗い映画で、僕は魅せられてしまう。

 安藤昇主演の3作目、フィルムセンター所蔵フィルムで上映された「懲役十八年」は、「特攻くずれ」の若者が、特攻隊関係者でマーケットを作る夢に賭ける。だが、警察と衝突し、安藤昇は仲間の小池朝雄を逃して、自分が捕まる。ところが、小池はマーケットではなく特飲街を作り、特攻で死んだ者の母親などは放り出される。特攻で死んだ兄を慕う桜町弘子は安藤を頼るが、彼女の行方不明の弟が刑務所で安藤の房に入ってくる。その弟に小池は「兄の死は安藤のせい」とたきつけ、過去を知る安藤を消そうと図る。最後は脱獄して壮絶なアクション映画となるが、「ヤミ市」を読み解くキーワードとして「特攻」を描いている。「特攻隊で死ぬはずが生き残った」者が自暴自棄になった様子はよく小説や映画で描かれてきた。この映画は「生き残った負い目」という深い思いを伝えてくれる。

 1作目の「男の顔は履歴書」はさらに驚くべきテーマを扱っている。それは「第三国人」という問題である。主に朝鮮半島出身者を指して、戦勝国でもなく敗戦国でもない立場という意味で、旧植民地出身者を差別して呼ぶ言葉である。この映画でも、朝鮮人組織のボス役の内田良平が日本人は朝鮮で何をしたと詰め寄るセリフがいっぱい出てくる。実際、朝鮮人や台湾人の組織が日本人の組織をぶつかる事態はよくあったとされる。「組織」とはヤクザ組織だが、実力で暴れている愚連隊のようなものも多い。その相互の争いは、まさに「仁義なき戦い」のようなものだったろう。それらの出来事は、民衆心理の奥底にその後も長く生きていったのは事実である。

 この映画の安藤昇は医者で軍医だった。マーケットの地主でもあり、「三国人組織」の横暴に立ち上がってくれと頼まれる。だが、戦争で深い傷を負う彼は、安易に旗を振る気になれない。そこに、朝鮮人のかつての部下(唯一、戦場で人間として接してくれたと安藤を慕っている)が現れ、直情的な弟(伊丹十三)も戻ってくる。弟は組織に殴り込み捕まるが、朝鮮女性・李恵春(真理明美)は弟に同情し、組織を裏切り逃がす。こうして、両者の壮絶な戦いは避けられなくなり、ついに立ち上がった安藤は逮捕され…。出所後のエピソードも深い余韻を残すのだが、もう触れない。映画の冒頭で「すべての民族が幸福に暮らせる世が来ることを願って作られた」といった断りが出る。うっかり短絡して見ると、民族対立をあおるような側面もあるからである。そのことも含めて、戦後民衆史の一こまである。つまり、ヤミ市を単に「自由」と捉えるだけでは不十分で、売春や民族対立などの負の側面も触れないと本当の実像は見えてこない。民衆史では、負の歴史をも追求し分析し乗り越えていかないといけない

 なお、主演の安藤昇(1926~)はもう芸能活動を行っていないので、知らない人もいるかと思う。ホントにヤクザだった人物だから、役で演じていただけの高倉健や菅原文太などと違い、公に顕彰されることもない。少年院から予科練に合格するも、特攻出撃前に敗戦を迎えた「特攻隊くずれ」である。法政大に入学するも退学、渋谷に東興業を起こす。これが後に暴力団「安藤組」になっていくが、現代風な背広のヤクザを目指し、大学生や高校生も集めたという。1958年に横井英樹の襲撃事件を指示し、逮捕される。横井は白木屋乗っ取り事件などで知られるが、晩年にホテル・ニュージャパン火災で多くの死者が出た事件で実刑判決を受けた。安藤は1964年に出所後、芸能界入りし、自分の人生をモデルにした本を書いて映画化した。なかなか端整な顔に傷もあるというホンモノの元ヤクザで、「実録安藤組」といった映画で自分の役を自分で演じた。「俺様自慢」的な面が強いが、案外嫌いになれない面もある。演技力を超えた次元の役者である。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保法案、国会議員の投票行動

2015年09月21日 23時24分06秒 | 政治
 20日付東京新聞の朝刊に「安保関連法の本会議投票行動」という全議員を網羅した一覧が出ている。忘れないように、それを紹介しておきたいと思う。もっとも、大政党の場合は、改めて書くまでもないとも言えるので、小党や無所属議員の確認ということになってしまう。ちょっと面倒だけど。

 まず、衆議院(7.16)。もう忘れている人が多いと思うが、野党側は「審議打ち切り」に反対して採決に応じなかった。そのため、「賛成327、反対2」で衆議院を通過したのである。

 「賛成」は、自民党(287人)、公明党(35人)に加え、次世代の党(2人=平沼赳夫、園田博之)、および小選挙区で当選した保守系無所属議員3人(小泉龍司、長崎幸太郎)が賛成した。(次世代の党というのは、衆議院ではもうすぐ消滅してしまいそうだが。)自民党の中で、2人、村上誠一郎、若狭勝は本会議を欠席している。どちらも「体調不良」とされているが、村上議員などはかねてより法案を批判していた。また、保守系無所属の中村喜四郎も欠席した。(追記参照)

 民主党(70人)と維新(40人)、共産党(21人)、社民党(2人)および無所属3人(浅尾慶一郎、野間健、上西小百合)は採決時に退席した。退席ではなく、そもそも欠席したのは、先の自民2人に加え、民主党2人(松本剛明、鈴木克昌)、生活2人(小沢一郎、玉城デニー)と無所属1人(亀井静香)である。本会議に出席して反対したのは、民主から出ている副議長・川端達夫と沖縄4区の「オール沖縄」仲里利信の2人。まあ、副議長では欠席も退席もできない。

 続いて参議院だが、記憶に新しいように9月18日の深夜、日付も変わって19日に採決があった。特別委の採決そのものが「違法」であるという主張もあるだろうが、そうすると反対討論もなくあっという間に成立してしまう。やはり反対であるという討論は歴史に残すべきだと思うし、反対討論はいずれも賛成討論を圧倒していたとテレビを見ていて思った。だから、採決に応じた意味はあったと思う。

 前に書いたように、参議院の採決では3野党(会派)は最終盤で賛成に回った。(参議院のホームページを見て、先の記事では「日本を元気にする会」の中に「行田邦子議員」を加えたが、行田議員は反対に投票している。参議院会派名は「日本を元気にする会・無所属会」で、投票行動一覧では田中茂議員と行田議員が無所属のところに出ている。田中議員は賛成したが、行田議員は反対したというわけである。先の記事に追加して訂正しておきたい。)

 読売新聞は、この3党の行動を「ミニ政党が存在感」などと評価する記事を載せているが、僕は全く理解できない。確かに内閣提出の原案を修正するとするなら、これは重大な変更と言える。だから、修正できたとしたら、それは「ないよりまし」だから、賛成するという考えも一概に否定しない。でも、「付帯決議」と「閣議決定」だけだとしたら、「強行採決ではない」という「ヘリクツ」を与党に与えたことと釣り合わないと僕は思うのである。というか、法案作成技術の問題で、少しは譲れる「のりしろ」部分を作っておいて、最後に付帯決議かなんかで野党を引っ張り込んで、採決を正当化するという作戦が最初から出来ていたとしか僕には思えない。

 賛成は148人自民(114人)に、公明(20人)。それに次世代(5人、和田政宗、浜田和幸、江口克彦、中山恭子、中野正志)、日本を元気にする会(5人、松田公太、山田太郎、アントニオ猪木、井上義行、山口和之)、改革(1人、荒井広之)に加え、無所属3人(平野達男、松沢成文、田中茂)となっている。

 一方、反対は、90人。民主(59人)、維新(11人)、共産(10人)、社民(3人)、生活(3人)および無所属(4人、行田邦子、水野賢一、糸数慶子、渡辺美知太郎)が反対した。(輿石東副議長は民主に含む。なお、議長は裁決に加わらないが、副議長は裁決に加わる。)さらに、採決に退席が2人いて、いずれも「みんなの党」で当選して、解党後に「無所属クラブ」に所属していた、中西健治、薬師寺道代である。欠席は1人で、共産党の吉良佳子だけど、産休だということである。

 ちょっと面倒だけど、記録という意味で。なお、「維新」は今回まとまって行動したが、それは恐らくは「解党」または「分党」を見越した行動で、円満に別れて「政党助成金」を受け取りたいということだろう。もうすぐ大阪系の議員が離党して、「おおさか維新の会」なる国政政党を作る予定とされている。この新党は恐らく「安倍与党」となるのではないかと思う。とりあえず、2016年の参議院選挙までは、大きな国政選挙はないだろう。覚えておけるだろうか、わが国民は…。

追記)9.23付東京新聞は、無所属の中村喜四郎議員の投票行動を、賛成から欠席に訂正するという記事を掲載した。それに基づいて、この記事も訂正しておく。欠席した理由は、集団的自衛権には賛成だが、憲法改正によって実現すべきであり、また国会審議は不十分で採決の段階ではないということだという。自民党内閣で閣僚を務めた議員であっても、無所属ならば自己の判断でこのぐらいのことはできるということである。(9.23)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今もイラク戦争支持の安倍首相

2015年09月20日 23時16分55秒 |  〃  (安倍政権論)
 土曜日は疲れて休んでいたけれど、もう少し安保法案に関する記事を書きたい。
 安倍首相が「満州事変」(発端の柳条湖事件)をきちんと認識していないことは前に書いた。その答弁と同じときに、水野賢一議員の質問に重大な答弁をしていた。それは「イラク戦争」に関して、今も「間違っていなかった」と答弁したのである。2003年の開戦当時、アメリカのブッシュ大統領は、イラクのフセイン政権は「大量破壊兵器」を保有していて、テロ組織に流れる可能性があると主張していた。戦争後になって、結果的に「大量破壊兵器はなかった」と確認されている。

 「大量破壊兵器がないことの挙証責任」がフセイン政権にあったことは確かである。フセイン政権の対応に数々の問題があったことは間違いない。だけど、世俗左派のバアス党フセイン政権と、「イスラム過激派」のアル=カイダは、互いに絶対に相容れない政敵関係にあるのだから、同じ反米だからフセイン政権とアル=カイダが共闘して、イラクの兵器がテロ組織に流れるだろうなどというのは、恐怖による妄想以外の何物でもない。フセイン政権をただ打倒するだけでは、宗派対立や民族対立が激しくなり、イラクの国家的統一が崩れていくことは容易に判ることである。結果的にイラクは事実上分裂し、テロ組織がはびこる地帯となった「意外」ではなく、「当然」の事態である。

 イラク戦争終了後に、戦争に参加、支持した多くの国で「検証」が行われた。米軍と共に当初から戦争に参加したイギリスでも、当時のブレア首相を喚問するなどして厳しい検証作業が行われた。そうした動向に押されて、日本でも民主党政権の末期になってようやく検証作業が行われ、2012 年 12 月に「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」がまとまった。しかし、わずか4ページの「報告の主なポイント」と題した文書だけが公表され、未だに報告書は公開されていないのだそうた。情報公開請求が行われたが、非開示という決定となり、開示を求める裁判が起こされているそうだ。

 そんな日本なのである。安倍首相は参議院での質問に対して、今でも「イラク戦争支持」という当時の方針は間違っていないと明言していた。何という不見識、何という不道徳な認識だろうかと思う。これでは、今のオバマ政権とも違っているのではないか。国連決議なくして始められ、「戦争目的」が間違いだったことが明白となって、イラクをテロの巣窟にしてしまった戦争。それを今でも支持しているなどというのは、世界でそんなことを今も堂々と言う指導者が他にいるのだろうか
 
 安倍首相は、今回の安保法案が成立しても、日本は湾岸戦争にもイラク戦争にも参加しないと答弁していた。本当なんだろうか。当時でも、日本国内では「イラクの持つ大量破壊兵器が日本で使われないとは言えないではないか」などと真顔で主張していた人がいるのを僕はよく覚えている。だから、「フセイン政権の大量破壊兵器」は日本にとって「存立危機事態」に当たると言いだす人も出てこないとは言えない。法律上、必ず参加しないという明文上の規定はないだろう。だけど、安倍首相がそういうのは、要するに中東における実戦参加なんて「自衛隊はお呼びでない」という現実があると言うだけのことだろう。米軍は自衛隊に下請けの仕事だけやってもらいたいわけだから。

 日本現代史の歴史認識といい、あるいはイラク戦争といい、この程度のレベルのリーダーなのである。この総理のもとで、成立した法律の数々、今回の安保法案に限らず、労働者派遣法改正なども含め、僕は全く政府側の言うことを信用できないと思っている。しかし、このような安倍氏を指して「歴史に学んでいない」というのは、明らかに間違いだろう。安倍氏など自民党の「右派」と呼ばれる人々の思考回路は、先の戦争はアメリカと戦ったのが間違い、今後は何を置いてもアメリカについて行く、強い側に付いて行くんだから、「正しい歴史の教訓」を得ているのだと心底思っているのだろう

 戦争終了後70年も経っているのに、日本国内にかつての敵国軍が大きな基地を置いていて、地位協定などでも日本側の権利が制限されている。そういう状態を永続させようというのだから、普通の意味では「ナショナリスト」とか「右翼」とは言えないだろう。そういう考えの人々が権力を握っている以上、どんなに「平和安全法案」だと強弁しても、顔洗って歴史の勉強からやり直せと言いたくなる。

 ところで、日本テレビの夕方のニュース番組で安倍首相がインタビューに答えていた。「60年安保の時は、首相の身辺の安全も確保できないかもしれないということだった。今回はそういうことはないので、国会内で平常心で成立を待っていました」とか言っていた。デモ隊が国会に乱入でもしない限り、この人は何も感じないのだろうか。大体、「これまでも丁寧に説明してきたが、成立したあとも丁寧に説明していきたい」などと自民党が言うのを聞くと、怒りや驚きを通り越して絶望感に陥る。大体、「説明」と言っても、仲間うちのテレビ局に出かけて(国会のある日に大阪まで行ったりして)バラエティ番組に出たりするのを「説明」と思っている。反対の論調の新聞社のインタビューに応じるということがない。だけど、それは「臆病」とか「卑怯」というのでもないだろう。このように国論二分の状況を作るのも、ある種目的なんだろうなと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「サルスベリ革命」はこれからも続く

2015年09月19日 02時23分25秒 | 政治
 安保法案の採決を行う参議院本会議が、今これを書いているときに開かれている。今この時に首都圏直下地震が起きでもしない限り、あと数十分すれば成立することだろう。僕はもうずっと国会前にいるつもりで出かけたんだけど、5時過ぎからほぼ立ち通しで、腰の限界が来たと思った。帰って、今テレビを見ている。(たった今成立してしまった。)

 僕が帰りに向った10時半頃にも、驚くべきことにどんどん新しく来る人がいるではないか。帰る人ももちろんいるのだが、その頃に来る人いる。昼間は高齢者や子ども連れ、車いすの人なども来ている。夕方になると、夜の集会に向けた各種組織(労働組合、平和団体、大学などの会)の旗が目立ってくる。まあお花見みたいに、早く来れる人が「場所取り」しているんだろう。その時間だけ見ると、やっぱり「高齢者」が多いのか、若い人が参加してるというけど、ホントかなという気もする。(もちろんステージ周辺ではSEALDSの若者たちがいっぱいいるけど。)ところが、仕事帰りに掛けつけられる8時頃から、会社員もいれば、若い女性もいる、若い学生と思われる人も多くなる。老若男女、さまざまな人が集う場となっている。確かにこれは新しかったのだと思う。もっとも、逆に言えば、そこまで安倍政権の進め方がひどすぎた

 これは一種の「民衆革命」ではないか。「ジャスミン革命」(チュニジア)や「オレンジ革命」(ウクライナ)のように、権力者を取り換えることは出来ていない。しかし、台湾の「ひまわり革命」(ひまわり学生運動)、香港の「雨傘革命」のように、直接の政権交代にはならなくても重大な社会への影響があれば、今は革命とネーミングしてもいいではないかと思う。そういう意味では、この夏の数カ月に及ぶ反対運動も、日本の民衆革命ととらえてもいいのではないか。これは今後も継続して続けられていく。ずっと、ずっと、ずっと…。

 では、名前を付けてしまいましょう。僕が一カ月ほど前に思いついたのが「サルスベリ(百日紅)革命」というものである。今日、初めて書くのだが、こだわるつもりもない。もっといい名前があれば付けて欲しい。ネーミングの著作権なども主張しないから、いいと思う人は勝手に使って結構です。

 なんで「サルスベリ」なのか。これがサルスベリという花。

 サルスベリとは、ミソハギ科の落葉木。漢字では「百日紅」と書く。
 夏の期間に、約100日間も赤い花を付け続ける6月から10月にかけて
 ずっと同じ花が付いているように見えるけれど、実は「一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見える」のである。
 和名のサルスベリ(猿滑)は、猿も滑って落ちてしまうほどつるつるの樹皮によるもの
 花言葉は、『雄弁』。(他にも愛嬌、あなたを信じる、潔白、世話好き、不用意などというものもある。)

 6月からずっと咲き続けるという、この花の特徴が、この反対運動にふさわしいではないか。それに同じ花が咲いているのではなく、どんどん目が出てきて花を付けるというところも
 あれだけ高支持率で盤石に見えた安倍政権も、猿が滑り落ちてしまうように、サルスベリを登ることはできないんだという点でも、いい名前だと思う。それに花言葉が「雄弁」だということも。

 でも、このネーミングだと、某党の「若手議員」の皆さんなんかが、「やっぱり反対運動はアカだった」とか、またまたおバカなことを言いだしかねないというところが弱点か。でも「百日紅」っていうのは、杉浦日向子が葛飾北斎の娘お栄を描いた劇画で、今年原恵一監督によりアニメ化された作品、という連想を浮かべるかもしれない。
 さて、国会前抗議運動の写真を載せておく。前の2枚は9月14日。後の2枚は18日。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「9・18」を「第二の満州事変」にしてはならない

2015年09月18日 00時37分08秒 | 政治
 もう書かないつもりだったのだが、すぐに寝られそうもないので、もう一つ書いておきたいと思う。
 国会では野党側が、参議院での問責決議案、あるいは衆議院での内閣不信任案を立て続けに出す状況である。だけど、それらはいずれ否決される。参議院にはすでに安保法案が緊急上程されているということだから、18日に可決、成立するという可能性は、「国会の常識」的には高いと思うしかない

 それは、それは!絶句である。9月18日。「満州事変」の起こった日である関東軍(日本が清、中華民国から租借していた遼東半島=関東州に置かれていた大日本帝国陸軍の名前。関東州と満鉄付属地を守備するための部隊だが、事実上、日本の満州支配の中心だった)が自分で満鉄(南満州鉄道)を爆破して、中国側の仕業として攻撃を加えた。1931年(昭和6年)のことである。関東軍は満洲(中国東北部)全体を支配するに至り、1932年には「満州国」成立を宣言した。これが、昭和の長い戦争の始まりであり、日本の侵略と言うしかないできごとである。

 ところで、今では普通誰でも知っているこの出来事を安倍首相は認めていない。ついこの間、国会質問を(昼間に出来なかった分と言うことで)深夜に見ていた。福島みずほや山本太郎など少数会派の質問は、こうして深夜にしか見られないのである。それはそれとして、水野賢一(無所属クラブ)が、満州事変について聞いていた。「関東軍が謀略で始めたということでいいですよね」と聞くと、そういう歴史的な問題は専門家に任せるべきとかなんとか、例のごとく答えていたのである。「評価の問題を聞いているのではなく、事実認識を聞いているんですよ」と再度聞いても答えは変わらない。こんな現代史の常識レベルのことで議論が成り立たないのが、今の日本の政治なのである。

 まあ、安倍首相はお勉強しなかったのかもしれないけど、大人になってもマトモな歴史学者の書いた本を読んでないのかな。それはそれとして、水野議員の質問はさらに続く。今回の法案が成立すれば、日本が攻撃されていなくても、武器を備えた自衛隊が海外に展開されることがある。そういう部隊が万一、その武力を使って、かつての関東軍のように独断で戦争を始めてしまったという場合があったとして…、その場合はどういう法的な対処ができるのかと問うのである。

 それに対して、中谷防衛相は、そういうことがないように十分隊内教育を行うので心配ないという答弁だった。これは、今回に限らないが、特に今回の法案審議に特徴的な、「答えになっていない答弁」の一例である。そりゃあ、そういう教育はしてくれないと困るけど、具体的にはどういう法律に触れるのかという質問には全く答えていない。隊内で処罰されるとも言ってたけど、ようするにそれは「行政罰」であって、「刑事罰」はどうなるのか?

 むろん、国内でクーデタを起こせば、それ自体が「内乱罪」だし、その過程で殺人、傷害、監禁などの出来事があれば刑法に触れる。でも、刑法は本質的に日本国内で起こった犯罪を対象にしているのである。ただ、殺人などは国外犯処罰規定があり、日本人が海外でテロ行為の被害を受けた場合なども、(事実上は日本の警察には何もできないけど)、犯人を日本の刑法で処罰できるようにしてある。自衛隊は本来日本以外で活動するとは誰も思わなかったから、自衛隊法(命令に反したり、集団で不服従するなどに罰則がある)には国外犯規定がなかった。今回のいくつもの法案の中で、国外犯規定を追加する改正案が出されているらしい。

 現実にイラク派遣部隊では、「業務上過失傷害」事件が起きていたが(交通事故)、国外犯規定がないから、日本の法律では裁かれなかったという。これを隊内の処分だけで済ますというのはおかしいと思うが、おかしいのは自衛隊をイラクに派遣したということがそもそもおかしい。それはともかく、「内乱罪」には国外犯処罰規定があるが、外国で事件を起こすだけでは「内乱」ではない。「満州事変」は結果的に日本国家が公認してしまったので、処罰されなかった。中心人物の石原莞爾や板垣征四郎などはかえって出世していった。そんな場合のケースが今後も起こるとは考えられないと言えばその通りだけど、確かに処罰規定があるような、ないような。あらゆるケースに対応できる「切れ目のない法整備」というけど、都合の悪いケースなどは「起こるわけないじゃん」と考えられていないのである。

 日本の暗い歴史の始まりと同じ日に、また日本の間違った歴史が始まったと将来語られることになってはまずいよね。(学校で覚えやすいかもしれないけど。)「9・18」に集団的自衛権を解禁するなんて、そんなことになったら、悪い冗談と笑って済ませられない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賛成「3党」の重大な責任

2015年09月17日 23時09分31秒 | 政治
 あれが「採決」なんだろうか。参議院の特別委員会の出来事は、いつもの「強行採決」と言えばそれまでだけど、怒号が飛び交うだけで、委員長が「賛成の諸君の起立を求めます」というのを録音で確認できるのだろうか。しかし、「そういう時」がいずれ訪れることは、予測はできた。「違憲」の法律を通そうとすれば、「強行採決」になるしかないんだから。だから、僕はもう「安保法案」の中身を批判する以前に、「国会はこれでいいのか」「何も今国会で採決しなくてもいいではないか」という一点で、先に記事を書いたわけである。アメリカに約束しちゃったからかどうか、安倍首相と自民党は強硬姿勢を崩さない。「国民の理解がなくてもいいんだ」と首相自身が言うのだから話にならない。

 この「強行採決」を鴻池委員長は「強行採決ではない」と言っている。毎日新聞のインタビューに対して以下のように答えている。
 --これは「強行採決」か。
 鴻池委員長 これは強行ではないと思う参院にある10党のうち5党が賛成し採決した自公だけなら、強行になる。3党(元気、次世代、改革)が野党として賛成に回ってくれた。評価するし、感謝している。

 これはリクツというより、明らかにヘリクツだ。そもそも「強行」というのは、「やり方」の問題であって、何党が加わったかどうかという問題ではないのは、常識の問題だろう。それにしても、賛成に回った3党というのは何なんだろう。最後の最後に与党に助け船を出す「隠れ与党」ではないか。

 この3党は、共同で修正案を出していた。その中身は、「①自衛隊の海外派遣時に例外なく国会の事前承認を得る②派遣後も90日ごとに国会の再承認を得る」などといったものだった。「違憲」である法案に、この程度の修正を加えても、本質は変わらない。だけど、その中で「国会の事前承認」を例外なく必要とするという規定は、まあ、ないよりはずっといいだろう。そうして、結果的に賛成に回ったんだから、そういう修正が加えられたんだよね。と思うと、違うのである。修正要求を出していて、修正要求が通っていないのに、賛成に回ってしまったのである。何だ、それ。

 与党と3党の協議では、次のようなことで合意した。「(「存立危機事態」において)自衛隊を派遣する際に例外なく国会の事前承認を求めるなどとした付帯決議を参議院で行うとともにそれを尊重するとした閣議決定を行う」と言うのである。付帯決議は法的拘束力がないし、閣議決定は内閣が変えられる。国会質疑では、法律で決めず内閣の判断で行うような答弁がなされてきた。だから、そもそも外国派兵を決める政権が出てきたら、この閣議決定を変えてしまえばいいだけのことで、法律に書いてないんだから内閣にお任せという問題点は一切変わっていない

 これでもって賛成に回るというのは、僕の想像するに、国会審議最終盤で合意ができたという芝居をして、もめるに決まっている採決に助け船を出すというシナリオが出来ていたのだろうと思う。参議院段階で修正をしたら衆議院に送り返して改めて採決する必要がある。そんなことをするぐらいなら、(衆議院本会議を開くんだから)、何も3党と合意しなくても修正前の案を3分の2で通してしまえるではないか。だから、参議院段階で修正案を飲むことはないに決まっている。

 この「3党」とは誰か?
★「日本を元気にする会」(7人)
 アントニオ猪木(比例)、井上義行(比例)、行田邦子(埼玉)、田中茂(比例)、松田公太(東京)、山口和之(比例)、山田太郎(比例)
次世代の党(5人)
 江口克彦(比例)、中野正志(比例)、中山恭子(比例)、浜田和幸(鳥取)、和田政宗(宮城)
新党改革(2人)
 荒井広幸(比例)、平野達男(岩手)

 いちいち解説を加えるのは面倒なので省略する。「日本維新の会」とか「みんなの党」とかの、今は亡き党から出た議員が多い。名前を覚えておきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今こそ国会前に!

2015年09月17日 01時26分20秒 | 政治
 国会最終盤、安保法制をめぐる最後の攻防が続いている。このままでは17日も本会議で成立するか、18日の金曜日に持ち越せるかという情勢である。安倍内閣と自民党は、今週中の成立を強く目指している。実は後で書くように、今日は夜9時過ぎにちょっと国会前に寄ったのである。今日の委員会採決はなさそうだと思い、少しして帰ることにした。ところが今も委員会をめぐる攻防は続き、日が変わって17日になって委員会を強行開催して、採決してしまうと言われている。これは暴挙以外の何物でもない。国会最終日でもないのに、こんなことをしていていいのか。国会議員や国会、各党の職員、警備の警官など、健康を害する長時間労働をしてはいけない、させてはいけない。

 こういう時には、国民は国会前に参集して、抗議の声を挙げなくてはいけない。抗議のやり方はさまざまにあるが、首都である東京に設置された国会議事堂の周辺に集まって、抗議する、それが一番判りやすくて、伝わりやすい「60年安保」以来、あるいは「3・11」以来、人々の間で続けられてきた日本民衆の財産である。それだけの歴史的な重みがある。

 誰でも参加できる。一人でも参加できる。どうしても、大きな組織がないと行きにくい、集まる目印の旗がないと居場所がないと思う人も多いだろう。でも、今回は今までのどんなデモ、集会を大きく超えて、明らかに無党派、どのグループにも属していない、ただ一人の人間として集まったと思える人が半分近いように思う。もちろん、労働組合や平和団体、民主党や共産党系の(知ってる人には判る)団体の旗も多い。中には新左翼系のグループもいるし、ビラを配っている。だけど、参加者どうしのいさかいはない。あまりにもひどい安倍内閣の暴挙を止めたいという一点で共闘できる人が来ている

 やることは、声を挙げることだけである。スローガンを一緒に叫ぶ。若い人はともかく、年寄りは全部叫んでいると声が枯れてしまう。僕は半分ぐらいにしている。ずっと立ってるのもつらい。だから、できることをやればいいと思う。「参加することに意義がある」という、かつての五輪である。だから、昔のデモとは違うのである。デモンストレーションには違いないけど、屋外コンサートで一緒に叫ぶ、あるいは「群読」するようなものである。それだけでいいのだろうかと思うぐらいに。

 そして、帰りも整然と帰る。けが人を出さないように、多くの人々が秩序だって解散する。つまり、大地震が起きても略奪もなく整然と行動した日本人、ワールドカップの試合観戦後に清掃をして帰った日本人と同じなんだと思う。これが「日本民衆の底力」なんだと僕は思うようになった。

 帰りは地下鉄で帰る。ほとんどの人はそうだろう。(東京メトロはずいぶん臨時収入があるのではないか。)だから、地下鉄が動いていることが前提になっている。つまり、地下鉄労働者がゼネストに立ち上がって、首都圏の交通網が遮断されるなどとは誰も想定もしていないし、求めてもいない。そんなものはもうどこでも起こらないだろう。その意味では古典的な意味での革命とは縁遠い。だけど、ここまで広がると、香港の「雨傘革命」台湾の「ひまわり革命」というネーミングが世界の人々の心に訴えたと同じような意味で、日本で3カ月も続いている事態は、一種の「民衆革命」ではないかと思う。病気や障がい、高齢者や子どもを抱えた人、地方在住でなかなか東京には行けない人、仕事や家庭の事情など、さまざまな事情で参加が難しい人もいるだろう。だからこそ、少しでも参加できる人は、行きたくても行けない人の思いも背負って、少しでも行くべきだと思う。

 デモで何が変わるか?何も変わらないとしても、「自分」は変わると思う。そこからしか始まらないだろう。人は最初に何かを起こすときが難しい。だけど、どんなことにも一度やって見れば、思ったほどは大変ではない。もう一つ、「廃案」とか「退陣」とか、書いてるだけでは絶対実現できそうもないスローガンなんだけど、そして現実にはすぐには実現できないのかもしれないが、皆で叫んでいると、確かに多くの人が廃案や退陣を求めているんだと確信が持てるようになるのである。だから、ホントはよく判らないから廃案とまでは叫べない、あるいは選挙や病気以外での首相退陣はどうも…などと思ってる人も、思い切って一緒に叫んでしまう方がいい(と僕は思う。)

 ここで、15日の中央公聴会で行われた、奥田愛基(おくだ・あき SEALDs中心メンバー)氏の陳述を引用したいと思ったのだが、長くなったので次回に回したい。とても印象的で、感動的だった。「どっちに理があるか」、読めば一読瞭然だと思う。僕は東京新聞で読んだので、そこのサイトを紹介。

 最後に、国会前抗議集会参加の具体的な注意点を少し。
 人が多いので、渋谷ハチ公前のような待ち合わせはできないと思った方がいい。誰かと一緒の人は、地下鉄の駅で待ち合わせたほうがいい。遅れた人は一人ひとりで参加を。トイレは必ず駅で行っておく。長くいるつもりの人は、軽食や飲み物もいるかもしれない。東京の人は大体、パスモやスイカ(IC乗車券)か、または回数券(実はこれが一番安い、特に土日に出かける人は)を持ってると思うが、地方の人は帰りの切符は事前に買わない方がいい。人の流れで違う駅に誘導されることが多いと思うので。国会議事堂前や永田町駅が至近だが、混んでる時は桜田門か霞が関から歩く方がいいかもしれない。寒さ対策と暑さ対策(けっこうまだ蒸し暑い)と両方必要だし、もちろん木金は雨になるので準備がいる。また、写真の撮り方は気配りを持って。あと、警備の警官の対応に一々ムカついていると、なかなか目的場所に達しない。まあ、鷹揚に構えていきましょう。向こうも仕事なんだから。も一つ最後に。耳が悪い人、弱い人は、大音量が苦手なので、うっかりスピーカーの近くにいると、とんでもないことになる。気を付けて、外れの方で過ごしましょう。

 16日は、夜に文学座アトリエ公演、別役実の新作「あの子はだあれ、だれでしょね」を見に行った。珍しく初日。尼崎連続変死事件をモデルにした作品で、不条理演劇の別役作品を現実の方が超えてしまったような感じである。その前に「ナイトクローラー」という映画を見た。疲れていたので、寝ないような映画を選んだのだが面白かった。どっちも、ホントだったらもっと書いて一本の記事にするのだが、今回は安保法案問題を書きたいので、またいずれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリアに続こう!

2015年09月16日 00時14分04秒 |  〃  (国際問題)
 まだ映画の話が続きそうだけど、書いてると長くなってしまうので、自分でも大変。一方、国会情勢が最終盤を迎えて気になってしまう。オーストラリアの新情勢を受けて、ちょっと政治の話に戻りたい。(もっとも、僕にとって映画や演劇の話を書くのと、日本や世界の情勢について書くのは等価の問題であるけれど。)芦川いづみ映画の話はあとでまた2回書きたいと思う。

 さて、ちょっと驚いたのはオーストラリアの政変アボット首相が与党・自由党の党首選に敗れて突然辞任。それまで通信相を務めていたターンブル氏が首相に就任したのである。オーストラリアの政局には詳しくないので、突然の首相交代劇にビックリ。アボット氏は安倍首相と親しく、今までも防衛協力や対中国への警戒的スタンスなど政治的方向性に共通性があった。それに対してターンブル氏は党内リベラル派として知られ、「徹底したリベラルな政府にする」と語ったという。

 ちょっとオーストラリアの政治史を調べてみると、戦後ずっと、ほんのわずかの間「地方党」という党の政権があったものの、後は自由党労働党が交互に政権についてきた。
 70年代以後ををずっと見てみると、以下の通り。
①1968~1972 自由党 ゴートン(2次)、マクマホン
②1972~1975 労働党 ホイットラム(3次)
③1975~1983 自由党 フレーザー(4次)
④1983~1996 労働党 ホーク(4次)、キーティング(2次)
⑤1996~2007 自由党 ハワード(4次)
⑥2007~2013 労働党 ラッド(2次)、ギラード(2次)
⑦2013~    自由党 アボット、ターンブル

 以上のように、見事なまでに主要な2党が交代交代に政権についている。下院(代議院)は150人で、選挙制度は小選挙区制度。ただ、英国王(女王)を国家元首に戴き、総督が首相を任命するという英国式の議院内閣制を取っている。これに対し、英国との絆を断ち切り、共和制を目指すべきだという考えも強い。アボット氏は君主制存続主張する立場で、今年1月にエジンバラ公(フィリップ殿下=エリザベス女王の夫君)に独断で勲章を与えることを決め、時代錯誤と批判を浴びていたという。このような保守的、伝統擁護的な政治観も安倍氏と共通していた

 もう一つ共通性がある。アボット氏は野党時代に党首を務めていたターンブル氏を批判して、党首選で勝ち上がり、2009年に党首に就任したという経緯である。そのきっかけは、労働党のラッド内閣が進めた温室効果ガス排出量取引制度に当時のターンブル党首が賛成したことだという。それが自由党内で批判され、党首選、党首交代となった。だけど、そういう経緯からわかるように、ターンブル氏は国民の人気が落ちていたわけではなく、労働党支持者の受けも良いという政治家だった。アボット内閣で通信相を務めていたが、アボット首相の人気が落ちてきて、独断的な政治運営が批判されるのを見て、大臣を辞任して党首選を要求した。アボット氏はそれを受けて立ったものの、54対44で敗れた。

 今後どうなるかは判らないが、同じ自由党内閣ではあるものの、同性婚を容認するなどリベラルな立場のターンブル内閣誕生で、オーストラリアの政治は変わるかもしれない。「日米豪同盟」に積極的だったアボット前首相と違い、より慎重な立場に移る可能性もある。それは日本にも無関係ではない。

 これを見て思うのは、「オーストラリアにはターンブルがいた」ということだ。復古的、独断的な政策を進める点では安倍内閣も同じではないかと思うが、自民党総裁選では誰も出られなかった。野田聖子の出馬はつぶされ、ターンブルのように閣僚を辞任して現職首相に挑む政治家もいなかった。見識と勇気のある政治家を持たぬわが日本との違いを痛感するではないか。

 自民党総裁選は、国会会期中に重なり、重要法案審議と重なったという理由で、「今党内でもめている時ではない」と総裁選に出ることが事実上禁止されてしまった。でも、それを言うなら、8月末で国会を閉じればいいではないか。あるいは、自民党総裁選を延ばせばいい。安倍総裁の任期は9月25日で切れるけれど、与党党首でなくても内閣総理大臣の資格に問題はない。自民党総裁という私的資格の方を融通して考えればいいだけのことで、ちょっと与党総裁に空白期間が生じるけれど、実際の政治には何の問題も起こらない。別に自民党のことを心配してあげることもないんだけど、「事実上の首相選挙」である自民党総裁選を国会会期内に行う方が非常識だろう。要するに、自民党有力者の狭量と臆病のもたらす政界風景である。

 これを見て思うのは、「おごれるものは久しからず」。安倍首相の政治的体力は今や奪われつつある。与党内のちょっとした動きでも政局は動くということである。それは国民世論に背を向ける安倍内閣ではダメだと国民が自民党に「レッドカード」を突き付けることである。もっと言えば、国会前に多くの人々が詰めかけ、以下に鈍感な与党政治家にも次の選挙が恐ろしいと思わせるということしかない。オーストラリアに続こうではないか。国民が批判すれば、与党内も動いて行くという実例がここにある。すぐに政権交代にならなくても、首相交代は実現できる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中平康映画の芦川いづみ-芦川いづみを見る②

2015年09月15日 02時04分42秒 |  〃  (旧作日本映画)
 今回の上映で見ると、監督別では中平康が最多の5本もある。中平作品では、傑作アクション「紅の翼」や奇怪な作品「結婚相談」など芦川いづみ出演作はまだあるけど、とりあえず大ヒット作「あいつと私」など、芦川いづみの魅力を一番描いたのは中平康かもしれないと思う。
 
 もっとも僕の考えでは、芦川いづみ最高の映画は「硝子のジョニー 野獣のように見えて」(1962、蔵原惟善)だと思う。この映画については、シネマヴェーラ渋谷で蔵原特集があった時に書いている。「蔵原惟善の映画⑤」である。蔵原惟善(これよし)という人は、「南極物語」や「キタキツネ物語」の監督だけど、普通代表作と言われるのは、浅丘ルリ子主演の「執炎」や「愛の渇き」だろう。でも、僕は一般的には観念的で失敗作とも言われる「硝子のジョニー」や「夜明けのうた」が大好きである。もともと「観念的で、なんだかよく判らない」といった映画の方が好きなのである。この映画は間宮義雄撮影の函館など北海道の暗い画面が素晴らしい。また木村威夫の美術、黛敏郎の音楽なども良い。芦川いづみは前に書いたブログで、「芦川いづみは清楚可憐な役柄がほとんどだが、その純粋部分を抽出してさらに凝縮したような役を熱演」と書いてて、我ながら結構うまいことを言っているのではないか。まあ「道」のジェルソミーナのような「聖女」である。好きだなあ、こんな訳のわからないながら、心に残る映画もないなあと思う。もう今回の上映は終わっているけれど。

 さて、中平康(なかひら・こう 1926~1978)だけど、早く亡くなってしまい、没後に再評価の声も高いが、あまりにも多彩な作品群にまだ評価も定まっていない監督だと言える。特に晩年の不幸な時期が長く、最後は忘れられたような感じでもあった。だけど、50年代から60年代前半には日活で素晴らしい作品を続々と作っていたわけである。最初の公開作である「狂った果実」(1956)は裕次郎初の本格主演映画で、「湘南海岸を舞台にした青春映画」のプロトタイプのような傑作である。フランスのヌーヴェルヴァーグに影響を与えたとも言われる作品で、今見ても面白い。こういう瑞々しい青春を描いたと思ったら、後に再評価された日本で珍しいスラプスティックコメディ「牛乳屋フランキー」を撮る。「才女気質」「地図のない町」「現代っ子」のような(今は詳しく中身に触れないが)不思議な映画をたくさん撮る。アクションの傑作も、メロドラマの傑作も、コメディの傑作もある。だけど、もっともっと不思議な映画がたくさんあるということである。僕は前にシネマヴェーラ渋谷で中平監督特集があった時に相当見たのだが、いま一つ自分でも評価が定まらずここでは書かなかった。

 今回上映された中平作品の最初の映画は「誘惑」(1957)で、銀座の洋品店(二階に画廊)を作ったセットが素晴らしい。店主の千田是也の昔の恋人、およびその娘の二役が芦川いづみ。現実に生きた芦川が出てくるのは終わりの頃で、この映画のヒロインは千田是也の娘の左幸子である。左幸子とその仲間たちの恋のてん末を、多くの人物をさばきながら点描していく。画廊のオープニング場面で岡本太郎や東郷青児が出てくるのも貴重。50年代にかなり作られたオシャレでソフィスティケートされた映画の典型で、楽しく見られる。ただし中平の最高傑作というほどの評価は、二回見たけど高過ぎではないかと思う。俳優座の千田是也をたっぷりと見られるのも重要だが、芦川いづみの母が千田是也の恋人で、二役やるという設定はどうなんだろう。

 1959年に作られた「その壁を砕け」も2回目だけど、実に本格的な冤罪映画でビックリする。新藤兼人脚本、姫田真佐久撮影、伊福部昭音楽というスタッフの力量を見る思いがする。小高雄二の恋人が2年間働いて自動車を買い、恋人の芦川の住む新潟まで飛ばしていく。その途中で三國峠を越えたあたりで、つい乗せてあげた男が殺人犯で、小高は犯人に間違えられて逮捕される。だから、観客は小高は無実であることを最初から知っている。問題は裁判なんだけど、それがどう進むか。恋人の芦川は裁判を行う新潟地裁長岡支部のそばで働きながら、無実を信じて待ち続ける。やがて、最初に逮捕に貢献した長門裕之の巡査が事件を疑い始め、実地検証が行われることになって…。「犯人の情婦」とののしられながら恋人の無実を信じる芦川いづみの一途な思いが素直な感動を呼ぶ。中平にこんなリアリズムの社会派映画があったのかと驚くような映画。戦後に作られた冤罪映画のほとんどは、実際の事件の題材を取った救援映画だろう。今井正「真昼の暗黒」(八海事件)、山本薩夫「証人の椅子」(徳島ラジオ商事件)などのような。冤罪のフィクション映画はあまりないと思うが、この映画は出色。だけど、当時の捜査(をきちんと反映しているかどうかは別だが)の問題性もよく判る。被害者の面通しはあれでは証拠価値がない。ところで、この映画はどこでロケされたんだろう。事件の起きる山村はどこなんだか。新潟駅や長岡駅、柏崎駅や佐渡まで出てきて、新潟県の風景がいっぱい見られる。
 
 「あした晴れるか」(1960)は菊村至原作の都会派コメディ。芦川いづみに黒縁の伊達眼鏡をさせて、あえて裕次郎と共演させるのがおかしい。新進カメラマンと仕事を組む宣伝部員が、女だと馬鹿にされないためにあえて変装しているのだ。だから、裕次郎に眼鏡を取るとカワイイなどと言われる。そこに中原早苗も裕次郎に絡んできて…。登場人物の出会いに偶然が多すぎて、そう思わせてしまうレベルの娯楽編だけど、楽しく見られる。芦川いづみのイメージも他の作品と全然違って、おかしいことこの上ない。まあ裕次郎や芦川いづみファンしか楽しめないかもしれないが。

 次の「学生野郎と娘たち」(1960)は快作とか秀作という評価もあるが、僕には受け入れられない。芦川いづみの女子大生は、言い寄る男に犯され、学費稼ぎに怪しいアルバイトをさせられ、挙句に自殺してしまう。そういう暗い設定がダメなのではなく、何も清楚可憐な役ばかりでなくていいけれど、他の女子大生もみな厳しく見つめられている。これでは貧乏人が大学まで行っても、バイトに明け暮れてダメになるしないと言ってるような感じである。最初にナレーションが入るが、もうそれが辛辣である。たぶん、原作の曽野綾子「キャンパス110番」なるものに問題があると思うのだが。原作の嫌味を風刺と取り違えて、学生群像を描き分ける面白さを出したいという目論見かと思う。でも、根本的な嫌味がどうにも…。木下恵介「日本の悲劇」があんなに辛辣に登場人物を見つめていても、決して嫌味な感じを残さないのと比べると…。芦川いづみ(藤竜也夫人)、中原早苗(深作欣二夫人)、清水まゆみ(小高雄二夫人)などがおバカな女子大生を演じている映画。

 これに比べると、「あいつと私」(1961)のストレートな描写がうれしい。これは石坂洋次郎の原作という違いだろう。戦後民主主義にたつ石坂と、「人間の分際」と言いつつ「自分の分際」を棚に上げ批判ばかりの曽野綾子の違いのような気もする。だけど、登場人物の裁き方のうまさが、どの映画にも共通すする中平のうまさか。裕次郎の青春映画は、というか日本の青春映画はどれも現実離れした設定が多いが、「陽のあたる坂道」よりも「あいつと私」の方がまだしも現実感があると僕は思う。この二人の共演で言えば、石坂原作の「乳母車」が最初だけど、これも現実離れした設定。どれもセックスをめぐって、今では考えられない設定になっているが、「純潔」が叫ばれ、今とは全く違った性的環境だったことを理解しないといけない。そんな中で、悩みながらも自分に素直に、社会に負けずに歩んで行く芦川いづみのヒロインには、見ていて熱いものがこみ上げてくる。この映画は前にも書いたので、この辺で。当時のキャンパス風景も面白い。貴重な映画だと思う。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加