beatitude

好きなことだらけさ…

『アリス イン ワンダーランド』

2010年05月03日 | 映画 洋画

娘二人と3D版行ってきました。



ティム・バートン×ジョニデで話題になっているので、GWの映画館は満席でした。
3D映画4本目。どうかな、3D効果は『アバター』の方があったかな。
確かに穴に落ちるアリスや飛び出すチェシャ猫や剣なんか、3Dならではかもしれませんが、
この『アリス~』はティム・バートン独特の世界感が構築されているので、
映像的には2Dでも十分楽しめるかもです。

ストーリーは子供の頃、穴に落ちたアリスが元の世界に戻った〈その後〉、
再びアンダーランドに行き、そこでその世界の運命を賭けた戦いに巻き込まれていく、
という“アリス成長物語”で、以外にマトモでした。



世界中で親しまれているルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」、
子等が小さい頃は読んであげたものです。
でもです。どこが面白いのかさっぱりなのです。
自分自身、子供の頃読んで大きくなったら面白くなるのかと思い、
大人になってからも何度も読みましたが、ダメです。
もちろん、原書でなんか読めるはずもなく、翻訳された物しか読んでませんが面白くない。
奇想天外とか、不条理とかいうのは分かるんですが、ワクワクしない…。
きっと、このわけわかんない、理屈を捏ねているようで筋が通っていない
ハチャメチャ感を楽しめないとダメなんだろうと。

そしてこの『アリス~』はその持ち味である、わけわかんない感がなかったのです。
ジョニデ扮するマッドハッターが見た目のようにイカレてなくて
真っ当なセリフをはきながらアリスを信じ、赤の女王を失墜させるべく動きます。
アクのないトウィードルダムとトウィードルディーもいまひとつ。
見た目通り面白かったのは赤の女王と、
もっと正統派かと思ってたら以外に面白かった白の女王。
主人公のアリスを演じたミア・ワシコウスカが男の子顔でかわいく、
揺れる金髪がお人形みたいで、良かったです。



実に分かりやすいお話になっている分、内容にインパクトが無いですが、
この映画は映像を楽しむ物だと思うので、それは大成功だと思います。
やっぱり、3Dで観といて良かったかもです




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デヴィット・ビントレーの『... | トップ | 『小煌女 1』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ティム・バートン監督 「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
やっぱさ~ 公開したら即、観たいじゃん 去年から話題になってたティム・バートン監督×ジョニー・デップの新作となれば(^m^)b 公開初日は自分も仕事だから無理にしても 今日(4月18日)、仕事明けで観るか? 明日、公休で観るか? 仕事明けは、殆ど寝てな...
アリス・イン・ワンダーランド(2010)3D字幕版 (銅版画制作の日々)
チェシャ猫アンダーランドにやって来たアリスをマッドハッターのところへ案内する。 「不思議の国のアリス」+続編「鏡の国のアリス」の作品を基にして製作されたティム・バートン監督のオリジナルストーリーの「アリス・イン・ワンダーランド」鑑賞して来ました。 東宝...
「アリス・イン・ワンダーランド」ああ、こりゃ楽しい~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード  “ジョニー・デップ&ティム・バ-トン 7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画...
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
アリス・イン・ワンダーランド (RISING STEEL)
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...