beatitude

好きなことだらけさ…

『スノーホワイト』

2012年06月21日 | 映画 洋画

スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、
マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。
しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に
父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。
一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。
「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。
「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。
その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」
その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。
女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。
だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、
たくましく生きる能力を身につけていくのだった。
女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。
すべては自分のせいと心を痛め、
たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、
抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。
 (goo映画より)


ファイティング・スノーホワイトでしたw
 最初からバシバシストーリーは進み、VFX満載で
ラヴェンナの絡む黒いシーンも、ドワーフ登場後の妖精の森シーンも見応えありましたね〜。
(白鹿ププっ)
元々あったらしい闇の森の描写が一番イイ感じだったかな。
3Dじゃなくてもここまで魅せられるのは凄いな。
継母王妃と王女のお話ですから女優陣は気合い入ってます。
比べて男優陣はそれ程でもなかったような。
『マイティ・ソー』も『パイレーツ・オブ・カリビアン 命の泉』も観てないから
自分には馴染みがなかっただけかも。
ただ、この話だと姫はエリックとの道中に戦いの術を身に付けるわけだけど、
その描写がちょっとあっただけのような…。
まあそこを丁寧に見せられるより、やっぱり白雪姫は
「鏡よ、鏡。この世でいちばん…」の場面や魔女の諸々の魔法が見たいわけだから
シャーリーズ・セロンだし、これでいいのか。

そのシャーリーズ・セロンはガッツリ魔女に見えたんですが、
クリステン・スチュワートはコスプレイヤーに見えちゃってちょっと困ったww
一度見えちゃうと、どうにもこうにもヒューヒューっ似合うぞ!とか思ってしまう〜。

クリス・ヘムズワースとサム・クラフリン、どっちが王子役だ?と気にしながら観てて
肝心なところで一瞬睡魔に襲われた〜。
で、サラッと終わったであろうキスシーン。あ〜そっちなんだw

これ続編の話がもう決まってるんですね。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家づくりは続く…その2 | トップ | 『ミッドナイト・イン・パリ』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白雪の世界観もまた仁義無き世界 (zebra)
2013-07-22 17:51:01
DVDでみました。

この映画では女王の「苦悩」のようなものも
なんとなーく分かっちゃう気がして、全くの悪役って
カンジにも思えなかった。 やはり暗い過去を持つゆえ のし上がるんだっていう意地がそうさせたのしょうね・・・

その悪役っぷりが出たのは白雪パパの暗殺。初夜のベッドでは国王もただの男。まさに"仁義なき戦い"で組長のタマ・・・・あっ、ではなく、国王のふたつのタマと本当のタマ(命)を取っちゃった・・・・まさに下克上の女です。

 "国王ぉぉぉーーー 覚悟しいやぁぁぁぁぁぁーーー" ”や、やめろ ラベンナ・・・ ワシのナニをどうするつもりじゃ・・・うぎゃぁぁぁぁぁぁ〜ん!!!!!” (絶命)・・・ "やったぁぁぁぁ  国王のタマ(ふたつも) 取ったよぉぉぉぉ"  勝利の雄たけびのラベンナ。


 "これから 私が この国 仕切っちゃるけんのう〜 白雪、あんたぁ 城の塔で一生すごさせちゃる・・・ "
恐るべしっ!!!!仁義なきセロン女王!!!!

しか〜ぁし! 虎視眈々と女王への復讐の機会を狙ってた白雪!7年間で研ぎ澄まされたサバイバル精神とイメージトレーニングの日々。

自力で脱出し、剣術・・じゃなかった ドスの振りぬきを習得し、若頭の狩人や組員の小人たち仲間あつめて さあ おとしまえつけに・・

 "ラベンナ・・・もう、逃げられんぞ!こんときをあてえは待っとった!オヤジの仇じゃぁぁぁ"
 "待っとくれ 白雪 私の話 きいとくれ・・・"
 "女王なら 死ぬときくらい潔くせいやぁぁぁぁ  うりゃぁ(ドスっ) "
 "うがぁ・・・ァ・・・(絶命)"
 "やりました・・・オヤジぃ・・・仇とりやしたぁ・・・(鬼気迫る表情で)"
 しっかりと 落とし前つけた白雪・・・・・ 仲間たちから新組長就任の杯受けて・・あっ、じゃなかった 戴冠式を受けて 新女王に就任。

 "新女王様 うぃッス" "ご苦労様です"
 "国のために よろしく お願いしまっす" 
恐るべしっ!!!! クリスティン新女王!!!

BGM↓
http://www.youtube.com/watch?v=CPL-eFuUfhg 

 ・・・って(汗)
 ちがう話になってる(^_^;)
 まあ 女性だから ドス片手に背中に 彫り物入れて、上半身裸のふんどし姿は かんべんして(><)怖いから
zebraさん (kurukuru)
2013-07-23 01:34:39
ギャハハハハ〜!!!!任侠モノになってる〜(≧∀≦)ノ
シャーリーズ・セロンはハマってるけど、対抗馬のクリステン・スチュワートはちょっと弱いなぁw
もっと眼光鋭く背中に悲哀をしょってないと勝てないよ〜ww
だってコスプレイヤーだもん(*≧m≦*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スノーホワイト/Snow White and the Huntsman (LOVE Cinemas 調布)
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリック...
スノーホワイト/シャーリーズ・セロン (カノンな日々)
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ...
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
映画「スノーホワイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。 グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたアドベンチャー作品。 主人公のスノーホワイト(白雪姫)にクリステン・スチュワート、悪...
スノーホワイト (Akira's VOICE)
中途半端が点在していて立ち上がる心が整わない。  
美しさは権力なのか 『スノーホワイト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
スノー・ホワイト  監督/ルパート・サンダース (西京極 紫の館)
【出演】  クリステン・スチュワート  シャーリーズ・セロン  クリス・ヘムズワース 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として...
スノーホワイト (銀幕大帝α)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) −監督− ルパート・サンダーズ −出演− *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力っても
スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない...
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...