beatitude

好きなことだらけさ…

『マジカル・ガール』

2016年03月27日 | 映画 洋画

12歳の少女アリシア(ルシア・ポジャン)は、白血病で余命わずか。
そんな彼女の願いは、大好きな日本のアニメ『魔法少女ユキコ』のコスチュームを着て踊ること。
文学の教師だった父ルイス(ルイス・ベルメホ)は失業中にもかかわらず、
娘の最後の願いをかなえてやろうと、そのコスチュームを手に入れようとする。
ところが調べてみると、それは7千ユーロもする高額商品だった。
金策に奔走したものの、失業中の身ではいかんともしがたく、やむなく高級宝飾店への強盗を決意。
大きな石で店の窓を叩き割ろうとした、まさにその瞬間。空からおう吐物が肩に降ってきた。
それは、精神科医の夫と暮らしながらも心に闇を抱えた女性バルバラ(バルバラ・レニー)が、
大量の薬を酒で流し込んだ結果、気分が悪くなって窓から吐き出したものだった。
逃げようとするルイスを呼び止め、自宅に招き入れるバルバラ。
汚れた服を洗濯すると、バルバラはルイスに抱いてくれるよう求め、2人は関係を持つ。
翌日、ルイスはそのことをネタに、7千ユーロを要求してバルバラを脅迫。
やむなくバルバラは、裏の仕事をしているかつての仲間、アダ(エリザベト・ヘラベルト)の元を訪れると、
豪邸で暮らす車椅子の男の暴行に耐え、7千ユーロを手に入れる。
その金を受け取り、アリシアにコスチュームを買ってやるルイス。
ところが、魔法のステッキが足りないことに気付き、再びバルバラを脅迫。
やむなく、豪邸を再訪するバルバラ。
心身ともに傷を負ったバルバラは、自分と過去に因縁を持つ
刑務所から出たばかりの元教師ダミアン(ホセ・サクリスタン)に救いを求める。
バルバラに会うことを恐れていたダミアンだったが、
自分を“守護天使”と呼ぶ彼女の変わり果てた姿に心を決め、ルイスの尾行を開始。
出会うはずのなかったアリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン。
やがて彼らの運命が交錯し、予想もしなかった悲劇へ向かってゆく……。
(Movie Walkerより)


日本のサブカル愛をこれでもかと注入した本作。
一番目を引いたのはアリシア役のルシア・ポジャンのカワイサ!!

白血病設定なので男の子のようなショートカットヘアだけど、
それがまたすこぶるカワイイ~。
これがスクリーンデビューだそうです。


映画は誰一人幸せじゃないバット・エンド。
『まど☆マギ』が大好きだと豪語している監督。
みんなのために魔女退治をしている魔法少女たちは
その身に負をため込み、おのれ自身が魔女になるという連鎖。
「欲望のつながり」「脅迫の連鎖」
現実の世界では魔法はなく、欲しいものを得ようとすると誰かの幸せが犠牲になる。

もう一人の女性バルバラ。

精神を病んでいる彼女は
たぶん、生まれながらに男を翻弄する要素を持っている女。
この二人はなんの関わりもないのに、
お互いの運命が狂ってしまう程の連鎖の糸が恐ろしい。
彼女には江戸川乱歩の『黒蜥蜴』へのオマージュ的な要素が入っているとか。

映画観た直後はそんなに好きじゃないな~と思ってたのに
時間が経ったらもう一度観たいと思い始めた。
でも、次はWOWOWでいいかな。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ「僕だけがいない街」... | トップ | 春アニメ、4月は多し!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (jun-sweets)
2016-03-27 13:27:09
なんだか悲しいストーリーですね。
白血病を患う少女、その少女の夢を叶えたい父、闇を抱えたバルバラ。
それぞれ辛い悲しみが漂っていて、見ると涙が止まらないかも。
jun-sweetsさん (kurukuru-factory)
2016-03-27 14:19:40
悲しいお話…白血病に惑わされてはいけないw
jun-sweetsさんが想像した印象とは真逆の映画です。
全体に漂う不穏な空気、笑いどころかと迷うような展開、バルバラの中のマゾヒズム。
一筋縄ではいかないスペイン映画でしたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マジカル・ガール★★★ (パピとママ映画のblog)
日本の魔法少女アニメにあこがれる少女とその家族がたどる、思いがけない運命を描いたスペイン映画。独創的なストーリーや全編を貫くブラックユーモアが話題を集め、スペインのサン・セバスチャン国際映画祭でグランプリと観客賞を受賞するなど、高い評価を獲得した。監督...
マジカル・ガール (だらだら無気力ブログ!)
後味悪いわぁ~。
マジカル・ガール (いやいやえん)
ダミアンはルイスの自宅へと向かい、明かりを点けたところ…魔法少女ユキコのテーマ曲をかけ、ステッキを手にして衣装に身を包んだ一人の「魔法少女」が立っていたのでした。
「マジカル・ガール」 (或る日の出来事)
マジカル・ガールというか、魔女?