beatitude

好きなことだらけさ…

『白いリボン』観に行ったけど…

2011年01月13日 | 映画 洋画

カンヌのパルムドール大賞から数々の賞を受賞している本映画。
聞いてたとおり、眠かったぁ~
てか、無音状態になる度、睡魔に襲われブツ切れ観賞になっちまいました


1913年夏、北ドイツのある村。張られた針金が原因でドクターが落馬したのが発端だった。
翌日にはその針金が消え、小作人の妻が男爵家の納屋で起きた事故で命を落とす。
秋、収穫祭の日、母の死に納得できない息子が、男爵の畑のキャベツを切り刻む。
その夜、男爵家の長男ジギが行方不明になった。
一方、牧師は反抗的な自分の子供たちに“純心”の象徴である白いリボンを腕に巻かせる。
犯人がわからないまま、不信感が村に広がっていく。

(goo映画より)


とはいえ、モノクロ映像は美しかったです。
美しい村に次々起こる不可解な事件――。
無駄に脅しをかけるような映像も効果音も無く、むしろ極力そういった物を排除し、
静謐なまでに淡々と教師の語りで繋いでいく映画でした。

事件は起こりますが、解決をみるわけではなく、
語っている教師が後に事実をつきとめたわけでもなく、
監督が言うように「見えないものを見ようとすることで、見えてくるものを見てください。」
というスタンスで、どう受け取るかは観賞者しだい。

“第一次世界大戦前夜、後にナチとなった子供たちが暮らした時代”とあったので、
後半、もう少し戦争色が出てくるのかと思っていましたが、
ホントに“戦争前の一村での出来事”の描写でした。
女、子供は人として扱われなかった時代。
大人の言うことは絶対であり、男に逆らってはいけない時代。
大人であれ子供であれ、人は抑圧されると自己保全のために、どこかにはけ口を求めます。
それが外に向かうのか、内に向かうのか…。
(昨今の若者はイジメ、リストカット、引きこもり、自殺ですかね。)

男爵夫人は「この村で子供は育てられない。」と言います。

“純真無垢であれ”と腕に巻かれるリボン。

余計な疑問を持たないように育てられる子供たち。

そして時代はナチに向かってうねって行く。


映画を観終わったあと、ふっと母から聞いた「えんちこ」なる物を思い出しました。


こんなの

これはその昔、自分のいなかの方で、農家の人達が実際使っていたもの、
赤ん坊を入れるゆりかごのようなものです。
農作業をするさい、小さな赤ん坊がいると大変なわけで、
そこで「えんちこ」に入れて自分が働く畑や田んぼの脇にころがしておくんですが、
赤ん坊は手足を真直ぐに伸ばされて、顔だけ出して全身さらしでグルグル巻き、だるまさん状態です。
おむつを取り替えるなんてことは考慮されてなく、
えんちこの底には灰を入れてオシッコが沁み込むようにして使います。

作業をしてる大人にとっては動きまわるようになった赤ちゃんを
いちいち見てなくていいし、毎回おむつを交換しなくていい便利モノですが、
赤ちゃんにとっては体の自由は全く無く、拷問のようなものじゃないかと…。

自分の実家は農家じゃないので実物を見たことはないんですが、
自分の世代のちょっと前までは使っていたそうです。




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『レベルE』 | トップ | 『フラクタル』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナドレック)
2011-01-28 08:18:05
TBありがとうございました。
「えんちこ」なるもの、初めて知りました。たしかに、男も女も働かなきゃいけないんだから、必要なものですね。
体の自由が奪われることで、忍耐強さが養われるかも!?
Unknown (kurukuru)
2011-01-28 20:23:19
ナドレックさん
これ、今使ったら幼児虐待で通報されそうですよw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
白いリボン (映画的・絵画的・音楽的)
 2009年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というので、『白いリボン』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というと、『ピアノ・レッスン』(1993年)、『パルプ・フィクション』(1994....
白いリボン (LOVE Cinemas 調布)
『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウ...
『白いリボン』 恋の行方も? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
「白いリボン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。 知らない。 「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。 知らない。 知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。 このリボン見えるでしょう ラブサインなの 待っててね 知ってるじゃ....
映画『白いリボン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...