beatitude

好きなことだらけさ…

『女神の見えざる手』

2017年11月09日 | 映画 洋画

政府を裏で動かす戦略のプロ“ロビイスト”。
その天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、
真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、
大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう日々。
そんなある日、彼女は銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。
全米500万人もの銃愛好家、そして莫大な財力を誇る敵陣営に立ち向かうロビイストたち。
大胆なアイデアと決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、
エリザベス・スローンの赤裸々なプライベートが露呈され、
さらに予想外の事件が事態を悪化させていく……。
(MovieWalkerより)


戦うジェシカ・チャステイン!! 面白かったです。
どこまでもカッコイイジェシカでした。
強気発言の数々は実にアメリカ的。
あれくらいバシッっと意見言ってかないとなめられるんだろうなぁ。
そしてどこまでも腐った男どもww
決してスローンが正義の味方ではないけど、
周りの腐りっぷりが彼女を際立たせる。
ヘタな恋愛関係とか挟まないのもよかった。
もう最後はよっしゃあ!でしたw

女性ひとりトップを走り続ける過酷さ。
卑劣な手段もためらわず道具として使う彼女が
最後自身の身を投げうったことで"女神"の領域に。
とは言っても計算ずくだけどね。

それにしても自分が観るジェシカ・チャステインはいつも戦ってる。
ってか彼女が戦ってる映画しか観てないって事かw
本編上映前に『ユダヤ人が救った動物園~アントニーナが愛した命~』の
予告編が流れたけど、
エリザベス・スローンとはまるでイメージの違う役をやってた。
でも、どうみてもまた戦っているようなwww


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『DCスーパーヒーローズvs鷹... | トップ | 「画業20周年記念 志村貴子原... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2017-11-09 21:46:50
毒を以て毒を制すってことなんですね。
現在のアメリカが本当にこうなってくれるといいのですが^_^;
jun-sweetsさん (kurukuru)
2017-11-10 02:35:01
銃を持って開拓していった人達ですからね~。
難しいでしょうねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

女神の見えざる手 (風に吹かれて)
常に敵の先手を 公式サイト http://miss-sloane.jp 監督: ジョン・マッデン  「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 「恋におちたシェイク......