beatitude

好きなことだらけさ…

『黒執事 Book of the Atlantic』

2017年01月28日 | 映画 アニメ

19世紀、イギリス。
13歳にして名門貴族ファントムハイヴ家当主であるシエル(声:坂本真綾)は、
悪魔である執事のセバスチャン・ミカエリス(声:小野大輔)とともに
裏家業として汚れ仕事を請け負い、女王の番犬と呼ばれている。
ある日、死者蘇生の噂を聞いた二人は、調査のため豪華客船カンパニア号に向かう。
そこには、ある陰謀が隠されていた。
(MovieWalkerより)


あ~こりゃまたファンにはうれしい1本になってますね。
全編ニヤニヤしながら観れる。
今回のセバスはけっこう熱い。

ストーリーは原作人気の「豪華客船編」だそうですね。
まあタイタニック×ゾンビって内容で展開的には普通でした。が、
原作読んでない自分は葬儀屋があれほどとは知らなかった!!
TVシリーズだとギャグキャラ的に出てくるアンターテイカー。
1期18話でサラッと過去話が出てきて、なんかあるだろなとは思ってたけど、
最強キャラで登場とは!!今回1番カッコイイではないですか。
卒塔婆最強ww
グレルも惚れるよねー。冷徹セバスも熱くさせるww
でも悪魔にもシネマテックレコードがあるのか?
と思ったけど、シエルと出会い人間の容姿を取ったところからだったんで、
ああ、そうなのねと納得。

血まみれのセバスはステキですww

リジーの天才剣士っぷりもいいですね~。
啖呵切ってシエルを守るって、たまらなくカワイイじゃないですか~。

見たいセバスとシエル、さらにアンダーテイカーにエリザベス。
やっぱり、黒執事は実写よりアニメで観た方がいいわ。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『マギーズ・プラン -幸せの... | トップ | 『エゴン・シーレ 死と乙女』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2017-01-28 19:46:00
黒執事ってタイトルは覚えがあるのですが、見たことないのでわかりません。
実写よりアニメがいいってことは実写化もされているのですね。
jun-sweetsさん (kurukuru)
2017-01-29 01:28:25
ありますよー実写映画。
セバスチャンを水嶋ヒロ、シエルを剛力彩芽で。
Unknown (ふじき78)
2017-02-13 14:03:27
アンダーテイカーについては元々、劇場版しか見てないので、そういう人がいるなあ、程度。バカボンで言う「レレレのおじさん」クラスと言いましょうか。それが実は連続殺人鬼(比喩表現です)みたいな存在というのにはビックリしました。原作があるんですね。アニメとか劇場版でこのキャラ改変はできないですもんね(そんなん大問題だよ)
ふじき78さん (kurukuru)
2017-02-13 22:57:35
まったく"死神派遣協会伝説の死神でイケメン"そして"離脱組"なんて設定ズルいよw
今まで顔が見えないまま「イヒヒ」とか笑ってたヤツが、大鎌のデスサイズと卒塔婆ブン回してんだから。
原作ファンの間ではキターーーーーー!!ってことらしいw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
タイタニックでバイオハザードなのだ。~「黒執事 Book of the Atlantic」~ (ペバーミントの魔術師)
これが見たくて今月パスポートとったようなもんなので。(え)とはいえ、原作は数冊、深夜のアニメも全部みたわけではなく劇場版も今回初めて。実はしらないキャラがいる、それで......
『黒執事 Book of the Atlantice』『破門 ふたりのヤクビョーガミ』をmovix亀有4,1...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『黒執事 Book of the Atlantice』 ▲そんなんバカにしたもんでもないで。 五つ星評価で【★★★おっ意外と面白いじゃん】 原作未読。 予告編を見て、少女マンガ調の美形キャラが......