beatitude

好きなことだらけさ…

『ジュリエットからの手紙』

2011年05月26日 | 映画 洋画

ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、
婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪れる。
だが、料理人のヴィクターは、間もなく開店する自分のレストランのためにワインや食材の仕入れに夢中。
ほったらかしにされたソフィは彼と別行動を取る。
ヴェローナには、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの生家と言われる家があり、
恋の悩みを綴ったジュリエット宛ての手紙が、世界中から年5000通も届いていた。
ジュリエットの家を訪れたソフィは、壁一面の“ジュリエット・レター”に目を見張る。
やがて、カゴを手にした女性が、手紙を集めて去ってゆくと、好奇心に駆られたソフィはその後を追う。
そこでは、“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちが集めた手紙に返事を書いていた。
偶然、壁の中に眠っていた50年前の手紙を発見したソフィは、返事を書きたいと申し出る。
その手紙の差出人は、クレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)という英国の女性。
50年前に訪れたイタリアでロレンツォという青年と恋に落ちた彼女は、
両親の反対を恐れて1人で帰国してしまったのだ。
それから50年、思いがけずにジュリエットからの手紙を受け取ったクレアは、
改めてロレンツォを探すためにイタリアへやってくる。
彼女の想いに感銘を受けたソフィと旅に反対するクレアの孫チャーリー(クリストファー・イーガン)も同行し、
3人の旅が始まる。当のロレンツォはなかなか見つからなかったものの、
それでも数日間、クレアは旅を楽しむ。
3人は次第に互いの人生を語り合い、絆を深めてゆく。
しかし、遂にロレンツォは見つからないまま、帰国の時が訪れる。
そして最終日、ブドウ畑を通りかかったクレアは目を疑う。
不安と後悔、そして期待に揺さぶられるクレア。
ジュリエットからの手紙を信じてイタリアを訪れた彼女が、最後に見つけたものとは……。
(goo映画より)


観光地ではないイタリアに行ってみたくなっちゃう映画でしたね〜。
いや、ジュリエットの生家は押さえとかなきゃです!
“ジュリエット・レター”なんてものがあるなんて知りませんでした。

映画は予想通りの展開からハッピーエンドになるわけで
ある意味安心して恋の行方を楽しめるものでしたね。
チャーリー登場で初対面のソフィに向かって「君が手紙を書いたんだな!」(だったっけ?)と
思いっきり力こめてセリフを言うシーン。
フラグ立ち過ぎでしょうw
婚約者のヴィクターとの微妙な距離感を見せつけられた後にこれじゃ、
その後の展開が丸解り〜( ̄∇ ̄;)
でもきっと、この映画はこれでいいんだと思っちゃいました。
ありがちな展開にそのままの結末なんて文句つけずに
登場人物達の心情に寄りそい、素直に観賞するのがいいかも。
ヴェローナの街とのどかな風景と50年前の純愛に一生懸命になるソフィ。
ちゃんとバルコニーシーンも登場する恋愛映画でした。

クリストファー・イーガンくんはお顔がヒース・レジャーに似てますね〜。
『エラゴン遺志を継ぐ者』に出てるそうですが、TVから録画しっぱなしで見てない
今度見てみよう。




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ダンシング・チャップリン』 | トップ | 『星を追う子ども』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Letters to Juliet /ジュリエットからの手紙 アマンダ・セイフライド (我想一個人映画美的女人blog)
「マンマ・ミーア」でブレイクした、アマンダ・セイフライド主演のロマコメ。 日本未公開、2011年5月14日に公開決定 ロンドン行きの機内にて鑑賞 タイトルのジュリエットは「ロミオとジュリエット」がモチーフ。 イタリア、ヴェローナの街が舞台。 ヴェローナに...
ジュリエットからの手紙 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(土)@東商ホール。
ジュリエットからの手紙〜半世紀後版恋愛専科 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LETTERS TO JULIET。ゲーリー・ウィニック監督、アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フラ ...
ジュリエットからの手紙/アマンダ・セイフライド (カノンな日々)
この映画きっかけで知ったのですが、イタリアのヴェローナには実際に「ジュリエットの家」があるんでね。正確にはジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家なんだそう ...
ジュリエットからの手紙 (LOVE Cinemas 調布)
イタリアはヴェローナにある「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家では、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちの元に世界中から恋愛相談の手紙が届く。そんな中の1通から始まる50年前の恋人を探す旅の様子を描いた物語だ。主演は『マンマ・ミーア!』のア...
ジュリエットからの手紙(2010)☆LETTERS TO JULIET (銅版画制作の日々)
                                       50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。 MOVX京都にて鑑賞。  皆さん、ご存じだと思いますが、、、、。 ゲイリー・ウィニック監督が2011年2月27日、脳腫瘍のため、49...
もしも、あの時・・・〜『ジュリエットからの手紙』 (真紅のthinkingdays)
 LETTERS TO JULIET  NYでリサーチャーをしながら記者を夢見るソフィ(アマンダ・セイフライド)。 婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)との婚前旅行に「ロミオとジュ リエット」...
ジュリエットからの手紙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジュリエットからの手紙』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)この作品は、ストーリー自体よくあるお話ながら、ヴェローナにある「ジュリエットの家」を話の起点にするなど、なかなか着眼が面白いなと思いました。  ニューヨークでジャーナリストを目指す主人公ソ....
映画『ジュリエットからの手紙』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-35.ジュリエットからの手紙■原題:Letters To Juliet■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:5月15日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督:ゲイリー・ウィニック□脚本:ホセ・リヴェラ、ティム・サリヴァン□編集:ビル・...
「ジュリエットからの手紙」 愛は決して遅すぎることはない (はらやんの映画徒然草)
このところ出演作が相次ぐアマンダ・セイフライド主演のラブストーリーです。 「赤ず
ジュリエットからの手紙 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ...
ジュリエットからの手紙 (いやいやえん)
50年前に書いたジュリエットへの恋の悩みを綴った手紙の返事が返ってきたら?設定が素敵ですよね。若かりし時に実らなかった恋。その恋人を探すというストーリー展開は一本道ながらも、爽やかな気持ちになれる作品でした。 長い時を経て届いた手紙に後押しされて、ク...
ジュリエットからの手紙 (A Day In The Life)
新作DVDリリース。早速借りてきました。 解説 「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ベローナで行われている、 世界中から届く恋愛相談の手紙に「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女 性たちが返信する「ジュリエットレター」を題材にした恋愛ドラマ。 1通...
ジュリエットからの手紙 (銀幕大帝α)
LETTERS TO JULIET/10年/米/105分/ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ <ストーリー> 婚約者のヴィク...