beatitude

好きなことだらけさ…

『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』

2016年06月07日 | 映画 洋画

1945年5月8日、イギリス。
6年間続いた戦争が正式に終わり、国を挙げてヨーロッパ戦勝記念日を祝う夜、
エリザベス王女(サラ・ガドン)と妹のマーガレット(ベル・パウリー)は
父である国王ジョージ6世(ルパート・エヴェレット)の許しを得て、
生まれて初めてお忍びでバッキンガム宮殿をあとにする。
付き添いが目を離した隙に、
シャンパンに勢いづいてバスに飛び乗ったマーガレットを追い掛け、エリザベスは街に出る。
そして、人生を変える一夜が始まる……。
(Movie Walkerより)

"『ローマの休日』の8年前、史実に基づく一夜。"の振れ込みの本作、
サラ・カドンが素敵でした。

史実に基づくとはいえ、連合国軍がドイツに降伏文書調印をさせ、
ジョージ6世の演説が行われたその日の夜に
王女姉妹が外出したっていう事実が本当なだけで、
公式サイトにもあるように、中身は監督と脚本家がアイデアを膨らませて、
"王女が宮殿を抜け出て、民衆たちの魔法の世界へと入っていく、逆さまのおとぎ話" 
なんだそうです。

突拍子もないアクシデントや熱烈ラブロマンスはなく、
本当にあったかもしれない感じになってて、面白かったです。
エリザベス女王が国民に人気がある事の素地が垣間見える気がしました。

コメディ部分はお目付け役の二人と

妹のマーガレット。

でもマーガレットはちょっとおバカ過ぎ?
あんなに羽目を外した行動とるとは思えないww

いなくなっちゃった妹を探す時に頼りになったジャック。

彼とのロマンスがあるのかな?と思ったけど、
最後はお互い、自分の立場をわきまえた形で終わりました。
でも、エリザベスが彼を本当に信頼していたことが伝わるシーンは
雰囲気がとても良かったですよ。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏付きのワンピに挑戦中w | トップ | 渋谷・コクーン歌舞伎 第十五... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (jun-sweets)
2016-06-08 21:00:51
現エリザベス女王の若かりし頃のお話ですね。
こういう映画がまだご健在なのに作られるなんてちょっと意外です
jun-sweetsさん (kurukuru)
2016-06-09 02:53:36
それだけ国民に慕われてるってことかな?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 (試写会) (風に吹かれて)
妹を探して あんなところにこんなとこ 公式サイト http://gaga.ne.jp/royalnight6月4日公開 事実に着想を得たフィクション 監督: ジュリアン・ジャロルド  「キンキーブーツ
「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」 (或る日の出来事)
小品ぶりが良い。