beatitude

好きなことだらけさ…

ブラナー・シアター・ライブ2016「ロミオとジュリエット」

2016年11月26日 | 舞台(演劇・音楽)

ケネス・ブラナー・シアター・ カンパニーによる上演舞台の映画館上映。
バレエで散々観てる「ロミオとジュリエット」の舞台版。
主役2人は去年ディズニー実写映画「シンデレラ」で
シンデレラを演じたリリー・ジェームズと王子役のリチャード・マッデン。

舞台を14世紀から現代に変えてるらしく、衣裳は現代風。
だけど、台詞回しがすごく古典的でシェイクスピア劇でした。
と言っても、英語を聞き取ってるわけではなく、
日本語字幕を読んで、そう思っただけですがw

リリー・ジェームズのジュリエットは文句なく可愛かったです。
リチャード・マッデンのロミオは、う~ん、ちょっと無理があった~
14、15歳設定だから少々ガタイ良過ぎ!!
驚いたのはデレク・ジャコビがマキューシオ役。
マキューシオが初老の紳士になってるー。
そしてさすがシェイクスピア俳優。一番それっぽかった。
身のこなしもシャレオツなジイさんで、シェイクスピア喜劇っぽいセリフを飛ばす。
そして死に際、ロミオに向かって
「おまえと友人でなければ死なずに済んだはず」とまで言ってのける。
パリスは貴族の家柄に見えないwww

設定はそのままで現代になってるので、
スーツ姿でモンタギュー家とキャピュレット家っていうと
なんだかイタリアマフィアみたいでした。
ヴェローナ太守が組をまとめるドンかww
全編モノクロ上映でしたが、
実際の舞台を観てる方々はカラーで観てるんですよね~。

〈キャスト〉
ジュリエット/リリー・ジェームズ
ロミオ/リチャード・マッデン
マキューシオ/デレク・ジャコビ
バルサザー/ニッキ・パテル
ベンヴォーリオ/ジャック・コルグレイヴ・ハースト
モンタギュー夫人/ゾエ・レイニー
モンタギュー/クリス・ポーター
キャピュレット/マイケル・ラウズ
キャピュレット夫人/マリサ・ベレンスン
ナース/ミーラ・シオール
パリス/トム・ハンソン
ティボルト/アンス・カビア
プリンス/テイラー・ジェームス
ロレンス/サミュエル・バレンタイン


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『メトロポリス』 | トップ | 『東京ニューシティ管弦楽団 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2016-11-26 18:27:39
ロミオとジュリエットも現代風にしてしまうと、感じが違うでしょうね^_^;
jun-sweetsさん (kurukuru)
2016-11-27 22:28:11
現代風な割には、冗談交じりの性的言葉遊びが取り入れられていて、
古典のシェイクスピアっぽい。
その部分をマキューシオを演じるデレク・ジャコビが、一手に担ってました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

舞台(演劇・音楽)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。