beatitude

好きなことだらけさ…

『ドリーム』

2017年10月12日 | 映画 洋画

1961年、東西冷戦下のアメリカとソ連は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。
ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、
優秀な黒人女性たちが計算手として西計算グループで働いていた。
リーダー格のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)は管理職への昇進を希望するが、
上司ミッチェル(キルステン・ダンスト)は「黒人グループには管理職を置かない」と却下する。
メアリー(ジャネール・モネイ)は技術部への転属が決まり、
エンジニアを志すが、黒人には無理だと諦めている。
幼いころから数学の天才少女と呼ばれていたキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は
黒人女性として初のハリソン(ケビン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、
白人男性ばかりの職場の雰囲気はとげとげしく、そのビルには有色人種用のトイレもなかった。
それでも家庭を持つ3人は、国家の威信をかけたマーキュリー計画に貢献しようと奮闘した。
1961年4月12日、ソ連はユーリ・ガガーリンを乗せたボストーク1号で
史上初の有人宇宙飛行を成功させる。
ソ連に先を越されたNASAへの猛烈なプレッシャーのなか、
キャサリンはロケットの打ち上げに欠かせない複雑な計算や解析に取り組み、
その実力をハリソンに認められ、宇宙特別研究本部で中心的な役割を任される。
一方ドロシーは、新たに導入されたIBMのコンピュータを使ったデータ処理の担当に指名され、
メアリーは裁判所への請願が実り、
白人専用だった学校で技術者養成プログラムを受けるチャンスを得る。
夫に先立たれ、3人の子供をひとりで育てていたキャサリンは、
教会で出会ったジム・ジョンソン中佐(マハーシャラ・アリ)のプロポーズを受ける。
1962年2月20日、宇宙飛行士ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道飛行に挑む日。
打ち上げ直前に想定外のトラブルが発生し、
すでに職務を終えて宇宙特別研究本部を離れていたキャサリンに、
コンピュータには任せられない重大な計算が託される……。
(MovieWalkerより)


予想通りの実話感動映画でした。
蔑視されていた者が、おのれの力量と数少ない理解者のおかげで
だんだん周囲に認められて成功をつかむ。
そんな映画を観たい時に裏切らない内容。
3人の主人公の演技もこちらを裏切らない。
有色人種である、女性であるというだけで侮られていた彼女たちが
NASAの中で自分たちの立ち位置を確保していく。

いつまでたっても人種差別問題は無くならないけど、
1960年代は今とは比べ物にならないくらい、当たり前のこととして存在してたんだね~
「分離すれども平等」ってやつですかね。
でも、どうみても平等とは程遠い。
ケビン・コスナーがシブくてイイ役回りでした。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スイス・アーミー・マン』 | トップ | 秋アニメほぼチェックして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ドリーム (試写会) (風に吹かれて)
闘う黒人リケジョ 公式サイト http://gaga.ne.jp/scramble9月29日公開 実話を基にした映画 監督: セオドア・メルフィ  「ヴィンセントが教えてくれたこと」 1961年、ソ連
ドリーム  監督/セオドア・メルフィ (西京極 紫の館)
【出演】  タラジ・P・ヘンソン  オクタヴィア・スペンサー  ジャネール・モネイ  ケビン・コスナー 【ストーリー】 1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたア......
ドリーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『ドリーム』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞にノミネートされた映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「実話に基づく物......
ドリーム ★★★★・5 (パピとママ映画のblog)
NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武......
ドリーム / Hidden Figures (勝手に映画評)
アメリカがマーキュリー計画を推進するにあたり、計画の成功に貢献した、黒人女性エンジニアたちの活躍を描いた作品。 そう言えば、宇宙開発を描いた映画には、『ライトスタッフ......
ドリーム (だらだら無気力ブログ!)
アメリカの宇宙開発史の一端を垣間見れて面白かった。
映画「ドリーム(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ドリーム(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。 ディレクター目線の......
映画:ドリーム Hidden Figures 「ライトスタッフ」な時代の、影の功労者たち 現状、今年の...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。 今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人の女性たちを描く。 ......