beatitude

好きなことだらけさ…

『帰ってきたヒトラー』

2016年06月22日 | 映画 洋画

ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。
リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。
男は長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。
自信に満ちた演説はかつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と見做され、
過激な毒演はユーモラスでありながら真理をついていると評判を呼び、男は一躍人気者に。
しかし、彼はタイムスリップしてきた本物のヒトラーだった。
そして天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境だった……。
(Movie Walkerより)


評判良さげだったし、コメディみたいだし、笑える映画かなと思い観て来ました。
笑えるには笑えるけど、大丈夫かドイツww
日本人にしてみたら、ヒトラーなんて今やキャラにしか過ぎない感があるけど、
ドイツでもキャラ化してるのか?してるんだろうなぁ。
歴史を繰り返してはならないとしながら、
ドキュメンタリー部分を観てると「キャー、アドルフよー!!」って声が聞こえてきそうw

公式サイトでヴェンド監督は
「笑っていいんだ。
だけど、ヒトラーの行為や犠牲者たちを笑いの種にしてはいけないということだ。
ヒトラーを常にモンスターとして描くと、民衆が負うべき責任を軽んじることになる。
そもそもユダヤ人の迫害を可能にしたのはドイツ国民だ。
自ら進んでヒトラーに投票する民衆がいなければ、彼が政権を握ることはなかったはずだ。
私たちは映画の力を借りて、ユーモラスな方法で、ヒトラーに身の程を思い知らせてやることができる。
ヒトラーを一人の人間として描くことで、ナチスを台頭させた原因を映し出すことができるんだ。」
と言っています。

ナチ台頭はヒトラー&国民に責任があるという事実を突きつけたという事か。
そして映画はヒトラーのカリスマ性を生々しく見せつけ、
彼が本物だと気付いたテレビマンのザヴァツキは…

まだまだ難民問題を抱えている現代のドイツで
生粋の国粋主義者たるヒトラーのような男が現れ、
人心をゴッソリ持っていかれたら、歴史が繰り返されてしまうのだろうか。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首藤さんの写真展観て来ました。 | トップ | 『教授のおかしな妄想殺人』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (jun-sweets)
2016-06-23 20:21:58
タイムスリップ、どうやって?とちょっと突っ込みたくなります。
過去を繰り返してはならないっていう警鐘なんでしょうね。
jun-sweetsさん (kurukuru)
2016-06-24 21:43:27
>タイムスリップ、どうやって?
の部分は、無いですww
気が付いたら、公園の草むらに倒れていたってところから始まります。
タイムスリップの影響で倒れていた場所の草は焦げていて、周りが若干煙ってるって表現。
上手い事ごまかしてますww

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
帰ってきたヒトラー (ピカールのネコライオンな日記)
表題映画を鑑賞したので感想: 大前提として、 もし鑑賞するなら映画版についてネタバレなしで映画を見る事をお勧めします。 原作小説が私にとっては面白かったので、 映画版の前評...
帰ってきたヒトラー (試写会) (風に吹かれて)
歴史は繰り返す? 公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback6月17日公開 原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫) 1945年に死んだはずのア
映画・帰ってきたヒトラー (読書と映画とガーデニング)
原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ 2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしい...
帰ってきたヒトラー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑)
「帰ってきたヒトラー」 (ここなつ映画レビュー)
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。...
帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント (西京極 紫の館)
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、...
帰ってきたヒトラー ER IST WIEDER DA (まてぃの徒然映画+雑記)
随分と評判がいいらしく、この日のTOHOシネマズ新宿は小さなスクリーンで満席、ここシャンテも残り2席だけという人気ぶり。総統府の地下壕で自決したはずのヒトラーがタイムスリッ......
帰ってきたヒトラー (銀幕大帝α)
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚......
「帰ってきたヒトラー」 (或る日の出来事)
あなた、どこのヒトラー?