コバノミツバツツジの庭で

山里暮らしの日記。

その人の部屋が荒れていること

2017-07-12 10:25:01 | 掃除・片付け
「彼氏の部屋がごみ屋敷」でGoogle検索したら、出てきた出てきた。
この問題で悩んでいる人は多いらしい。
驚いたのは、ごみでいっぱいでも、彼氏の部屋だから触ってはいけないと思って、手を付けないでいる彼女がいるということ。それで悶々悩んでいる。

そんな遠慮いらんでしょう。

さらに驚いたのは、「部屋が汚いからもう会いたくない」と言ったら連絡が途絶え、そのために自分から謝ろうかと思っている彼女がいるということ。

そう思ったのは事実だから謝らんでいいでしょう。
絶対謝ったらだめ。
ここが踏ん張りどころ。


で、なんでそんな検索したかというと、そうだからです。
うちも。
1カ月ほど前に初めて訪れ、
先週末は私が勝手にかなり片付けてきた。


その人は彼女が家に来てない歴(彼女いない歴とはちょっと違う)多分20年弱。
男やもめにうじがわく、と言う。
男っていうのは普通そうなるものなんだろうか。

世間一般の男は幸いなことにそうなる前に彼女ができたり結婚したりして
運よくそうなるのを免れているだけなんじゃないか。


男っていうのは、汚くても気にならない生き物なのか。
片付けることに頭を回せないのか。
片付け能力が徹底的にないのか。


とにかく、かなり引いたわ。
「愛」らしきものが50%ぐらい目減りした。

また片付けに行こうと思う。
が、それは愛があるからではなく
あれを見たら片付けないと気が済まない心理になってしまったから。

片付け終わった時点で満足して付き合いが終わるかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 黒いレースカーテンを洗う »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む