くるねこ大和

猫、まんが。

まいりました

2007-11-30 18:37:54 | Weblog





















うちに来た時は90gだった胡ぼん。
今の体重は知らないが(量るの面倒なんで)大きくなったなぁ。
なんか、にゅるにゅると長いし。
全力で、わっしょいされるとトメはもう太刀打ちできません。






いつもありがとうございます。
コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

満面の笑み

2007-11-29 17:53:03 | Weblog


























































とうとう、やってくれました。
まだら丸こと、チビの前例があるので
『わ~、かしこ~い♪』
などと、のんきなことを言ってられないのです。
なんせ、全ての大事なものを隔離できなくなるのです。
ちなみに実家では、入られたら困る部屋の前にプラッチックの
『撒きびし』のようなものを撒いて、アヤシゲな忍者屋敷と化してます。


胡ぼんは今のとこお風呂のドアしか開けられないので、これだけで
満足すればいいのですが…。
なんで、そんなにお風呂が好きなのかなぁ。







最近は飛び込まなくなったから、まだマシか…。







いつもありがとうございます。
コメント (43)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

愚かな誓い

2007-11-28 18:09:46 | Weblog

















































結局、もんさんとポ子は仕事場に棲みついてしまいました。
隣の部屋にはホットカーペットが敷いてあり、夜も寒くないようです。
爆弾持ちでストレス厳禁のもんさんが心からリラックスしているので
これで良かったのかな。

ただ、電話でしゃべっていると、受話器に向かって大声で文句を言うのだけは
止めてほしいものです。





にゃんぽ君んちに、何やらステキな絵が…!!(笑)








いつもありがとうございます。
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

じいちゃん

2007-11-27 17:27:53 | Weblog



















































































愚連隊には食わせません。
もったいないからね。

親元を離れてから10年以上、集合住宅に住んでいたので、
ご近所つきあいは皆無でした。
(あまり口きいてくれないんです)
今こうやって、みんなに良くしてもらって嬉しいです。
じいちゃんとは、たまに庭掃除をしたりしています。










いつもありがとうございます。
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

トラパッチ

2007-11-26 11:37:22 | Weblog
まずは、こちらを先にご覧になるのをおすすめします。



































































似合ってるじゃん。(わはは)


それにしても…。
noriさん、2年近くも大変失礼しました。





いつもありがとうございます。
コメント (40)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ぬるり

2007-11-22 19:03:25 | Weblog




































































こんな負けっぷりでした。



やたらに長~い胴がぬるりとした質感で、重さはともかく持ちにくいチビ。
モンゴル相撲の素質ありです。




おいら今流行りの小顔だよ~。








いつもありがとうございます。
コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

改名?

2007-11-21 19:52:35 | Weblog

















































まだら丸こと、チビ君は6.2kg。
ぼんにぃが、5kg程度なので、
『ぎゃッ!!』
と、言うほど大きく感じます。

どれくらい重いかは、また明日。








いつもありがとうございます。
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

猫の集会?

2007-11-19 12:02:20 | Weblog





























































何をするワケでもなく、ぼ~~~~~ッと並んでました。
あれがウワサの猫の集会なんでしょうか?







いつもありがとうございます。
コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

脳内劇場

2007-11-15 18:58:29 | Weblog

























どうも、少年合唱団に入ってそうなキャラをイメージしてしまいます。
中身は、わっしょいなんですがね。
ちなみに他の愚連隊の脳内劇場はこちらです。






いつもありがとうございます。
コメント (45)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜアタシ

2007-11-14 20:18:08 | Weblog







































ぼんの爪は切れ味バツグン♪










胡ぼんよ、にぃにが譲ってくれてるのを知ってくれ…。






きのうの、鯉のおじさんは、ぽちさん、AZRAELさんのおかげで
中国の水仙、琴高仙人と言うことが分かりました。
本当にありがとうございました。


琴高仙人は、中国の仙人で、琴の名人。
ある時、弟子達に
「龍の子をとってくる」
と言い残して川に飛び込み、約束の日に弟子達が川で待っていると、
鯉にまたがって現れたそうな。

中国では鯉が黄河を登りきると龍になるとされているので、
鯉は龍の子とも言えるでしょうが、ギャラリーの本音は
『そう来たかよ』
と、プチガッカリだったかもしれません。



さて、うちの米びつに入っている器は、どうやらそのシーンを描いたようです。
器の外側に描かれた、煮炊きをする僧侶や、巻物を読む人達はおそらく、
龍の子をとってくる琴高仙人を待つ弟子や、野次馬だと思います。
また、碁を打つ人には深い意味がありそうです。
うろ覚えですが、碁はもともと神事(占い)だったそうです。
碁を打つ不思議な老人に見とれていて、気がつくと何百年も経っていたと言う
昔話を読んだ記憶があります。

長寿の象徴でもある琴高仙人を待つ間に碁を打つ。
何とも意味深ではありませんか。







いつもありがとうございます。
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

鯉のおじさん

2007-11-13 19:22:11 | Weblog











































このおじさん、確か昭和初期くらいに作られた、ちょっと古いものです。
隣に置かれた大先輩の化石の存在が煙かったのかも…などと
妄想するのも楽しいものです。







手の中にすっぽり入るくらいの大きさです。
描かれている人々は、中国の人のようです。
内側の底には件の鯉のおじさん、外側の側面には煮炊きをする僧侶や、
巻物を読む人、碁を打つ人などが描かれています。
この器を手に入れてから10年くらい経ちましたが、この絵の題材は
分からないままなのです。








いつもありがとうございます。
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

やっほ~

2007-11-12 19:15:49 | Weblog




















ぼんにぃは睾丸が一つお腹に残っています。
その所為で、周期的に騒ぐのです。
それがもう、とんでもなく大きな声で、おらぶおらぶ。
おらぶ、とは方言で叫ぶと言う意味なのですが、ぼんにぃを
表すのにはピッタリの単語です。
さて、最近のお気に入りの『おらびスポット』は、ロフトの上。
今日も、ノドをひっくり返しておらんでいます。





いつもありがとうございます。
コメント (34)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんくら

2007-11-09 18:13:20 | Weblog






















宮部みゆき ぼんくら

















胡ぼんは、ぐにゃぐにゃの、ふわふわ。
大福みたいなのです。
同じ男子でも、ぼんにぃとは大違いです。
ぼんにぃはチビの頃から、かりんとうでした。






いつもありがとうございます。
コメント (40)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はしご

2007-11-07 18:09:26 | Weblog











































そういえば保護されたのもこんなカンジだったなぁ。
胡ぼんは、器用に登り降りしています。
みなさんも、おっしゃってますが、骨盤骨折してたのが
ウソに思えるくらいのヤンチャぶりなのです。




いつもありがとうございます。
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

白と黒

2007-11-06 20:28:03 | Weblog
あるところに黒い藩主がおったそうな。



黒い悪い藩主は崩れかけた城で、いつも
大イバリだったそうじゃ。




しかし、黒い悪いウザい藩主は、白い小坊主に
崩れかけた城を乗っ取られてしまったのじゃった。



白い悪い小坊主の方が一枚上手だったんじゃ。




行き場をなくした黒い悪いウザいヘボい藩主は
メルヘンなベッドに横たわるのじゃった。



あぁ、何故こうも黒と白は対立するのじゃろうか。




そして、その隣では白黒合わせ持つ村人が力強く
転がっているのじゃった。








なんか最近トメがお腹を出してひっくり返ってます。
ONとOFFの差が激しいコです。



体調は良くなりました。
心配してくださって、ありがとうございました!



いつもありがとうございます。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加