自転車に乗って

10年続いたブログ「くろうさぎの独り言」、その後に続くブログです。
自転車関連の内容を中心に投稿します。

下流を走行するのは

2017-07-18 | 自転車に乗って
7月の三連休の最終日。
paffのお仲間から川崎のカレー店にランチのお誘いが。
多摩サイの羽田集合らしい。
ただ、多摩サイ-羽田は我が家から往復で約120km。
羽田の鳥居からカレー屋さんまで4~5kmはある。

この暑い中、老人が130km走れきれるか。
途中で熱中症も十分にあり得る老体なので用心するにこしたことはない。
迷惑をかけないこと事を、この年齢ならしっかり考えなければね。
しかし近頃、長い距離を走っていないので自分の長い距離の走力を確認したい気持ちもある。


海の日、午後から用事が入りました。
13時過ぎには家に戻る必要があります。
ざっと計算すると、多摩サイ-多摩水道橋(登戸)あたりが時間的に限界。
そこまで行って、皆さんを見送ろうと。

朝、8時少し前に出発し睦橋から多摩サイを下ります。
とりあえず、焼肉村(是政-郷土の森)まで休まずペダルを回して。
追い風もあり、巡航速度はかなり速くなりました。



焼肉村には9時に到着。
是政橋-9時半にはまだ時間があるので、ベンチで休憩です。
おそらくここを通るであろうお仲間を待ってみます。
しかし、9時15分になっても通らないのですぐ近くの是政橋まで移動しました。


橋に到着して4~5分すると是政橋待ち合わせのメンバーが集合。
ここから、他の多摩サイメンバーを拾いながら登戸まで。


このお仲間と多摩サイ中流を走るのは久しぶり。
是政橋より下流を走行するのは2年ぶりになる。


多摩水道橋(登戸)に到着。
初めましての方にご挨拶、久しぶりのお仲間さんにも会えました。
やはりお仲間と少しでも一緒に話したり走れるのは楽しい。
ここで10時を過ぎたので戻らねばなりません。
皆さんを見送り、ご挨拶してUターン。


多摩サイ、今度は向い風の一人旅。
まだワタシの地元、奥多摩の山々の姿は見えず帰り道は遠く感じる。

立川に戻って、モノレールをくぐったあたりから暑さを強く感じるようになる。
少し頭痛もしてきて、ボトルのドリンクもほとんどなくなった。


地元の山、三頭山や大岳山が見えて来ているので気分的に少し安心感はある。
走行60㎞に近くなると、何故か踏めなくて回せなくなる老人の脚。
たい焼き公園の自動販売機、水のボトルが全て売り切れ。
多摩大橋をくぐって、プール脇のトイレで腕と頭に水をかけたら落ち着いた。

睦橋まで行って、自宅に電話したら昼食の用意はしていないと。
時間的には余裕があるので、ランチを食べて帰宅することにした。
睦橋通りを走る気力もないので、少しは涼しい秋川沿いの遊歩道を行く。


家の近くのお蕎麦屋さん「加賀屋」でランチ。


なぜかそこで売っていたスイカが食べたくなった。
ビニール袋をもらってロードのハンドルにぶる下げて帰宅。

暑い多摩サイ80㎞の走行は、やはり老体にはちょっとツラかったか。
筋肉疲れだけでなく、年取ると長い距離は身体の芯から疲れる感じがする。
長い距離を走ると若いころよりその疲労感がなかなか取れない。
ワタシの体質では、筋肉疲れはするが短い距離の峠や山道の方が、
長い距離より身体の芯の疲れは少ないのかな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

予想より坂が登れた?

2017-07-09 | 自転車に乗って
先週の土曜日7月1日に、少し走る予定でした。
ただ天気が雨では、どこにも行けず自宅で過ごしました。
今日は、天気予報も晴れだったので前日からお出かけ準備してました。

ここ1、2か月は地元の近くや平地を走っていました。
おそらくずっと坂を登る山方面は、まともに走行できなくなっているはず。
走る距離はそれほどでもなくて、それなりの登りがある峠にと。

おそらく登りでへばっているから、下ったら地元になるコース。
そんな都合の良い峠があったんですね。
距離は40㎞程度で登って下って地元、そう入山峠です。

まずお出かけには、家の用事を済ませてから。
鉢物の植物の水やりや、家庭菜園の野菜類の手入れをする。
今日の風呂洗いはワタシの当番。これもサッサと終わらして出発。


山田大橋を渡って秋川街道から美山通り-陣馬街道の川原宿交差点。
陣馬街道を和田峠に向かって走り、夕焼け小焼けの里に。
いつもここで小休憩してます。

和田峠方向に左折せず、醍醐林道方向に1㎞ほど走って右折。
入山峠の恩方からの登り口に。
車止めに「がけ崩れ通行止め-通行禁止の看板」が。

崖崩れで行けなかったらそこでUターンのつもりで登り始めました。
少し登ったら、降りてくるローディさんが1名。
「この先、通れますか?」の質問に「通れます」の返事。
ちょっと安心してペダルを回しました。
もし入山峠を恩方側から登る方がいましたら、それは自己責任でおねがいします。


10%越えが時々出てくる程度の登りで、考えていたより登れます。
途中で、また1名のローディーさんが降りてきました。
やはり崖崩れの場所は自転車では通れるようです。

途中、岩が崩れた場所がありましたが道半分は片付けてありました。
道路が崩壊するような大規模な崖崩れではなかったようです。



途中のトンネルまで脚つくことなく登れました。
トンネル先の視界が開けた場所に川崎から来たローディーさんが6名。
少しお話して、多少前後はしますがほぼ一緒の走行になりました。


それほどヘタレずに入山峠まで。
6名さんのグループ写真のシャッターを押したりしてました。
皆さん入山峠は走ったことが無いようでした。

下りは、グループがばらけてたところでワタシが先行。
やはり、道やコーナーを知っていると多少違うのかな。


五日市側の下りは木陰が多く、涼しくて気持ちが良い。



下りきって旧沢戸橋(黒茶屋近く)で秋川の川原を。
鮎の友釣りの人や、川原で水遊びの人達が涼しそうでした。



ランチは久しぶりに山猫亭で。
お店のバイクラックが縦型に換わりました。
窓から見る武蔵五日市駅前には、ロディーさんの姿がたくさん見えました。


キーマカレーと紅茶にケーキ。
紅茶は、日本の紅茶で「四万十紅茶」を出してもらいました。
ワタシは、ここで飲むこの紅茶がとても好みの味です。

食べ終えて、まだ時間もあります。
それに、どういうわけか脚も残っている様です。
それならと、武蔵五日市駅裏手を少し登った南沢アジサイ山に。


アジサイは行く途中で道端に咲いているのを見るだけで十分でした。


ちょっとした登り坂が多少ありますが、ロードバイクならそれほどでもない。
すぐに入口に到着。観光客の車で駐車場は一杯でした。



中には入らず、すぐにUターンして帰宅しました。

昨年の富士スバルラインから、しっかり坂を登ったのはほぼ1年ぶり。
でも予想より坂が登れたのは意外でした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ほんの10㎞ほど

2017-06-18 | 自転車に乗って
土曜日、梅雨なのに朝から快晴。
気持ちの良い天気で、自転車でお出かけには良い日でした。
ただ今日は、孫娘と家庭菜園のジャガイモ掘りの約束が。

午前中は、ジャガイモ掘りとその掘った後の土を耕して終了。
午後もその道具の片付けや、茎部分の処理で2時半ごろまで。
その後に、ロードバイクでご近所散歩。

服装は着替えずにポロシャツ、ヘルメットは着用。
シューズは、スニーカーに見えるSPDビンディングシューズ。
出かけた先は、秋川沿いの少し上流。


家をでて、裏道から小和田橋下流へ。
すぐ近くに、野球のグランドがあって昔は良く試合をした場所。
30歳台の時には、ソフトボールのウインドミルのピッチャーだった。


秋川の鮎釣りが解禁となって、川原には鮎友釣りの竿が見える。
小和田橋を渡らず、その少し上流にある桂月橋に。
上から川の中を見ると、鮎が藻を食む姿が多く見える。


桂月橋の上流方向はいつも撮影しているので、今回は下流を。


橋を渡って、今度は下流方向に走って行くとオニグルミの木。
胡桃の実はかなり大きくなってきている。



そのまま下流方向に、畑の中の道を通ってあゆみ橋へ。



橋を渡れば、秋川橋河川公園バーベキューランド。
その端にダリアがたくさん植えてある場所が。
花はまだ咲き始めで、これからが本番かな。


五日市駅前にぬけて、裏道を通って帰宅。
ほんの10㎞ほどの自転車散歩だったけど、気分転換にはいいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末には自転車で

2017-06-10 | 自転車に乗って
土曜日、天気は晴れで陽射しが強い。
6月に入ってから午前中(7:30~12:30)だけパートに行っている。
午後は自由な時間だが、週末(休み)を待つという感覚が戻ってきた。

退職後の10ヵ月間ほぼ自由な時間があったのだが、何もできず。
何かするために、時間を作る努力をする必要がなかったのに無駄に過ごした気持ちが強い。
その期間中に、いろいろと予想外の出来事があったのもあるけれど。

その土曜日、週末には自転車でのお出かけのパターンに戻っていく感覚で。
飯能の親戚の家まで、ロードバイクで行ってみました。
3~4年前なら気軽に自転車で行った場所だけど、今は遠く感じる。


家を出て、いつもの農道を抜けて平井川を渡る。
圏央道下をくぐり、滝山街道走ってを満地隧道。
吉野街道になる前に、脇道を右折。



青梅の友田、多摩川管理橋を渡って対岸へ。
管理橋の上は気持ち良い風が吹き抜けていて、ちょっと休憩。
下流方向は、羽村-多摩サイ終点の阿蘇神社の木々が見えます。


対岸に渡ったら、北方向にいつもの道を抜けて入間の茶畑。



JR八高線の金子駅付近からは八高線沿いの道を入間川まで。
入間川を渡る八高線鉄橋が見える阿岩橋で小休憩。
ここから親戚の家までもう少し。



親戚で用事を済ませて、帰路に。
西部池袋線-入間川鉄橋を大ケヤキのあった上橋から。


橋脚が煉瓦積みの旧鉄橋が壊されずに残っているのも味があります。



すぐ近くの阿須運動公園-あけぼの子供の森に寄り道。
このムーミンの家はまだ手入れが行き届ているようです。


駿河台大学脇の道を登って金子駅に抜け、来た道を戻りました。
途中でお昼過ぎたのでランチです。


なぜかとんかつが食べたっかったのでチェーン店の「かつや」に。
ぶっかけ青ネギかつ丼を。



チェーンで思い出しました。前回走行でシフトがうまく決まらず。
ワイヤの調整をしても治らず、調べたらこのKMCチェーンは「チェーン伸び-寿命」でした。


夢屋の10速チェーンが使わず残っていたので、交換したらシフトはバッチリ。


食べ終えたら、素直に来た道を帰りました。
重くなったお腹と老化で消化に手間取る胃を抱えて、のんびり走行。
すこしづつだけど、走力も戻りつつあるのかな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ久しぶり

2017-05-27 | 自転車に乗って
先週は神戸岩まで走ってみた。
ちょっと登り坂があるコースで、登れないのを実感した。
今週は平地コースの多摩サイをメインに久しぶりのランチポタ。

服装も自転車もポタリングを正しく実行できるようにと。
ポロシャツなんだけどバックポケットがある上着にモンベルの七分丈のバイカーズパンツ。
自転車は当然ながらクロモリスポルティーフ。

自宅を出てゆるゆると多摩サイ入口の睦橋まで。
心拍は150bpmを越えないように、スピードは出さず回さず。
ほとんど登りはないので、急加速や高速巡行維持をしなければ心拍は上がらない。



まずは多摩大橋を過ぎて、タイ焼き公園で小休止。
新しく舗装された多摩サイ迂回路が出来てから、公園に自転車乗りがいない。
昔の道ならちょうどたまり場になる場所だったのに。


多摩サイを素直に下って府中是政の郷土の森-通称「焼肉村に」
川原では、多くのグループが焼肉(バーベキュー?)をしていた。
ここが待ち合わせ場所で、ねぼさんを待ちます。


ねぼさんが来て、ベンチでちょっと談笑です。
夜勤で会社にジテ通のてっちゃんがここを通るらしいので待っていました。
てっちゃん到着で久しぶりの面子が揃いました。3台ともバイクが鉄。
ワタシがご一緒するお仲間さんには鉄バイクが多い気がする。


てっちゃんはそのまま多摩サイを下って通勤。
ワタシとねぼさんは、手打ちそば-たか志に。
新しく追加された生姜-胡桃大吟醸蕎麦を頂きました。


胡桃が入っている蕎麦つゆで、更科蕎麦より精製した大吟醸蕎麦。
そのつゆに生姜がすりおろして入っている。
ワタシの好みの味。蕎麦湯を入れて飲むとより生姜の味が際立つ。

ランチを終えたら多摩サイに戻ります。
途中で東京競馬場のすぐ横を通過。
明日27日のG1ダービーの前日で通常レース開催日でしたが混んでいました。


是政の焼肉村に戻り多摩サイを走って四谷橋まで。
サイクルショップY's の隣にあったコンビニが無くなりカフェが開店。
そのカフェ「lohas 24」に入ってコーヒーを頂きました。

オープンカフェで、直ぐ前の道路の交通量が多く騒音で会話が聞き辛い気もします。
コーヒーがメインとなっていますが、豆の種類も少なくサイドメニューも少なめ。
味自体は悪くないと思いますが…。お店が長続きするのかちょっと心配な気も。
多摩サイを走る自転車乗りには、あまり利点がないのかもとも思いました。

帰りは四谷橋を渡って、浅川サイクリングロードからのコースを選択。
橋を渡ったところでねぼさんと別れて浅川CRをのんびりと。
風が変わって帰りも向い風。


途中、いつもの休憩場所の高幡不動で一休み。
休んだ後は八王子市街を抜け、川口川に入って犬目から高尾街道に。
高尾街道からサマーランドに抜けて帰宅。

走行距離は久しぶりに70kmを越えました。
70kmを超えたのは、ほぼ1年ぶりでした。
明日、明後日の走行した身体の疲れの回復度が問題だな。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加