自転車に乗って

10年続いたブログ「くろうさぎの独り言」、その後に続くブログです。
自転車関連の内容を中心に投稿します。

半年ぶりに

2017-03-06 | 自転車に乗って
日曜日、半年ぶりにロードバイクにしっかり乗りました。
午前中は家の用事や、近くにママチャリでお買い物。
12時少し前に支度を始めて、お出かけしたのはほぼ12時ごろ。

睦橋通りを下って、睦橋から多摩サイに入ります。
午前中にママチャリに乗っていたので、ロードバイクの姿勢がキツイ。
先週に乗ったスポルティーフはハンドルが高く、ハンドル手前気味でそれほどきつくない。
試しに下ハンを握ってみたが苦しくなって3分続かず。あ~ぁ

睦橋から多摩サイを下って、どこまで行けるか。
恐らく脚が無くなるか、姿勢が辛くなって立川あたりでUターンかなと。
ママチャリよりは速度は出るが、巡航速度は20㎞ほど。

さすがにインナー縛りにはしなかったけれど、軽いギヤでクルクル。
いつもの道を行きますが、多摩大橋で新しい舗装路が出来ていたのを知った。
これで、住宅街や未舗装路の川沿いを行かなくて済むんだ。

久しぶりのロードバイクだけれど、過去の経験が生きているのか思ったより身体が持つ。
立川を過ぎ、国立の住宅街を抜け中央道の下から土手上の道。
お腹が空いてきたし、やはりそろそろ身体が…
四谷橋でUターンして自宅方向に向かわないと持たなそう。



橋の中央で撮影。
久しぶりの四谷橋。自転車でこの橋を渡ったのは去年の2月かな。
昨年は多摩サイを走ることが少なくなり、山方面が多かったような。


お腹が空いているのだけれど、この辺りのランチ場所を知りません。
この辺りが得意な方に、聞いておけばよかったかな。
仕方がないので、橋を渡った先のサンクスでコンビニ弁当。


これまた久しぶりのこたさんメシ?になりました。
味はそれほど悪くはなく、お腹も満たされ時間も節約になったのですが…
コンビニランチって意外にコストパフォーマンスは良くないし、なにか孤独感を感じる。
満足感やコストを考えても牛丼チェーン店でもよかったかなぁ。



浅川経由で帰宅を選択し、浅川サイクリングロードに入って四谷橋を撮影。
そのまま八王子に入って、暁橋から川口川沿いの道。
犬目町からサマーランドに抜けて帰宅です。



今日のお出かけのスタイルはロードバイクのそれです。
新しい冬物長袖ジャージ(paff-paff)を初めて着ました。
この時期の地元付近の山にあわせたネックウオーマーにシューズカバーの防寒装備。
山でない町の中では、暑すぎて途中で全部取り外しました。

多摩サイや浅川沿いで、年寄りロードバイカーを比較的多く見かけました。
その服装を参考にしようと、よく観察しました。ワタシより年長と思われる方は数人。 
やはりワタシは派手で奇抜なデザインジャージを選択でいこう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ママチャリでない自転車に

2017-02-28 | 自転車に乗って
2月の最終日、久しぶりにママチャリでない自転車でおでかけしてきました。
昨年の10月5日にロードバイクには乗っています。ただそれも近所を30kmほどのポタ走行でした。
それ以後はママチャリに乗っただけでした。


今月、2月中には乗ろうとは思っていたのです。
でも一度乗らなくなると、ロードバイクに乗るのはシキイが高くなる。
自転車仕様の服装に着替えるだけで、とても面倒な事のような気がしてくる。


今日は、ウールのニッカにパット付きアンダーパンツ。
ジジイが着ていてもナントか見られる姿になる上着が無くてまだ未購入。
10年前のアディダスの古いサーモジャケットを引っ張りだした。
これなら、古臭いデザインなので年寄りのワタシにもナントか着られる。
ただし色は、赤なんだけど…還暦過ぎには合う色か(爆)


当然ながら自転車はクロモリスポルティーフ。
このクロモリ、昨年6月から乗っていないんです。
Di2のバッテリーは消耗しているし、サドルには埃がたまってた。



何とか支度を終えて、梅の咲くいつもの農道からまずは羽村の堰へ。
本日は、インナー縛りで裏道ばかり選びのんびり走行です。
途中は裏道も一度も通ったことのないような道を探して。



裏道も楽しく、知らない裏道や小道を思ったより見つけました。
羽村大橋付近ではいつもの道になります。
玉川兄弟の像もいつもと違う後ろから撮影です。


出るのも遅かったし、のんびり走行なので羽村の堰で正午過ぎ。
これまた羽村の堰から走ったことのない道でJR青梅線-羽村駅へ。
ランチを考えてたとき、駅付近のほうが食事のできるお店は多い。


駅のホームから見えるスペイン料理風のお店に入ります。
「キーマカレーのレタスチャーハン温玉のせ」を注文。
ハズレでもよいつもりのお店でしたが、アタリで好みの味でした。


羽村駅から福生駅-牛浜駅までは、また裏道です。
牛浜駅からは多摩川沿いに降りて、睦橋-南公園に。
多摩サイを下って拝島橋まで。橋を渡って滝山運動場を抜けます。



運動場から秋川と多摩川合流点付近の土手上の道。
自転車に乗り始めたときによく来ていた場所です。


合流点付近から秋川沿いに入り、畑道を行きます。
中央に道祖神のある防風林か距離塚と思われる立木。この風景好きなんです。
真ん中の大きな木の根本に自転車を置いて撮影したが小さくて見えないな。



秋川沿いを登って圏央道あきる野インターと少し先にある前田牧場。
朝は曇りでしたが、昼間は晴れて寒くもなくそれに風もなくて気持ちよく走れました。
走行距離35km、乗車時間は2時間半ほど。

出かければ気分転換になるし、気持ちはスッキリ。

---------------

このブログも最初の投稿から4383日-12年経ちました。
もういつ終わりにしてもよい状態なのかもしれません。

数年前からブログタイトルを変更し、自転車関連以外の投稿はしていません。
以前からの投稿した自転車以外のカテゴリーの記事はブロックし見えなくしていました。
それも解除し、以前のカテゴリー(うさ日誌、うさ語録、うさばらし)を復活しました。

自転車以外の今の出来事などは別ブログを立ち上げてあり、そちらに投稿しています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ママチャリ走行だけでは

2017-01-31 | 自転車の用品
ホントに久しぶりに自転車ショップに行ってきました。
何か爺さんに似合いそうな、ウエアを探すために。
またホイールのリムテープの手持ちが無くなったので入手するためです。

ママチャリ走行だけでは少し飽きてきました。
すこし走りに刺激が欲しいのかもしれません。
2月に入ったら、ちょっとロードバイクに乗ってみようかなと思うようになりました。



立川にある〇ルシマフレンド。
爺さんに似合うようなウエアは全くなしでした。リムテープは入手。
久しぶりにフレームやらホイールを見物。
もう2017モデルも出始めているようで、目の保養です。


ホイールといえば、もう一つありました。
ワタシが組んで、友人が使っている手組ホイール。
ロードバイクに乗ることがなかったので、このホイールを見ていませんでした。

一緒に走るときに、この手組ホイールを友人が履いてくる時があります。
その時は、スポークに触ったりニップルやスポークの傷を観察してました。
半年以上、ワタシが乗っていないのでホイールも見ていません。



持ち主に連絡を入れて、その手組ホイールを回収してきました。
タイヤを外し、リヤカセットも取って点検です。
ついでにリヤカセットも清掃です。ニップル穴もキレイでした。



ハブ付近のスポークやハブフランジも掃除して点検。
スポーク1本に、リヤハブ付近の小さい傷と曲がりがありましたが全く問題ありません。


タイヤなしの状態で、縦振れと横振れを確認し振れを調整。
そのあとタイヤを着けて、もう一度横振れを確認して再調整しました。
ここでスポークテンションも確認しましたが、数値のブレは少なく良い状態です。

手組ホイールの状態をほぼ全て点検できました。
納得のできる状態に、調整完了です。
このホイールは、この使い方ならまだ6~7年以上は十分に使える状態でしょう。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スポーク交換と調整修理完了

2017-01-23 | 自転車の用品


DTレボリューション、1.8mm-1.5mmバテット293mmのスポーク。
とりあえず5本、「タキザワ」から届きました。
ついでに、ベルを2個。 
リングタイプのベルもありますが今回は、ごく普通のベル。
-----
道交法54条
車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、
次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

1.左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は
見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき

-----

警笛鳴らせの道路標識があったとき、自転車も鳴らさなくてはいけない。
警笛(ベル)装備についての条例はないが、
警笛が無ければならせないので自転車ベルは道交法上、必要品ですね。

いままでベルを装備していなかったのですが、やはり法律は守らなくてはね。



折れて無くなっていたスポークを追加して、軽く縦振れと横振れを調整。
その後、傷のあるスポークを1本づつ交換しながら、1本ごとに全体の振れ調整をする。



傷のあるスポークを3本、折れたもの追加で1本で合計4本を新品に。
交換した3本のスポーク傷はかなりひどい状態。それにかなり変形もしていた。



やはりスポーク折れしたハブフランジのスポーク穴は凹みとひずみが見られる。
ハブも寿命が近いかな。


リムも内部のニップル穴の部分は腐食が進んでいる。
雨が多い人が使っているんだろうなぁ~(笑)



スポークテンションを合わせこんでいけば、大抵の場合、縦振れや横振れは収束してくる。
今回は縦振れと横振れとも調整が難しい状態になっている。
やはりリム自体も歪が出ており、振れを抑えるとスポークテンションのばらつき具合が大きくなる。

前輪も振れとスポークテンションを調整し、リムテープを交換。
スポーク交換と調整修理完了です。これでしばらくは使えるはず。

まぁ、通常の使用なら2~3年は大丈夫のはずだが、爆走王の通勤用だと半分の寿命かなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交換でホイールを

2017-01-19 | 自転車の用品
時間があるので、自転車用品の整理を始めました。
まずはホイール。


この「RADIUS」、軽くて乗り心地もよく中速で伸びます。
気に入っているホイールですが、あまり使う機会がありません。
友人の息子さんがロードバイクに乗り始めたという事なので、息子さんに譲ることにしました。



友人のところにRADIUSホイールを持っていったら、交換で手組ホイールを渡されました。
AMBROSIOリムの手組。リヤのスポークが1本折れています。
どこかで見たようなホイールです。
それもそのはず、6年前に私がスポークを交換して組み替えたホイールです。

たしか、どこかの峠の女王が使っていたもののハズですが、
どういうわけか脚力ある爆走する人が通勤用に履いていたらしい(笑)
ワタシが自分で履くホイールではないので、かなり安全率を見込んで組んだはず。
スポークが折れることは、ほとんどないと考えていたのですが。



掃除して点検すると、リヤのフリー側スポーク3本に傷があります。
恐らくチェーン落ちしたときリヤカセットロー側ギヤ板とスポークの間に
チェーンが強く挟まった状態になったと思われます。

このリヤのフリー側スポークは一番テンションの強い場所。
それに1.8mmから1.5mmにバテットしている場所の傷です。
この場所で、これだけの傷があれば折れても不思議ではないでしょう。

「タキザワ」にDTレボリューション、1.8mm-1.5mmバテット293mmのスポークを発注。
スポークを入手したら、組み換えとフレとり調整する予定。

リムももう新しくはないし、ハブも使い込んだ状態です。
前後のホイールのスポークを全て交換して組直すのではなく、
傷のあるスポークを交換して、スポークテンション調整とフレとりで修理と決めました。
この修理でしばらくは使えるでしょう。

新しい通勤用手組ホイールが必要なら、組みますよ。
105ハブ11速はあるので、リムを入手しもらえばダイジョウブ。
リムはやはりマビックかアンブロが長持ちするし、走行感も悪くないかと。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加