黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

2015年百円貯金旅行

2015-09-23 07:39:55 | Weblog
二年ぶりに百円貯金旅行へ行ってきた。

今回は、先日ここでお話した通り、三笠市と札幌青少年科学館見学がメインです。

三笠市は、一昨年の夕張市同様炭鉱町だから見どころいっぱいで、一日では当然見切れませんけどね。

では、いってみましょうか。


出発は3:30だから「ラジオ深夜便」を聴きながら長万部町界隈まで走ると日が昇ってきました。

そこからは、いつも通りのつまらない道なので割愛。

札幌市を抜けるのに時間がかかってしまい(都会の道は大変だわ)予定より1時間多くかかって三笠市到着。


道沿いに廃校やら


幌内線の廃止にともない、1987年に廃止となった唐松駅。


三笠も炭鉱町だから煙突もデカい。


炭住なのか、こんな建物だらけ。

まずは、桂沢湖を見て博物館見学します。


桂沢湖にかかるアーチ橋だが、これも夕張と一緒だった。


桂沢湖はダム湖なのでシューパロ湖同様の湖です。


これも今回のお目当て。


結構見物客がいますよ。もっと少ないかと思ってたが、シルバーウィークという事もあって、かなりの車の数です。


骨だけのものなら道南にもあるんですけどね。


まあ普通のせき止湖だわね。


う~ん・・・いずこも同じか。


次から次に車が来て、あずましくないから次行ってみましょう。


ここが桂沢ダム。


三笠市立博物館到着。


建物から洒落た物が出てるね。

ここで三笠鉄道記念館と共通入場券650円を買って入場。


アンモナイトが名物?なだけあってデカいわ。


ちなみに博物館見学後、ジオパークという野外見学路も見ます。


館内に入った途端アンモナイトだらけで、しかもやたら大きい。


アンモナイトとオウムガイの違いが書かれてた。でもね、殆ど違いが無いとしか思えませんでした。

中心部の巻きはじめの殻がアンモナイトだと丸くて、オウムガイだとそれが無いそうです。

その他、細部も違うが私には同じって気がしました。


これが日本最大なんだと。


こんなのが古代の海水中にいたんですからね。


小型のアンモナイトが展示されてた。


海の岩に付くカラス貝みたいなもんだったんでしょう。

つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓マイラー | トップ | 2015年百円貯金旅行2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (川崎 鉄馬)
2015-09-23 10:59:20
おかえりなさい。

9番目の恐竜、いいですね。
白目をむいて照れ笑いしているみたいです。
「あ”ーっ、せっ背中、たたいてくでー、あっあんもないとが、のどにつっかえたぁー」

下から3番目の世界最大のアンモナイトのレプリカもいい。
KAWASAKI ZZR 250のエア・インテーク・ダクトというか、洗濯機のホースというか、
いろいろ考えさせられます。
(少しまじめに)
マウンテン・シープのように外側から巻いていく場合にはこの形もありだと思うのですが、巻き貝のように内側から外側に成長する場合にはフィボナッチ数に準ずるというのが私のイメージです(あくまでも主観的な考えで、客観的な裏付けはありません)。
まさか「直線で制作し、その後に巻いただけ」なんて理由ではないでしょう。すごく興味があります。

それにしても遊具に縄が張ってあるのは残念。
遊具をみると遊んでみたくなる「遊具系」でした。
川崎鉄馬さんへ (黒ウサギ)
2015-09-23 15:38:42
桂沢湖の恐竜を見た時、設計のまずさが際立ちました。
下から見る物は、頭を大きくしないといけませんが、目までは考えてなかったなと思った次第です。

アンモナイトって時々見ますけど、これほど沢山の数と大きさには驚きましたね。
学術的には価値のあるものなんでしょうけど、オーム貝の変化形かというのが私の結論です。
六角形と三角形、そして丸ですべての物は作られてると、今回も思いました。
行きたい! (しろぴー)
2015-09-24 11:12:23
三笠いいですね~
博物館すごく魅力的で、こうやって見せてもらっただけでもワクワクします。
身近に鉄道好きもいるので、そのうち三笠旅行計画しようかな。

恐竜の目は笑えました。
最後のアンモナイトの塊・・・黒ウサギさんのコメント読んで、カラス貝も何億年先はこんな形で化石として発掘されたりなんかして~と思った・・・そんなことないですね汗
しろぴーさんへ (黒ウサギ)
2015-09-24 16:42:58
三笠市の博物館の入館者数は、函館の何倍だろうと思いました。
凄い人です。
やっぱり恐竜ってのが見物ですからね。

カラス貝もきっと標準化石とかって、その時代を代表する化石になるんだと思いますね。
まあ、それまで人類がいればですけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。