黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

2015年百円貯金旅行6

2015-09-28 06:00:00 | Weblog
一昨年に夕張市内を見てるが、夜はこれまた風情が違います。


ゆうばりキネマ街道


クレオパトラか・・・


まだ20:00をまわってないのに誰もいません。


夜じゃ記念撮影してもね。


史上最大の作戦byジョン・ウェイン


ローマの休日も良い映画でした。


チャップリン


アランドロンって今どうしてるんでしょう。


シェーン髪バックって昔々CMがありました。


ご存知、寅さん


ふとある事に気づいた。 分かりますかね?

自動車用と思われるナトリウム灯は点いてるけど、歩行者用の街灯って物が殆どないんです。



写真写りは良いけど・・・


だから、ナトリウム灯が無い所は真っ暗です。

妻が怖がり始めたから、早々にお散歩中止。

そして、翌朝。

ホテルシューパロは良いホテルではありましたが、欠点もありました。

それは売店が無い(閉鎖されてた)事だった。

よってお土産が買えません。


というわけで、偵察がてら近くにあるマウントレースイホテルに寄って、少しだけお土産を購入。

さて、夕張を後にして札幌青少年科学館へ向かいましょう。


函館には無いコンビニもあるのね。

というわけで新さっぽろ到着。


青少年科学館です。函館にもこういう施設があればいいのにね。


隣接するサンピアザ水族館との共通券を買えば安いから水族館も見学します。


都会だからホント人が多いわ(あまり撮ってないけど)


館内はこんな感じなのか。では、少しだけ魚類等の紹介をしましょうか。


出ました温泉マークでおなじみのサカサクラゲ。


コバンザメの吸盤部分


ウマズラハギだが、函館ではウマズラ、小型の物はチュンチュンって言いますね。


アジは見るより食べたいって言っちゃいけません。


サケの稚魚だわ。ってか、説明文を読まなくても分かりますって。正式名称はシロサケね。


左ヒラメに右カレイですからヒラメです。


最近全然釣ってないシマゾイ。


クロゾイ(解説文全然読んでないから間違ってたらゴメンナサイ)


ユニコーンだと思うけど鼻?が折れてるんでない。


ダイバー恐怖のミノカサゴ、ヒレに刺されると大変です。


ホンソメワケベラと共生関係にあるハタだけど、この手の魚って食べた事ないから一度食べてみたい。


坊ちゃん嬢ちゃんが多いから撮るのが大変なんです。


昔、サンチャン・ショウチャン・ウオチャンと名前を付けて3匹飼ってました。


松倉川でも見られたんですけど、今はトンとご無沙汰のオショロコマ。


電気ウナギって疲れますよ。 V=IRですから、100Vで10Aなんて電気を起こそうものなら1kwの電力になります(無理でしょう)


どこぞのお嬢ちゃんがイタズラしてたけどウナギさんは無視。


これはこれは・・・お初にお目にかかります。


体長10cmのオオグソクムシと体長50cmとかになるダイオウグソクムシ、どちらも海ワラジ虫です。


ごまちゃんが小さなプールで泳いでたけど、私は可愛いと思えません。可哀想って思った。


カワウソと握手出来るってんで、お子さんたちが並んでた。

って事で、本命の青少年科学館へ向かいましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年百円貯金旅行5 | トップ | 2015年百円貯金旅行7 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シロサケ (川崎 鉄馬)
2015-09-28 10:04:28
シロサケ君と一緒にいるの、もしかして、世界最大の甲殻類西伊豆戸田名物タカアシガニ君では?
どなたかが足を一本召し上がられたようですが・・。

どうでもいい話:
西伊豆の戸田は「とだ」ではなく「へだ」と読みます。その少し南にある「土肥」は「どひ」ではなく「とい」と読みます。
もっとどうでもいい話:
西伊豆の土肥は、そのむかし「はるちゃん」が仲居さんをしていたところです。その後「はるちゃん」は登別に移りました(その前に浅間温泉がありますが)。
さらにどうでもいい話:
「はるちゃん」の・・・やめます。
このどうでもいい話、シロサケ君と一緒にいるのがタカアシガニ君でなかったら、たんなる「おまぬけ」ですから。

そんなことより青少年科学館へ行ってフーコー振り子を見てみたい。半日、いや、2時間でもいいですね。
慣性系で動く物体が他の系から独立しているというのは、実際に目の当たりと驚きでしょうね、きっと。本当は、いろいろなところで見てはいるんですがね。フーコー振り子ほど実証に特化されているものは見られませんから。
川崎鉄馬さんへ (黒ウサギ)
2015-09-28 11:12:47
サケと一緒にいるカニの説明がありませんでしたけど、タカアシガニだと思いました。

次のお話が最終回になりますが、次回の青少年科学館が一番楽しかったです。
フーコーの振り子って転向力のお話ですから理解するのは難しいですね。
なにせ、地球が動いてるのに、自分は止まってるとしか思えないのを動いてると考えて理解しないといけませんからね。
オシッコをすると左にねじれるのは転向力だと思ってたバカな時もありました(笑)
知らなかった! (koitel)
2015-09-28 22:10:53
青少年科学館って、今は新札幌にあったんですね!

私が中学生の時、真駒内の高台にあって、一度だけ入ったきりです。

札幌に居ながら気づきませんでした(恥

それに水族館にも入ったこともありません。
(サカサクラゲって実在してたんですね風俗の世界だけかと思ってました)

近いので、今度、妻と行ってきます。^ ^

実はテレビ塔にも時計台にも植物園にも行ったことなく、凡そ札幌の観光名所には疎いのですわ。
koitelさんへ (黒ウサギ)
2015-09-28 23:25:38
灯台下暗しですね。
函館人も五稜郭タワーに登った事のない人や函館山に何十年も登った事のない人が沢山居ますから同じでしょう。
サンピアザ水族館は、見るつもりはなかったんですけど青少年科学館とセットだと安いので見ました。
個人的にはプラネタリウムが一番楽しかったですね。
それにしても人が多かったので、少し酔いました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。