黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

アドミラル・パンテレーエフ見学2

2010-10-18 21:58:22 | 戯言
乗艦すると、まず目に留まったのは甲板です。


模型通り、黒と朱色に塗られ西側艦船では見られない色でした。それに魚雷発射管の大きさにも驚かされた。こんな発射管が両舷に付いているのですから、艦を上から撮った写真を見れば太いのもうなずける


水兵さんは小柄な人が多いみたいだけど、上陸して五稜郭界隈を歩いていた士官は長身の人も結構いたからたまたまでしょう。


頭上には30mmガトリング砲、西側ではファランクス。そのそばには短サム(近距離対空ミサイル)のVLSセルがあるはずだけど、どこかよく分からなかった。


発射管を上から見ると実にデカイ。


甲板上には、こんなレールみたいなものが全通していたけど、なんでしょう?予想では、荒天時に兵員が安全帯を通す物か?滑り止め加工されていない甲板なので、濡れるとかなり滑りやすそうな感じですから。


SUM(対潜ロケット)の後尾、大きすぎてファインダーに入りきりません。


艦齢20年近いから、フランジなどもサビサビ。




艦首側へ行くとSUMと二門の100mm砲が目に留まります。


砲塔基部がアメてるし・・・


見物客が多いから人のいない時に撮るのが一苦労。






砲栓には紋章、ロシア艦ってのは潜水艦でも何でも、必ず紋章が付いていますね。


性能はともかく、このアングルは迫力がある。


アジア系の水兵さんの後ろにある、丸い蓋みたいなのがVLS(垂直ミサイル発射装置)のはずで、この艦の目玉かな?


ワイパーの付いてない艦橋の窓だった。


艦首にはカラシニコフを持った衛兵が圧巻。ガンマニアでも本物を見た人は、そうそういないのではないのでしょうか。


画像ではよく分かりませんが、塗装→サビ→塗装→サビ→塗装を繰り返しているようで、かなりの厚化粧です。

人の波に押され、いつの間にか下艦しちゃった。


艦尾にはヘリ甲板があり、二機の対潜へりを搭載しているみたいだけど、それは見学出来なかった。ロシア製のヘリはテールローターが無くて二重反転ローターだから、見られるものなら見てみたかったんですけど。


プラモにすると、いただけないのがアンカー(錨)周りの黒い塗装なんです。カトちゃんの鼻黒オジサン?みたいに見えます。


今回も私の所有するプラモで、海自やアメリカ海軍の艦船と、大きさや装備比較をしてみたかったけど引越しが終ってないので出来できません。

さて、シャトルバスに乗って帰りましょう。


これにてアドミラル・パンテレーエフ見学はおしまい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アドミラル・パンテレーエフ... | トップ | つるべ落とし »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひで)
2010-10-18 23:56:59
こういうのって、わくわくしますね。
東側関連なら尚のこと。
大昔、横須賀でアメリカ空母を見学したことを思い出しました。
昨日は自宅付近を自衛隊機(P-3C、RF‐4EJ、F-2)の編隊が飛んでたので、一番好きだった、小学生の頃に戻った気分でした。
ひでさんへ (黒ウサギ)
2010-10-19 00:13:14
一時間近く乗艦まで待たされたんですが、目の前にお目当ての艦があれば気になりませんでした。
函館にロシアの軍艦が入港したのは百数十年ぶりだそうでコサックダンスやらバンド演奏などしてましたね。
楽しめました (くま吉)
2010-10-19 00:18:24
船と空のコントラストが良いですね。
専門用語は分からないので、「へぇ~」
って感じで見させていただきましたが、
迫力が伝わってきました。

銃を持った兵隊さんと言えば、ユジノサハリンスク空港にも居たのを思い出しました。
見慣れないので不気味な感じです・・・
くま吉さんへ (黒ウサギ)
2010-10-19 00:41:09
土日とお疲れ様でした。

大きな声じゃ言えませんが、はっきり言って古い軍艦です。
でないと私のような一般市民が見る事は出来なかったでしょうね。
9千トン近くある軍艦ですが、日本なら3~4千トンで作ってしまうと思います。
まあ、こうしてロシア艦が見られるのも平和ってありがたい事でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。