黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

2015年百円貯金旅行4

2015-09-26 08:03:38 | Weblog
それでは三笠鉄道村を見てみましょう。


このタイプの除雪車は昔よくみました。


ここの名物S-304(1939年に日本製鉄輪西製鉄所(後の新日本製鐵室蘭製作所)向けに作られた産業用機関車)


蒸気機関車をリアルタイムで見てる私は、この煙の臭いが懐かしくもイヤな臭いです。

石炭ストーブに石炭をくべた時、炎が逆流した時の臭いって書けば分かる人は分かるでしょう。


マニアックだわ。


鉄道村入り口に客車食堂がありました。丁度お昼だから混んでて入れないからパス。


館内に入ると鉄道展示物のオンパレードで、鉄分の少ない私でも楽しめます。


懐かしい。


D51は普通に見てたね。 JNRのヘルメットを見なくなって30年近くなるのか・・・


鉄道電話ってのも踏切番の小屋で見た?気がします。


私の中では新日本紀行のテーマが流れてます。


SLってのは、やっぱり機能美があるね。


その後現れたDD51も力強くて好きでした。


すべてのSLが展示されてるが割愛します。


機関区のターンテーブルの迫力ある画像です。


電車は残念ながら馴染みがありませんから分からない。


これは現代に近い電車ですね。


幌内鉄道の建設を指導したジョセフ・U・クロフォードの説明が書かれてる。


建設当時のジオラマ


除雪作業のジオラマだが、これは面白かったわ。


そして圧巻な一枚の写真でした。 終わりがないかと思う程の長い貨物列車。


重連の模型だが、時には三重連ってのもありましたね。


弁慶号だが、こんな大型模型も展示されてます。


ほぼ全車種あるけど、私が好きな貴婦人だけ載せましょう。


DD51も載せとくか・・・


各種信号機もいっぱいあります。


これはマニアにはたまらないでしょう(私も楽しかった)


子供だまし的なのもある。


300円で汽車に乗れるけど、餓鬼お坊ちゃんとお嬢ちゃんだらけだから止めました。


さて一通り見たからお土産コーナーを見て次に行きましょうか。


おや、旧江差線宮越駅の名板じゃありませんか・・・500円なら買いだが、5400円だからスルーだわ。

まだまだつづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年百円貯金旅行3 | トップ | 2015年百円貯金旅行5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。