黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

小春日和

2017-03-20 18:44:55 | 戯言


いつもの場所へ行った帰り、春の進み具合を見てみた。

バイク同様、山菜採りも湧いてきたみたいで、数組の自動車とすれ違いました。



その中で、感じの良い初老の御夫妻に山菜の出具合を聞かれたから、見た範囲で答えました。

すると、「今日は天気が良くて小春日和ですね」と言われた。

「そ、そうですね」と答えたけど違います。

小春日和は、晩秋から初冬の春のように穏やかな気候をさす言葉です。

でも、訂正できませんでした。



おそらく60年以上小春日和を勘違いしてたんでしょう。

やっぱり次に同じ事があっても訂正出来ないでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイクが湧いてきた | トップ | 湯葉をつくってみた »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなしいなぁ (川崎 鉄馬)
2017-03-20 20:54:39
数十年にわたって生きてくる間に
「『小』がついているからもしかして『春』じゃないのかも」
程度の疑問をもたなかったのかなぁ。
たとえば、「小ぎたない」と「きたない」というのでは違うでしょう。

世代からするとこんなの聴いていたはずですがね↓
ht ps://www.youtube.com/watch?v=lZFICTkXh5w

私の想像ですが、初冬の風景描写+「小春」おばさんは、陽水得意の言葉遊びだと思っています。
川崎鉄馬さんへ (黒ウサギ)
2017-03-20 21:39:43
小汚い以外にも「小うるさい」「小ずるい」「小生意気」「小ばかにする」・・・等々沢山ありますから。
この場合の小は、悪質度が低そうに思われますが、実は小+形容詞でそのものを更に低くしてると思います。

小春日和の場合は「小賢しい」は「賢い」の反意語になるから「小春」の反対「秋」にかかると思えます。

ご本人は、気持ち良い気候になったから「小春日和」って言ったんでしょうから、その気持ちを汲んで、黙ってフィンガーボールの水を飲めば良いと思いましたね(笑)
アイヌネギ (しろぴー)
2017-03-21 00:56:49
我家の庭の観察用アイヌネギも芽を出してます。
そろそろ恵山方面も出てるとは思ってました。
某所は月末辺りが混みそうですね。
人混みは嫌いなので穴場探ししようかな。
しろぴーさんへ (黒ウサギ)
2017-03-21 07:07:35
少し早かったけど山菜も芽を出てましたね。
まあ、それも暖かい所だけですけどね。
いつものキャンプ地は、まだ先だと思いました。
山菜偵察の車が入ってたので、ここでも春を感じたけどウザかったです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。