アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

ばあばが壊れちゃう。

2017年02月13日 21時33分46秒 | いつものまいにち
ピンポーン!



「誰か来たよ

去年義父が亡くなってから、引きこもりがちなばあば(姑)が訪ねてきました。

「じいじの丸い時計がないんだけど、S(私の夫)が持って行ったんじゃないかしら?」

ちょっと確認してみるけど・・・というと帰っていきました。

うちと夫の実家は歩いてほんの3分程度。でもこんなこと電話でも良くない?

ピンポーン!また来た!

「Hちゃん(次男)が持って行ったから、返してほしいんだけど。」

次男は持って行ってないという。なんか心配・・・、で、家に行ってみました。



時計ってこれでないの?次男が「これっぽい。」と笑う。

時計がないと「嫁が盗んだ」とか「嫁が隠した」とか言わないだけまだ自制心があると思いますが(笑)、

ここのところ認知症状が悪化している様子です。

次男がゴミ捨てを手伝いに行ったのに「来ていない」と言ったり、時計の事に関しても

うちに来たことなど覚えていないといいます。



「塗り絵は楽しくてずーっとやっているのよ。」



孫が来るのが嬉しくて、冷蔵庫にはいつもジュース。

ばあば・・・じいじがいなくなって寂しいのはわかるけど、ばあばは今を生きているのよ。

「じいじみたいに早く死んじゃいたい。」

そんなこと言ったらじいじに怒られますよ。

ちゃきちゃきの江戸っ子であるばあば。こんな弱々しい姿を初めて見ます。



夕暮れせまる、鶴見川。今日は富士山見えません・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランチの量が多い!ふもと赤鶏。 | トップ | わたしのDNA »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になりますね (kay)
2017-02-14 07:09:11
うちの母と同じです。日によって波があるけど、ほんの1時間前まで家に遊びに
来ていた娘のことをすっかり忘れたり、
1分前に食べた物が思い出せず、「朝ごはんはまだかしら?」と。
去年の6月から認知症の症状を遅らせる薬を服用しているのだけど
あまり効果がないみたい。
tomyさん一家がスープの冷めない距離に住んでいるのは
本当に心強いと思うけど、それでも一人暮らし。
危ない?と思ったら一度専門家に相談してみるといいかもしれないです。
お母様のためにも、tomyさん達のためにも。
Kayさん (tomy)
2017-02-14 08:41:50
Kayさんのお母様もそうですか。
物忘れも困りますが、押し売りや詐欺に引っかからないか、
街を徘徊するんじゃないかと心配になってきます。
義姉夫婦とうちとでフォローアップしなければ
ならない時がやってきました。
病院に行くと認知症のテストは良くできるので
困ります・・・(笑)。
ご心配ですね! (haruharu)
2017-02-14 11:26:33
私たち夫婦の両親は
認知症になる以前に亡くなってしまったので
そういう経験を身近でしたことはなかったのですが
どちらにもそれぞれ連れ合いを亡くした一人暮らしの姉がいるので
いつかはそんな日が来るかもしれませんので他人ごととは思えません(O.;)
haruharuさん (tomy)
2017-02-14 12:54:16
連れ合いを亡くすってすごいショッキングなことなんですね。
うちの母も義母も今までの姿からは考えられないような
落ち込み方です。
母は「友人は連れが亡くなってから旅行にばかり行って
いて信じられないわ。」と言うのですが、
悲しみの癒し方は人それぞれ。
どちらのばあばにも癒し方を見つけてほしいと
思う今日この頃です(;;)
心配ですね (マコト)
2017-02-14 21:02:47
お義母さまの事心配ですね。
お連れ合いが亡くなり一人暮らし、私たちが考えるより大変みたいです…
うちも亡くなった義父が義母が亡くなり一人暮らしとなり
段々しゃべらなくなり服装もかまわなくなって
うつのような症状になりました。
義母が居たときは料理も作ってくれ祭りも好きな元気な人でした。
女の人より男の人は習い事に行くなどなかなかしなかったのもあるのでしょうが…
家族が近くに居ても埋められない何かがあるのでしょうか?今もわかりません。
少しでもお義母さまの心を癒す何かが見つかりますように…
マコトさん (tomy)
2017-02-14 22:09:53
マコトさんのお義父さまもそうだったのですね。
女性のほうが強いと思っていたんですが、
ふたりのばあばの落ち込みようもすごいです。
私も夫に先立たれたらああいう風になっちゃうのかなあ
と・・・。
義父の遺したものを整理しながら、
自分の気持ちも整理してほしいなあと思いますが、
そう簡単にはいかないのですね~。
配偶者を失うと言うこと (夢見るタンポポおばさん)
2017-02-18 00:02:07
長年連れ添った配偶者を失うと言うことは、お互いに愛情を持っていた人にとっては、男女に関係無くとても寂しいものの様ですね……
私の母親も一年半程は、まるで抜け殻のようでした。(未だ43才でしたので、認知症とは無縁でした。)
それからの母は、「お父さんさえ生きていてくれたら」と言うのが口癖で、逆縁の祖母(母にとっては姑)を78才で見送って安心したのか、自分は67才で
僅か18日間の闘病であっけなく亡くなりました。
もし自分だったら、
生きる気力を失って、全然立ち上がれないような気がします…
二人のお母様たちの気持ちを聞いて優しくしてあげて下さいね…
タンポポおばさま (tomy)
2017-02-18 18:17:00
ありがとうございます。
昨日は電話をしてみました。
「大丈夫、大丈夫」と言っていました。
手を伸ばせばそこにあった存在感のあるものが
突然失われるというショック。
2人の母の近況をお互いに聞かせています。
すこし心強いかなと思って・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。